1. 今季流行の兆しあり。秋冬メンズニットで迷ったら、ケーブルニットを買え!

今季流行の兆しあり。秋冬メンズニットで迷ったら、ケーブルニットを買え!

出典:dapperngent.wordpress.com
 今季流行の兆しを見せているケーブルニット。冬に向けて、店頭にズラリと並べるショップもあるほどだ。そんなブームに触発されて、ケーブルニットの購入を検討しているメンズも多いのではないだろうか。

 ケーブルニットは今季のメンズニットの大本命。冬に向けてニットを探しているなら、今年は是非ケーブルニットをおすすめしたい。

今季ケーブルニットが流行する、その理由とは?

出典:www.craneandcanopy.com
 ケーブルニットは、実は女性の間では既に大きなブームとなっている。今季のケーブルニットブームの火付け役、その正体はUNIQLO(ユニクロ)だ。秋口にUNIQLOが大々的に売り出したメンズケーブルニットが“かわいい”とブログやSNSで広まり、メンズ商品にも関わらず女性の間で大人気となったのだ。

 そのブームが派生して、秋冬のメンズファッションにおいてもケーブルニットが流行の兆しを見せている。

ケーブルは、針金や麻で作られた太い綱のことで、ケーブルニットとは、縄のように編んだ「ケーブル編み」を胸や袖などにほどこしたセーターをいいます。

出典:ケーブルニット | FAST RETAILING CO., LTD.
 今季のニット選びは、ケーブルニットを視野にいれてみてはいかがだろう。

今季、ケーブルニットを着るなら

 ケーブル編みは、ニットのみならずカーディガンやセーターなど秋冬のメンズファッションに幅広く使用されているものだが、今季ケーブルニットをファッションに取り入れるなら、以下の二つをお勧めしたい。

クルーネックタイプのメンズケーブルニット

 ケーブルニット定番の、クルーネックタイプ。UNIQLOが売り出しているメンズケーブルニットも、このクルーネックタイプのものだ。

 立体的で存在感のあるアイテムながら、カラーバリエーションが非常に豊富なのがこのタイプのケーブルニットが持つ魅力。1枚でサマになるケーブルニットは、着こなしもシンプルで簡単なため、コーディネートが苦手なメンズにもおすすめ。

 昨今のメンズファッションにおいて人気のホワイトを、ケーブルニットで取り入れてみては?

タートルネックタイプのメンズケーブルニット

 シンプルでシックなデザインが、モダンなファッションを好むメンズの間で長年人気となっているタートルネック。

 ケーブルニットとの相性も抜群であり、タートルネックタイプのケーブルニットは、1枚で存在感のあるメンズアイテムになっている。

 コーディネートするなら、柄物や派手な色味のアイテムは控えて、ケーブルニット1枚を際立たせよう。 

 アーバンチックなメンズファッションを楽しみたいなら、ぜひ1枚取り入れてみては?

ケーブルニットのおすすめメンズコーデ

ケーブルニット×チェックシャツでカジュアルに

出典:imgur.com
 重厚な雰囲気になりやすいケーブルニットも、チェックシャツと合わせれば親しみやすいカジュアルさを持ったメンズコーデに。デニムのパンツを合わせるのもポイントだ。

 しかし、ここで足元をスニーカーにしてしまったら一発アウト。あくまでもケーブルニットが持つ上品を生かしたカジュアルさを保つことを心がけよう。

ネイビーのケーブルニット×デニムでワントーンコーデに

出典:www.popsugar.com

ネイビーのケーブルニットに、色の重いデニムを合わせたワントーンコーデ。ネイビーという色は、清潔感や知的な印象を与えてくれる色だ。そのため、ネイビーにあわせてコーデを組めば、あっという間に小粋な大人メンズコーデが完成する。

 ケーブルニットのコーデなら、帽子などの小物を合わせてもいいだろう。あくまでもコーデの主役がケーブルニットになるよう、バランスよくコーデすることを忘れずに。

ケーブルニット1枚をシンプルに着こなすメンズコーデ

出典:yeahyeahfrancisco.tumblr.com
 1枚で既に十分な存在感を持っているケーブルニットをコーデするなら、シンプルにいくのもいいだろう。

 写真のメンズが上手いのは、その色使い。ボリュームのあるケーブルニットよりもトーンの重いカラーをボトムに持ってきているため、目線は下に集まる。とても良いバランスだ。

 少々クリスマスカラーを想像させる色使いではあるが、デニム素材ではないパンツがその短絡さをカバー。カジュアルながらも上品なコーデになっている。


 ケーブルニットは、今季メンズにおすすめしたいニットの大本命。着こなしにも難はないし、値段も手頃なものが多数展開されている。冬支度を始める際に、クローゼットに一着いかがだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する