1. 「焦るな自分!」なんて念じるより効果的。仕事でテンパった時、心が落ち着くための4つの方法

「焦るな自分!」なんて念じるより効果的。仕事でテンパった時、心が落ち着くための4つの方法

出典:www.playbuzz.com
 日々、何かと忙しいビジネスパーソン。余裕のなさから、仕事中もついつい焦って凡ミスを繰り返し、余計に焦ってしまう......なんて悪循環にはまっている方も少なくないのでは。もしあなたがきちんと落ち着くための方法を知っていたら、きっとその悪循環からすぐ抜け出せるはずなのに。

 今回はそんなビジネスパーソンへ向けて、その場ですぐ実行できる心が落ち着く方法を4つ、以下にご紹介していく。仕事中に自分が「焦っている」と感じたとき、ぜひ試してみてほしい。

落ち着くための方法・その①:自分の状態を自分で認識する

 焦っている時についついやりがちな対処方法が、無理に「落ち着こうとする」ことだ。焦ってはいけないと自分に言い聞かせ、落ち着いている状態へ自分をコントロールしようとしてしまう。

 焦っているとき落ち着くためには、実はこの対処方法は逆効果。余計に心的負担が増し、焦りが倍増してしまいやすいのだ。

 落ち着くための第一歩として、まずはきちんと「ああ、今自分は焦っているのだな」と、自身が焦っていることを落ち着いて認識しよう。決して無理に落ち着こうとしないことが重要だ。

落ち着くための方法・その②:一度深呼吸をする

 焦っているときは心に負荷がかかっており、気付かぬうちに呼吸が浅く、短くなっていることが非常に多い。心を落ち着かせるために深呼吸をしろと良く言われるのは、深呼吸がそれだけ焦りを落ち着かせるために有効な方法だからだ。

 自分が焦っていることに気付いたら、落ち着くために一度作業の手を止めて、ゆっくり深呼吸を。最近は口呼吸になっている人が多いため、きちんと鼻から空気を吸うことを意識しよう。

 吸った息は鼻からではなく、口から吐き出しても良い。肋骨の広がりがわかるくらい大きく肺に空気を入れて、自然なペースで吐き出そう。深呼吸では、実は吸うよりも吐く方が重要なのだ。1回で止めず2、3回は繰り返してしっかり呼吸することが、落ち着くためには大事なポイントである。

落ち着くための方法・その③:ガムを噛む

 深呼吸をすると、一時的に心が落ち着く。だが時間が経つと、やはりまた焦りの中に自分が逆戻りしてしまうこともあるだろう。

 そんな時はガムを噛むのがおすすめ。ガムを噛むという行為にはリラックス効果があり、心の緊張が解けるやすくなる。イライラを抑止する効果もあるため、焦りからついイライラしてしまい、結局また凡ミスを......なんてこともなくなるのだ。

 ガムの味について特に指定はないため、自身の好みにあったもので良いだろう。自分が落ち着く味を選ぼう。

落ち着くための方法・その④:諦めも肝心

 時間の制約や課せられたノルマなど、あなたが焦っているのには必ず原因があるはず。原因にきちんと目を向けた上で、「しょうがない」と一旦諦めるだけでも心の負担は大きく減るので、落ち着きやすくなる。

 仕事をしていく上で“諦める”という行為は難しいかもしれないが、要は心的負荷を減らすことが落ち着くためには重要なのだ。仕事の量が自身のキャパシティを超えてはないか、現実的に考えて実現可能な仕事内容か、今一度きちんと確認しよう。

落ち着く環境は、自分自身で作り出すもの

出典:drdianehamilton.wordpress.com
 落ち着くための方法④で述べたように、あなたが焦っているのには必ず原因があるものだ。それは外的要因が原因のこともあるだろうし、もしかしたら自身のスケジュール管理などによる内的要因がきっかけになっているかもしれない。

 日々の生活からきちんと自分に課せられたタスクを把握して優先順位を明確にし、時間をコントロールするための舵が、自身の手の内にあるようにしよう。


 以上、落ち着くための方法を4つあなたにご紹介した。その他にも、「トイレに行く」や「飲み物を飲む」など、もう少し大きなアクションも、落ち着くためには有効である。

 もし仕事中や大事な場面で焦りや緊張を感じたら、以上の方法を試してみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する