1. ママこそ管理職を目指せ。:リクルートで30以上のサービスを立ち上げる開発マネージャーの“仕事術”

ママこそ管理職を目指せ。:リクルートで30以上のサービスを立ち上げる開発マネージャーの“仕事術”


 安倍晋三内閣の経済政策、アベノミクス「三本の矢」の成長戦略の中核を担っているのが「女性の活躍」。2020年までに女性管理職比率を30%に高めるという目標を掲げ、有価証券報告書に役員の女性比率の記載を義務付けるなどの取り組みを進めている。これらにより、管理職に占める女性比率が、6.9%(2012年6月)から8.3%(2014年6月)に増加したが、実感としては遠い道のりに思える。

 やはり女性が管理職に就く上でネックとして挙がるのが、結婚や出産などのライフイベント。しかし、そんななか「ママこそ管理職を目指すべき」と語るある女性管理職がいる。株式会社リクルート住まいカンパニー 事業開発室のプロダクトマネジメントグループでマネージャーを務める楠 麻記子だ。

 楠は、一児の母でありながら、リクルート住まいカンパニーで新規事業の立ち上げにおける企画と開発部門のマネージャーを務めており、メンバー時代には、多い時に年間10の新規サービスを一人で担当しリリースするという離れ業をやってのけた。ワーキングマザーでありながら、マネージャーを務め、さらに技術者でもあるという、珍しいキャリアの持ち主だ。

 今回は、家庭と仕事を両立し、結果を残し続けるマネージャー・リクルート住まいカンパニーの楠 麻記子の“仕事術”に迫っていく。

楠 麻記子 プロフィール

くすのき・まきこ/株式会社リクルート住まいカンパニー 事業開発室 プロダクトマネジメントグループ マネージャー。SEとしてキャリアを始め、リクルートのIT部門へ転職。SUUMOの立ち上げに携わりMVPを受賞、SUUMOゲームシリーズにおいては1年間で10アプリをローンチ。産休後は、女性には珍しい開発マネージャーとしてプロジェクトを指揮。娘が起きている間は仕事をしないなど、家族第一をモットーにしつつ、世の中の不を解決するための価値あるサービスをひとつでも多く生み出すことに邁進している。

母だからこそ、技術者だからこそ、生まれてくるサービスがある


 楠が働くリクルート住まいカンパニーは、CMでもお馴染みの不動産・住宅情報ポータルサイトSUUMO(スーモ)を運営するなど、リクルートグループのなかでも「住まい」と「暮らし」をビジネスフィールドにする会社だ。2015年9月には、秩父市と目黒区の一部小学校を対象にBeacon(ビーコン)*を活用し、
地域ぐるみで子どもの位置情報把握を可能にする
「子ども見守りサービス」の実証実験を開始するなど、新たなテクノロジーを活用した「安全な街づくり」や「くらしコミュニティの活性化」にも積極的である。楠は、この子ども見守りサービスプロジェクトの企画開発を指揮しており、実際に子どもを持つ身だからこそわかるニーズを要件としてサービスに反映させている。

*Beacon(ビーコン):一つひとつのBeacon端末を識別するIDを発信する端子。iPhoneのiOS 7に標準搭載された「iBeacon」でも使われており、位置の検知による店舗来店促進のクーポンなどに活用されている。

 このように、母だからこそ、技術者だからこそ、生まれてくるサービスがある。楠も、新規事業の企画について、こう語っている。

「企画はプランナーではなく、開発を行う自分たちが主体となって考えていきます。私たちが新しいサービスを企画するときの強みは、エンジニア上がりの人が多い組織なので、テクノロジーオリエンテッドなところから新規事業を考えることもできるところです。

 この春から私のグループでエンジニアだけで新規事業を一から検討する取り組みも開始しているのですが、新しいテクノロジーを活用したなかなかいい案が生まれています」

 最近は、エンジニアだからといって企画が固まった段階で話が来るのではなく、マーケットやユーザーの課題に対して、どうサービスを作っていくか考えることが多いという。楠の管轄である「ネットビジネス推進室」は、エンジニアや企画職が集まっており、開発だけをするわけではないという点が組織として珍しいだろう。

「リクルートで30以上のサービスを立ち上げた」モノづくりへの思い

 楠の語る「技術志向な新規事業」というと、一般的にはどうしても顧客ニーズが欠けがちなものをイメージしてしまう。しかし、そこをカバーするモノづくりの経験、思いが楠にはある。

「私は中途入社8年目でリクルートでは社歴が長い方で、SUUMOの立ち上げにもかかわっていました。メジャーではないかもしれませんが、数年前にリクルート住まいカンパニーがゲームを作っていた時期がありまして、そのときにはゲームを10種類ほど作っていました。

 毎日朝から深夜まで一人で延々ゲームのテストをしていて、上司から『え? ゲームのテストで頑張ってるの?』と驚かれたことがあります。私がゲーム下手過ぎたことが時間がかかった原因なのですが(笑)、何よりユーザーに楽しんでもらえるものを納得いくまで作りたい、という想いがありました。ゲーム以外にもこれまでサービスを30くらいは立ち上げていると思うのですが、どれも同じ想いで作っています。

 私自身、キャリアプランよりも、世の中によりよいサービスを出すことができるかが大事にしているポイントです」

 本稿は、女性管理職にフォーカスした企画だが、キャリアプランにどうあることよりも、世の中に価値を提供できているかを重視している楠だからこそ、結果的にマネージャーという立場に立っているのであろう。

