1. スーツベストで魅せる、男の上品さ。小粋なVゾーンはスーツベストで完成させる

スーツベストで魅せる、男の上品さ。小粋なVゾーンはスーツベストで完成させる

出典:buzzstore.trafficmanager.net
 ベストはスーツにおいて定番のアイテム。スーツのVゾーンを彩り、上品さや知的さがアピールできる。

 「ベスト」「ジレ」。2つの呼び名があるが、ベスト(Vest)は英語、ジレ(Gilet)はフランス語であり、それ自体に大きな違いはない。

 今回はスーツベストの選び方・組み合わせ・おすすめブランドを紹介する。ネクタイやシャツだけではない、スーツのVゾーンの楽しみ方を知ってほしい。

《スーツベストの選び方》

出典: Amazon.co.jp
 ビジネスシーンで着るスーツベストは、大胆なものは避けるのが良い。また、多くの人がブラックのスーツベストを連想するかもしれないが、ブラックのスーツベストはかっちりしすぎな印象。スーツとはあまり合わせたくない。

 スーツベストは無難にネイビーやグレーのものをチョイスするのが良いだろう。シンプルで安っぽすぎず、清潔感がありおすすめだ。

 スーツベストを購入するときは、3〜4万円準備しておくべし。有名ブランドのしっかりとしたスーツベストを買うことができる。

《小粋なスーツ×ベストの組み合わせ》

おなじみの同色系スーツ×ベスト

出典:www.buzzfeed.com
 定番ネイビーのスーツ×ベストの組み合わせ。無難にいきたい人にお勧めの組み合わせだ。

 写真のベストにはうっすらとストライプが入っていて、さりげないおしゃれも忘れていない。

 無地スーツ×無地ベストの組み合わせだと、どことなく「のっぺり」した仕上がりになってしまうのが弱点。

 柄を入れることによって、スーツ全体の上品さ+おしゃれを実現している。

コントラストの誕生がスマートなスーツ×ベスト

 ネイビーのスーツとベージュのベストが何とも言えないこなれ感を出している。

 スーツとベストにコントラストが生まれることによって、デキる男を演出。

 ベストのカラーはベージュだけでなく、グレーもおすすめ。ベージュのベストよりもスマートな印象に仕上がる。

微妙な寒さにぴったりのスーツ×ニットベスト

出典:raddestlooks.org
 上記2つのスーツベストも良いが、ニット素材のスーツベストもなかなかイイ。

 スーツとは異なる素材を使っているため、ぐんとおしゃれに見える。

 スーツベストでは寒い、カーディガンでは暑い。そんな気温の日にニットベストはおすすめだ。

《おすすめスーツベストブランド》

GIANNETTO(ジャンネット)

出典:www.bronline.jp
 GIANNETTO(ジャンネット)のスーツベスト。秋冬らしい起毛ツイル生地で仕立てられたベストで、伝統的な技術をベースに厳選した素材やハンドメイドの行程を駆使して作られている。

 このスーツベストは、やや肉厚で起毛感のあるこちらのツイル生地を使用。非常に肌触りがよく見た目でも秋冬らしさを表現できるスーツベストだ。

TAGLIATORE(タリアトーレ)

出典:shop.beams.co.jp
 TAGLIATORE(タリアトーレ)のスーツベスト。程よい開きのVゾーンとタイトフィットしたきれいなシルエットが魅力のベスト。濃ネイビー×グリーンのストライプ柄が着こなしにアクセントを添える1着だ。

SHIPS(シップス)

出典:onlineshop.shipsltd.co.jp
 SHIPS(シップス)が販売するLORO PIANA(ロロ・ピアーナ)の生地を使用したベスト。北イタリアのロロ・ピアーナ社は最上級素材を提供している生地メーカーだ。

 さりげなく光沢感を持たせたスーツベストは、オールシーズン着用可能なウール素材で高級感漂う仕上がりになっている。


 スーツベストはVゾーンを彩るおしゃれアイテム。スーツベストはオールシーズン使えるアイテムだから、何着か持っていても良いかもしれない。

 スーツベストを取り入れて、自分らしいスーツの着こなしを楽しんでみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する