1. 歯磨き後の「肌磨き」が21世紀の男磨き。男を格上げするスキンケアテク3選

歯磨き後の「肌磨き」が21世紀の男磨き。男を格上げするスキンケアテク3選

by gagilas

 「そもそも、男磨きはなんの意味があるのか?」なんて愚問は避けていただきたいところだが、例え男磨きをしても必ずしも良い男になれるとは限らない。
 
 しかし、そう最初から疑ってかかる男は、ワンランク上の男とは呼べないのも事実。平々凡々なことを言わせて貰えば、「女性は肌の綺麗な男性が好き」なのだ。これは至極あたりまえなことで、男性だって肌の綺麗な女性が好きだろう? それと何も変わりはしない。

 肌を磨き、男を磨くことは、つまるところの男としての格を上げることに直結するのだ。肌磨きをするべきワケは、何も女性にモテるからという俗世的な理由からだけではない。

 例えば、ビジネスマンであったら、クライアントとの商談を想定して欲しい。肌の綺麗な自分と汚い自分、どちらが有利だろうか。

 もちろん、肌の綺麗か否かの前にまた別の理由があり、結果はどちらでも変わらなかったという可能性もある。しかし、肌という自分でコントロール可能な要素で、ワンランク上の男に近づくのであれば、肌磨きも悪くはないだろう。

 ひとつだけ言えることは、これからご紹介するテクニックにハズレはないということ。自分の肌を、いや自分という男を変えたいと思えた方は、読んで実践に役立てる他ないだろう。

男を格上げするスキンケアテク3選


 スキンケアテクニックをご紹介していく前に、まずは「男性の肌」と「女性の肌」が構造からして全く異なっていることを理解しておいて欲しい。

 まず、男性の肌は皮膚が厚い。女性よりも肌がゴワつきやすいという特徴を持つ。そして、毛穴が多く、水分量も少ない。これにより肌の乾燥に気付きにくくもあるのだ。

 ワンランク上の男になるには、これを踏まえた上での肌磨きを求められるのだが、それはこの言葉に集約できる。「肌磨きに男らしさは要らない

 実は女性よりもむしろ、男性の方が肌に蓄積しているダメージは多いのだ。だからこそ、女性のように丁寧なスキンケアテクニックが必要なのだ。

スキンケアテク①「洗顔料・化粧水・乳液という三種の神器選び」


 まずはスキンケアにおける三種の神器「洗顔料・化粧水・乳液」の選び方がポイントとなる。尋常一様なことを言えば、これらの選び方は肌環境を大きく左右してくる。

 ここで注目したいのは、意外と注目されない化粧水と乳液。使っていない時点でNG。それと同時に、ただ単純に値段の高い一品を選べば万事解決というわけでもない。

 ドラッグストアで、「オーガニック」や「無添加」といった言葉を見たことはないだろうか。これらが表すのは、その製品の肌への「優しさ」に他ならない。肌を刺激し、悪影響を与える可能性のある成分を排除しているからだ。

 化学物質成分が入っているスキンケア用品を使用した場合、特に「洗顔後に赤みを帯びてヒリヒリしがちな人」「痒みを生じる人」は刺激を受けて湿疹や吹き出物などが発生して、肌荒れに繋がる可能性も出てくる。

 このように安全なスキンケア用品を選ぶことは、安全な肌環境を維持する上で絶対にクリアしなければならないポイントなのだ。

今なら500円から!男性特化のオーガニックスキンケア「BULK HOMME」で三種の神器がすぐ揃う

スキンケアテク②「三種の神器は正しく使わないと意味なし」


 ここからは具体的なスキンケアテクニックに移ろう。

 まず重要になってくるのは、洗顔料をしっかりと泡立てること。至極あたりまえなテクニックだが、これを“毎朝”続けて実践するのは意外と難しい。

 時間のない朝も少なくないが、これを怠ればどれだけ良い洗顔料であろうとその効果は半減してしまう。

 そして、タオルは拭くためにあるのではない。いきなりなんのことや、とお思いだろうが、これは顔肌に関しての話。つまり、洗顔後にゴシゴシと肌をタオルで拭くのはNGだということ。

 タオルは押さえつけるようにするのが、ワンランク上のスキンケアというもの。水分をタオルに染み込ませるように、柔らかいタッチでタオルを扱おう。

スキンケアテク③「生活習慣を見直そう」

 「夜更かしは美容の大敵」というありきたりなセリフが伝えうるところは、もちろん正しい。しっかりとした睡眠時間の確保は、健康な肌環境を構築する上で欠かせないものだ。

 それと同時に睡眠中の枕にも気をつけるべきでもある。枕カバーには、皮脂や汗のほか、静電気の影響により寝室のホコリなどがついていて、そういった汚れがついたままだと、せっかくキレイにした肌に悪影響を及ぼすことになりかねない。枕カバーのこまめな洗濯するなどの対策を講じる必要もあるのだ。

上質な大人の男の登竜門「バルクオム」


 以上が正しい男のスキンケアテクニックだったが、最後にU-NOTEが心からおすすめするメンズスキンケア用品「BULK HOMME(バルクオム)」をご紹介しておこう。 

 まず注目すべきは、そのコストパフォーマンスの高さ。洗顔料・化粧水・乳液という洗顔における三種の神器の一ヶ月分を、7,200円(税別)で購入できる。

 え、高いって? そんなことはない。バルクオムはコンビニやドラッグストアで買えるような量産型スキンケア用品とは全く異なる。 

 バルクオムを使ってみれば全て分かる、と言いたいところだが、それはいささか不躾かもしれない。


 バルクオムは、メンズスキンケアの更なる浸透を目指して開発された新時代のスキンケア用品。

 “奇跡のリンゴ”と呼ばれるスイスの希少種「ウトビラースパトラウバー」というリンゴの幹細胞を培養したエキスをふんだんに使用しており、このリンゴは収穫後4ヶ月経っても腐らないとも言われている。 

 そんなエキスをふんだんに使用したバルクオムというスキンケア用品は、その「保湿力」の高さが最たる特徴だ。

 これからの秋冬という季節。ますます乾燥が目立つようになってくるだろうし、女性からの視線も強くなる。 肌の「保湿力」が高いと、毎朝の髭剃り負けも起こりにくくなるので、お悩みの方にも是非おすすめしたい。 

 メンズ特化スキンケア用品として注目を浴びるバルクオム。今なら洗顔料・化粧水・乳液のフルセット7日分が入ったスターターキットにて、たったの500円(税別)で革新的スキンケアを開始することができる。

 この機会に自分のスキンケアを見直し、ワンランク上の男を目指してみることをおすすめする。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する