1. デキるビジネスマンが選ぶ正解=製図用シャーペン:書きやすさを求めるなら、この3本がおすすめ。

デキるビジネスマンが選ぶ正解=製図用シャーペン:書きやすさを求めるなら、この3本がおすすめ。

by luisjromero
 筆記具のスタンダードとなっているシャーペン。シャーペンにもたくさんの種類があり、1本100円のシャーペンから上は1本30万円のシャーペンも存在する。とはいえ、安いシャーペンは使いにくいものが多く、高級なシャーペンだからと言って使いやすいという訳ではない。では一体、書きやすいシャーペンとはどこにあるのかーー。

 そんな使いやすいシャーペンを探している方におすすめしたいシャーペンがある。それが「製図用シャーペン」だ。「製図用」と聞くと、建築家やデザイナーのためのシャーペンをイメージすると思うが、線を描くのはもちろん日常で字を書くときにも製図用シャーペンはおすすめだ。

 今回は普段文字を書くときでも使える、おすすめの製図用シャーペンを紹介する。なぜ製図でなくても製図用シャーペンは使いやすいのか。まずは、製図用シャーペンの使いやすさの秘密を紐解いていこう。

なぜ普段使いでも製図用シャーペンがおすすめなのか

使いやすさの秘密は「プロ仕様」

出典:www.kleinsteel.com
 建築家などが製図をする際に使用するシャーペンが、製図用シャーペンと呼ばれており、製図は細かい作業が多いため、小回りが利くペンでなければならない。

 なので、製図用シャーペンは「書きやすさ」を重視して作られており、何を書いているのか見やすいようペン先が長くなっていたり、重心が他のシャーペンよりペン先に置かれていたりする。その上長い時間握るので、疲れにくいよう工夫されているというのも製図用シャーペンの特徴だ。

 このような製図用シャーペンの特徴は、全て建築家など「プロ」のために生まれたものであり、「書きやすさ」というものを追求している。なので、文字を書く際にも製図用シャーペンはおすすめなのだ。

おすすめの製図用シャーペン3選

おすすめ製図用シャーペン①:rOtring(ロットリング)300

出典:www.jetpens.com
 ドイツ生まれの文房具メーカーである、rOtring(ロットリング)からおすすめする製図用シャーペン『300』。1本500円と、製図用シャーペンにしては非常にお手頃でありながら、重心がちゃんとペン先に置かれているなど、製図用シャーペンとしては申し分ない。製図用シャーペン界では、おそらく1番のコスパを誇るのではないだろうか。とりあえず製図用シャーペンを使ってみたい方におすすめだ。

おすすめ製図用シャーペン②:STEADTLER(ステッドラー)925 25

出典: Amazon.co.jp
 続いてのおすすめ製図用シャーペンもドイツのメーカーから。STEADTLER(ステッドラー)の925 25だ。STEADTLERの製図用シャーペンは世界でも高い人気を誇るが、中でも普段使いとしても使いやすいのがこの製図用シャーペン。決して重すぎず、普段使いには非常におすすめの製図用シャーペンとなっている。

おすすめ製図用シャーペン③:Pentel(ペンてる)グラフ1000 

出典: Amazon.co.jp
 28年間高い人気を誇る製図用シャーペンがある。Pentel(ペンてる)の製図用シャーペン・グラフ1000だ。持ちやすさ、書きやすさ共に高いものを持っており、製図用シャーペンとしてのロングセラーだけでなく、普段使いとしても非常に高い人気を誇る製図用シャーペンだ。この製図用シャーペンであれば、製図用シャーペンの魅力を余すことなく体感できるだろう。


 製図だけはなく、普段使いとしても高いパフォーマンスを発揮する製図用シャーペン。通常のシャーペンよりも少し値を張るが、それでも一度は使う価値が製図用シャーペンにはある。

 そして、これらのおすすめ製図用シャーペンはその中でも特にハイパフォーマンス。もし製図用シャーペンに興味を持っていただけたなら、ぜひこれらのおすすめ製図用シャーペンを参考にしていただきたい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する