1. スーツの着まわし力がすごい。スーツ着まわし術でワンランク上のスタイルを確立

スーツの着まわし力がすごい。スーツ着まわし術でワンランク上のスタイルを確立

スーツの着まわし力がすごい。スーツ着まわし術でワンランク上のスタイルを確立 1番目の画像
出典:suitored.com
 「スーツはビジネスやフォーマルなシーンで着るもの」。そんな固定観念にとらわれてはいないだろうか?

 もしもそうであるならば、もったいない。スーツはカジュアルダウンさせれば、オフファッションとして着まわしができるアイテム。

 今回はスーツの着まわし力を紹介していく。ぜひ、スーツの新しい使い方(着まわし)をマスターしてほしい。

スーツ着まわし術:グレースーツのパンツでワントーンコーデに仕上げる

 グレースーツのパンツを単体で着まわしたスタイル。

 アウターにグレーのジャケットを着用しているが、スーツのジャケットと異なる素材のものをチョイス。

 こうすることでスーツパンツを使ったワントーンコーデができる。また、スーツパンツを少しロールアップすることも着まわしのポイントだ。

スーツ着まわし術:エレガントとワイルドの絶妙な組み合わせが成せる技

 ボトムスにジーンズを持ってくることでカジュアルダウンさせたスーツ着まわし術。

 一見、ジーンズのワイルドさとスーツのエレガントさは合わないイメージ。

 しかし、写真を見て分かるように、2つの相性は抜群。ドレッシーでありながら、大人の色気を感じさせる仕上がりになっている。

 全体のバランスを見ながら、シャツのボタンを開けるべし。開け過ぎに注意。

スーツ着まわし術:かっちりしすぎない、上手なスーツの着まわし方法

スーツの着まわし力がすごい。スーツ着まわし術でワンランク上のスタイルを確立 4番目の画像出典:weheartit.com
 カジュアルすぎないスーツの着まわしをしたコーディネート。

 どちらかと言えば、スーツのエレガントさが残っている着まわしスタイルだ。

 正反対のレッドのセーターとブルーのスーツパンツは意外にも相性がいい。

 スーツだと少しかっちりし過ぎ、しかしかっこよく決めたい、そんな気分の日におすすめ。ぜひデートなど雰囲気のあるシーンでしてほしい着まわしスタイルだ。

スーツ着まわし術:着方が違うだけでこんなにもカジュアルに

スーツの着まわし力がすごい。スーツ着まわし術でワンランク上のスタイルを確立 5番目の画像出典:menstyle1.com
 ベージュのスーツパンツ単体を着まわしたスタイル。

 シャツとパンツ。どちらもスーツのときに着るものだ。スーツを着る時はシャツインするものだが、スーツを着まわしする場合は違う。

 シャツを出した状態はぐっとカジュアルな印象に仕上がる。また、スーツパンツは全体をすっきりとさせてくれるため野暮ったくならない。

 足下はローファーで抜け感もプラスして、バランスの良いスタイルの出来上がりだ。

スーツ着まわし術:流行のスタイルも着まわしで実現できる

スーツの着まわし力がすごい。スーツ着まわし術でワンランク上のスタイルを確立 6番目の画像出典:jp.pinterest.com
 スーツパンツをタックパンツとして着まわしたってイイ。

 写真ではアウターにMA-1を持ってきているが、その他にライダースジャケットなどのアウターとも相性がいいのでおすすめ。

 スーツパンツを着まわしするときは全体のバランスをとることが大切。自分なりにロールアップなどしてカジュアルダウンを図って。


 スーツの着まわしはそんなに難しくない。特にジャケット単体での着まわしはチャレンジしやすいだろう。

 スーツ着まわし術の中で最も大切なことは、如何にカジュアルダウンさせられるかだ。そこを忘れずにいてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する