1. 急なフライト時間変更に“英語で”対応できますか? スキマ時間にサクッと学べるビジネス英語

急なフライト時間変更に“英語で”対応できますか? スキマ時間にサクッと学べるビジネス英語

出典:magazine.corporatestays.com

 今やビジネスは日本だけで行う時代ではない。シリコンバレーをはじめ、多くの日本人が海外市場にチャレンジしているのだ! そう、今こそ海外市場にチャレンジするとき。ただ、海外に出る気持ちがあっても、語学力を身につけなければビジネスチャンスはなかなか巡ってはこない。

 それもあってか、最近では20代前半層をはじめ、社会人の中で海外留学(語学留学)にチャレンジする人が増加しているという。海外進出を果たしたいなら、「語学力」を蓄えることから。今から少しずつ勉強を始めていき、グローバル人材の一歩を踏み出してみてはいかがだろうか。

実践:海外渡航中に使える「トラベル英語」

 さて、今回も社会人を対象にした語学留学プログラムを提供する「海外留学のEF」の、ビジネス英語レッスンにチャレンジしよう。今回のお題は「海外出張(トラベル)編 その2」。前回同様、海外渡航中のストレスを軽減するためには、移動中で利用するトラベル英語をきちんと覚えることが重要だ。

 以下の例文(会話)を通じて、空港でチェックインする際によく耳にする英会話を覚えよう!

スムーズな英語でチェックインできる?

Agent:Good Afternoon. Where are you flying today?
こんにちは。今日はどこまで行かれますか?

Customer:I’m flying to Stockholm. 
ストックホルムに向かいます。

Agent:May I see your passport, please?
パスポートを見せて頂けますか?

Customer:Yes, Here you are. Do you need to see my boarding pass?
はい、こちらです。私の搭乗券は必要ですか?

Agent:Un, I don’t ... Unfortunately, your flight has been delayed. It’s now scheduled to depart at 6 p.m.
いいえ、必要ありません。 残念ながら、あなたのフライトは遅れています。現在、午後6時の出発を予定しています。

Customer:Oh, well. That’s not too bad.
わかりました。問題ありませんよ!

Agent:I'm sorry for any inconvenience.
ご不便をおかけし申し訳ございません。


 突然フライト時間が変更になることは、想像以上に多いのが事実。イライラせずに、柔軟に対応することが必要だ。落ち着いて状況を対処しよう。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する