1. 万年筆の王様「モンブラン」:世界から愛される理由に迫る

万年筆の王様「モンブラン」:世界から愛される理由に迫る

by Sancho Papa

 万年筆を持っている方もいるだろう。万年筆は高級なイメージがあり、万年筆の高級ブランドも多数存在する。その多数存在する万年筆ブランドの頂点に長年立ち続けるのがモンブラン(Montblanc)だ。多くの方が一度はモンブランという名前を耳にしたことがあるだろう。

 世界の人々に愛され著名な富豪にも愛用されているモンブラン。名前を聞いたことがある方は多いかもしれないが、なぜここまで世界を魅了しているのかは意外と知られていないのではないだろうか。他にも万年筆ブランドは存在するのに、なぜモンブランが選ばれるのか。

 今回は、世界を魅了する万年筆ブランドのモンブランについて紹介していく。モンブランの歴史、モンブランが愛される理由とは。

モンブランが歩んできた歴史とは

by foeock

モンブランの創業は1906年

 モンブランは1906年にドイツで産声をあげた。文房具店の店主、銀行家、エンジニアという異色の3人が、モンブランを作り上げた。創業当初のモットーは、「ハイクラスのゴールド万年筆を作る」ことという曖昧なものであった。

 それから2年後、当時インクとペンは別々になっているという常識を覆すことになる。インクとペンが一体型になっている、つまり万年筆が誕生した瞬間である。

 さらに翌年、安全な万年筆「ルージェ・エ・ノワール」が誕生。これは、インクが滲む心配がない画期的な万年筆であった。この万年筆によりモンブランという名前が確立されることになる。

現在のモンブラン

 現在のモンブランは、カルティエ(Cartier)やジャガー・ルクルト(Jadger-Lecoultre)といったブランドを所有するスイスの企業リシュモン(Richemont)の傘下に入っている。

 今や万年筆などの筆記具事業だけでなく、腕時計や香水においてもモンブランという名前を見ることができる。これらの事業が、モンブランの売り上げの約6割を占める状態になっている。

モンブランが愛される理由とは

by bizmac

愛される秘密はその書き心地

 1906年創業という長い歴史の中で、モンブランの万年筆が愛されるのには理由があるはず。その愛される理由は、モンブランの万年筆の書き心地だ。

 万年筆は紙に引っかかりやすく、初めて使う人にとって万年筆はとても難しい物と言われている。しかしモンブランの万年筆は詰まることなく、ひたすら滑らかにペン先を走らせることができる。万年筆初心者にとっても、モンブランの万年筆は使いやすいのだ。

 また重さ、長さ、太さなど様々な万年筆の要件をシリーズごとにより変えているので、自分の好みにあった万年筆を見つけることもできる。これもモンブランの万年筆が愛される理由の1つである。

モンブランのおすすめ万年筆3選

 ここまで、モンブランの万年筆の歴史と愛される理由を簡単に見てきた。ここからはモンブランの万年筆の中から、オススメのシリーズを紹介していく。

マイスターシュテック 149

出典:misplumasfuente.wordpress.com

 モンブランの万年筆の中でも代表的なシリーズであるマイスターシュテック。このシリーズは漆黒のボディ、ゴールドのペン先、キャップトップのモンブランマークなどモンブランのスタンダードと言える部分が詰まった、「ザ・モンブラン」とも言える万年筆シリーズだ。

 そのマイスターシュテックの中から紹介する1本が、マイスターシュテック149だ。この万年筆は、マイスターシュテックという人気シリーズの中でも、さらに1番の人気を誇るモンブランの万年筆だ。このトップ・オブ・モンブランとも言える万年筆は、世界中で愛されてることはもちろん、世界的にも重要な調印式等にも使われる。人気だけはなく、信頼も厚い1本だ。

マイスターシュテック ル・グラン

出典:www.doublecream.com.au

 続いて紹介するモンブランの万年筆もマイスターシュテックから。マイスターシュテック ル・グランだ。

 基本的な設計は前出の万年筆の149と違いはないが、ペン先が149よりも柔らかめ。そのため滑らかさが149よりも際立っている。価格も149よりも抑えられているので、マイスターシュテックという人気シリーズの中でも比較的手の出しやすいモンブランの万年筆かもしれない。

スターウォーカー ミッドナイトブラック

出典:www.montblanc.com

 モンブランのスターウォーカーシリーズはマイスターシュテックの万年筆と違い、より現代的にデザインされている。

 キャップトップは透明のドームになっており、その中からモンブランマークが覗く。ポケットに入れおけば、それだけでトップのドームが周りの目を引くだろう。もしマイスターシュテックシリーズにこだわらないのであれば、マイスターシュテックシリーズより安価なので、この万年筆をお勧めしたい。


 万年筆界の王様であるモンブラン。今回は、モンブラン歴史とモンブランが世界を魅了して止まない理由を紹介した。モンブランの万年筆は、ビジネスマンのステータスと成り得る。一度モンブランの世界を体感してみてはどうだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する