1. 今さら聞けない、ゴルフの服装マナー。基本から学ぶ、秋冬におすすめの洒脱な着こなしとは?

今さら聞けない、ゴルフの服装マナー。基本から学ぶ、秋冬におすすめの洒脱な着こなしとは?

出典:www.golfmillelacs.com
 ビジネスマンになってからというもの、仕事上の付き合いなどで接する機会がぐんと増えるゴルフ。ゴルフをする際の服装マナーについて、あなたはきちんとご存じだろうか。

 最近は接待や付き合いでゴルフをする人よりも、友人と気軽にゴルフを楽しむ人たちが増えているそうだ。あなたの周りでも、最近になってゴルフにハマり出した人がいるのでは?

 古くから英国紳士の嗜みとして知られてきたゴルフは、やはり紳士のスポーツだ。仕事でもプライベートでも、スマートにゴルフを楽しむために、服装の知識は必須事項。知らないと恥ずかしい、ゴルフにおける服装マナーについて、以下にまとめてみた。

ゴルフの服装・基本マナー

出典:www.gq.com
 上記の写真を参考に、ゴルフの服装マナーについて、基本的な点から説明していこう。

ラフな服装は絶対NG

 ゴルフは、服装に関してきちんとしたマナーが定められているスポーツだ。ゴルフを行う際の大前提として、ラフな服装は決してしないように。

NGな服装の代表例としては、Tシャツ、ジーンズ、ジャージ、サンダルなどが挙げられます。

出典:これだけは覚えよう!ゴルフの基本マナー|初心者ゴルフナビ
 スポーツをする場所と言えども、ゴルフ場は紳士の社交場と言われている。常識的に考えて、「紳士としてふさわしくない」と判断できるような服装は不適切だ。

帽子を着用する

 帽子着用はプレー時の注意事項に由来する服装のマナー。日中の強い日差しから、またはプレー中万が一ボールが頭上に飛んできた際に頭を守るため、帽子の着用が服装としてのマナーになっているのだ。

 普段帽子をかぶる習慣のない人でも、ゴルフをする際は忘れずに着用しよう。

トップスは必ず襟付きのものを選び、ボトムにイン

 ゴルフ場での服装を選ぶとき、トップスは必ず襟があるものを。そしてトップスの裾は完全にしまうのがマナーだ。

 しかし気温の下がる秋冬は、襟付きのトップスでは首元が冷えてしまう。タートルネックであれば着用が認められているゴルフ場も多々あるので、必要なら電話をかけてマナーに沿った服装を確認するのも一つの手だ。

シューズは必ずゴルフ用のものを!

 これも必ず守るべき服装マナー。ゴルフ用以外のシューズではゴルフ場の芝を痛めてしまうし、何よりプレーに支障がでる。通常のスポーツシューズなどは、芝の上では足が滑ってしまうからだ。

 スコアのみならず自分の身を守るためにも、シューズはきちんとゴルフ用のものを履こう。

服装マナーを守ったお洒落な着こなし

 マナーをきちんと守りつつ、芝生の上でもお洒落でいるのがスマートさ。寒さ深まる秋冬もゴルフを楽しめる、お洒落な着こなしをご紹介。

アーガイル柄は、仕事/プライベート問わずに好印象

出典:www.people.com
 保温性と動きやすさを考えると、これからの季節ニットは大活躍だろう。ハーフジップニットは、ゴルフ場での服装マナーにもきちんと対応。

 クラシック柄のニットは、紳士が好むスポーツにはよく映える。アーガイル柄のニットなら、保温、可動性、マナーを全て網羅。これからの季節、一着はもっていたいゴルフウェアだ。

Vネックニット×シャツで品格を

出典:www.glenmuir.com
 Vネックニット×シャツのコンビネーションも、秋冬ゴルフをする際の服装におすすめしたい。アーガイル柄と比べるとややシンプルなので、ニットのカラーで遊んだり、パンツをチェックなどの柄物にすると服装全体のバランスが良くなるだろう。

 ニットでも寒い真冬が来たら、基本の服装の上にウィンドブレーカーか、薄手のブルゾンを羽織ろう。ゴルフはスポーツなのだから、場違いな格好にならないよう適したアウターを選んで。

ゴルフの行き帰りも紳士らしさを忘れずに

 ゴルフ場のクラブハウスにおいては、ジャケット着用が服装の基本マナー。ゴルフ場への行き帰りは、プレー中よりもきちんとした服装をするよう心掛けよう。

 昨今はプレイ時の恰好でも良いという所もあるようだが、ゴルフ場によっては逆にドレスコードがさらに厳しい場合もある。クラブハウスのドレスコードに限らず、服装について不安な場合は問い合わせるなど、まず確認を。


 以上、ゴルフにおける基本的な服装マナーをご紹介した。ゴルフでは、スコア云々以前に服装が大事なのだ。服装におけるマナーを守って、楽しくゴルフをプレーしよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する