1. プレゼンの要は「締めくくり」に集約されている! スキマ時間にサクッと学べるビジネス英語

プレゼンの要は「締めくくり」に集約されている! スキマ時間にサクッと学べるビジネス英語

出典:photosfine.wordpress.com

 今やビジネスは日本だけで行う時代ではない。シリコンバレーをはじめ、多くの日本人が海外市場にチャレンジしているのだ! そう、今こそ海外市場にチャレンジするとき。ただ、海外に出る気持ちがあっても、語学力を身につけなければビジネスチャンスはなかなか巡ってはこない。 

 それもあってか、最近では20代前半層をはじめ、社会人の中で海外留学(語学留学)にチャレンジする人が増加しているという。海外進出を果たしたいなら、「語学力」を蓄えることから。今から少しずつ勉強を始めていき、グローバル人材の一歩を踏み出してみてはいかがだろうか。

実践:プレゼンの集大成、「締めくくり」に使いたいフレーズ

 さて、今回も社会人を対象にした語学留学プログラムを提供する「海外留学のEF」の、ビジネス英語レッスンにチャレンジしよう。今回のお題は「プレゼンテーション編 その3」。 

 今回は、プレゼンテーションの最後を締めくくる言い回しや表現を覚えよう。うまく締めくくること(要約すること)ができれば、プレゼンテーションで何を言いたかったのか、聞き手に何を望んでいるのかが明確になり、次のビジネスへと大きく飛躍するきっかけになるはず!

①Before I wrap up, I’d like to summarize my main points. 
訳:まとめをする前に、(私のプレゼンテーションの)メインのポイントをおさらいしたい。

②So, to recap. 
訳:おさらいすると。

③In summary, my presentation consisted of three main points. 
訳:要約すると、私のプレゼンテーションには3つの主要ポイントがあります。

④Before I conclude, let me walk you through my main points once more. 
訳:終了する前に、もう一度主要なポイントを簡単に説明させてください。

⑤Before I go, here are my main points once again. 
訳:終了する前に、もう一度言いますが、これが私の主要ポイントです。


 まずは、Summarize(まとめる)、Recap(おさらい)、Wrap up(まとめる)、Conclude(終わりにする)など、締めくくりの際に使う単語を覚えておこう。きっと、あなたのプレゼンテーションが一味違うものになるはずだ。 


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する