1. 料理版Airbnbが流行る!? ホリエモン「肩書きをウリにするシェフは厳しくなるだろうね」 

料理版Airbnbが流行る!? ホリエモン「肩書きをウリにするシェフは厳しくなるだろうね」 

 ホリエモンこと堀江貴文が、自身のメルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」。「堀江貴文のQ&A vol.564〜経歴にこだわるな!?〜」では、ホリエモンが大注目している、飲食業界の未来を変えるかもしれないサービスを紹介した。

 今回取り上げた質問は、「元帝国ホテルでシェフをしていた者です。経験を活かして、富裕層をターゲットにした出張シェフサービスを始めました。リーズナブ­ルな出張シェフサービスは他社でいくつか存在しますが、高級路線でやっているのは今の­ところ当サービスだけだと思います。

 集客はHPのSEOがメインで『出張シェフサービ­ス』では1ページ目に来ています。しかし、まだまだ出張シェフサービス自体の認知度が­低いためか、月に数件程度の依頼しかありません。もっと集客を増やすためには、web集­客も含めて他にどんな方法がありますか?」という質問。

ホリエモン「『元帝国ホテル』じゃまったくウリにならないよ!」

 ホリエモンは、「富裕層と友だちになってクチコミで広めるのがいいよ。彼らはホームパーティとかを頻繁にやっているし」と回答。
 
 回答は好意的に見えるものの、実は質問者のサービスには懐疑的なホリエモン。それは、質問者がアピールしている肩書きがあまり有効ではないと考えるからだ。

 それを的確に表現したのが、今回のゲストでLiNK-UP株式会社などの創業者 小田吉男氏。「金持ちがホームパーティでシェフを呼ぶとしたら、自分がよく知っているシェフを呼ぶはず」というように、富裕層が単に有名店で働いていただけの人をネットで呼ぶ場面があまり多くは存在しない。
 そこでホリエモンは、「金持ちというよりはプチ富裕層をターゲットにすべき」と提案。とはいえ、そうした人には安価なサービスで十分そうだとも考える。

 結局、「『元帝国ホテル』なんて言ってもウリにならないんだよね」と総括。高級層は懇意にしているシェフを呼ぶし、帝国ホテルという肩書きに惹かれる層は近所のシェフを呼ぶくらいで満足するため、ターゲットにはっきり刺さっていないように見えるのだ。

ホリエモン「これからは料理のマッチングサービスが流行る!」

 続いて話題は、最新のグルメサービス事情に。ホリエモンがいま注目しているのは、最近始まった料理のマッチングサービスだという。

 これは料理を作りたい人が、希望する家庭に出向いて手料理をふるまう仕組み。質を担保するため、UberやAirbnbのようにサイト上で料理人の腕を確認できる。

 「これからはこういう流れになっていくんじゃないかな」と語るホリエモン。単純な練習から料理人になる修行など、誰かに手料理を振舞いたいと考える人は意外にたくさんいる。そうした人が、料理の提供者として一定のパイを持つようになるのだ。
 だとしたら、質問者のサービスは真っ先に食われることになるはず。小田氏もそれを感じ取って、「一度サービスをバラした方がいいんじゃない?」とまで話している。

 サービス提供者の経歴は最もオーソドックスな付加価値だが、近年は必ずしも機能するとは限らない。Uberなどのシェアサービスのおかげで誰もが提供者に回れるようになったのが現代だ。

 そんな中でも通用する付加価値とは何なのか、全てのサービス提供者は改めて考え直さなければいけないのかもしれない。

 ホリエモンが飲食業界の未来を語った「堀江貴文のQ&A vol.564〜経歴にこだわるな!?〜」。動画が見たい方はこちらからどうぞ!


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する