マネージャーが実践する、リクルート仕込みの“仕事術”


 年間に平均3サービス、多い時は1年に10サービスを立ち上げるという楠は、どう家庭と仕事を両立させているか。なんと楠の朝は、早朝4時から始まる――。

「少し驚かれるかもしれないのですが、生活リズムとしては毎朝4時に起きて、夜10時には娘と一緒に寝ています。

 会社にある在宅勤務制度を使って、朝4時に起きて、5時までは娘の保育園の準備や夕飯の支度をして、5時から7時くらいまで仕事をしています。日中はほぼ会議で埋まっていて自分の仕事を行う時間がないので、朝の時間を資料作成など集中すべき作業に充てています。もちろん毎日朝仕事をしているわけではありませんが、忙しいときはその時間を使うことでストレスを解放できていますね。あとは、趣味や勉強の時間にも充てていることもあります」

 ワーキングマザーだからこその理由でこの制度を活用しており、多くの仕事をこなしている。

育児していると『絶対この日は帰らなければならない』という日があって、そのうちに仕事が思い通りにできないストレスがたまっていくので、家に帰って仕事ができる選択肢があるほうがいいですね。

 朝6時まで仕事をしたら、子どもが保育園に行く準備やご飯の用意をします。子どもを送ったあとは、会社で18時まで仕事をして、19時に保育園に迎えに行きます。20時に夕食を食べたら娘をお風呂に入れています。

 やってることは他の人と変わらないかもしれませんが、一般的な社会人のリズムとは“時差”があります。でも、その時差を作ることで娘と一緒にいられる時間が長くなるので、精神衛生上よくなって仕事にもより集中できるようになっています」

リクルートが大切にする、Whyから始める仕事習慣

 在宅勤務制度を活用して、子育ても行いつつマネージャーとしての仕事をこなしている楠。しかし、そんなに上手くいくものなのだろうか。そこにはなにか秘密があるに違いない、そう思った我々は、楠の仕事術に迫った。

「私はあたりまえのことしかやっていないです。ただ一つ“仕事術”といえることがあるとすれば、WhatやHowよりも“Whyを最初に考える”ことを意識しています。仕事を依頼されても『何でこの仕事を依頼されているのか』というのが見えないと、仕事が出来上がっても依頼主が想定していた出来と異なることがあって、結局仕事の時間がかかってしまいます。

 よくあることですが、誰かがずっとやり取りしていて長いメールが出来上がって、最終的にそのメールの一部が転送されて仕事を頼まれても、頼まれた部分だけを見たら仕事の経緯が全くわからず、アウトプットに差が出てしまうんです。『なぜ依頼されているのか』を見ることが、時間短縮に繋がります。Whyを大切にするというのはリクルート特有で、他の会社ではなかなか言われることではないかもしれません。

 何をするにも言われたことをやるのではなくて、なぜやるのかを考えることが時間短縮に役立つのもありますし、全ての基本だと思います。メンバーにも必ず自分の中で仕事を理解してから取り組むように意識づけしてもらっています」

 「Whyから始める」というと、TEDで2,300万回の動画再生数を誇るサイモン・シネックによる「優れたリーダーはどうやって行動を促すか(How great leaders inspire action)」という講演を思い返す人もいるだろう。リクルートでは、日々の仕事のなかで「Whyから始める」習慣が身に付いているというから驚きだ。

コントロール出来ない部分からつぶしていくのが“大人の働き方”

 そして楠は、もう1つの仕事術を明かしてくれた。これは、仕事に期限が設けられており、その期限を絶対に守らなくてはいけない時に是非役立てて欲しいものだった。

「あと時間短縮術として『自分の予定より他の人の予定を先に立てる』というものがあります。

 『この日までにこの仕事を終わらせてほしい』と言われたら、一緒に仕事をする人との打ち合わせの日程や予定を先に確保します。誰かと一緒に仕事をするときは、自分がどう頑張ってもリカバリーできない部分があるので、自分の努力ではどうにもできない要素からつぶしていきます。そうすれば誰かが不在で仕事が進まないといったこともなくなるので、仕事の期日を確実に守ることもできます。

 昔だったら退社してからの時間を使い、他の人にお願いした部分含め、自分でどうにかカバーしようとしてたのですが、母になってからはそれができなくなったので、子どもが生まれてからは特に重要なことだと感じるようになりました。特にエンジニアは一人で仕事をすることがないので、自分以外の人の要素で何かが起きることが多く、一緒に仕事をする人を考慮することが大切です」

エンジニアがプレイヤーからマネージャーに変わる瞬間


 エンジニアのキャリアプランで往々にして議論になるのが、技術を極めるか、マネジメントに回るかの選択だ。では、なぜ楠は、マネージャーになることを決意したのだろうか。そこには、楠、そして会社としての思いがあった。

「マネージャーになったのは一年前です。産休から復帰して半年後、新しくできた組織のマネージャーに就任させていただきました。プレイヤーとしては、これまでに多くのサービスをリリースしてきたので、多少規模が大きくなったところで同じ仕事をくり返すことは可能だと思っていました。一方、自分の中で“チャレンジ”することはできなくなったように感じていたのです。

 プレーヤーとして一人でできる仕事は限られていて、より多くの人と協働してできる仕事のほうが世の中に貢献できる価値は大きいと思います。価値のあるサービスを出すためには、マネージャーとして多くの人に協力をいただきながら仕事を進めることが重要だと思いました」

 いい選手が必ずしもいい監督になれないように、プレイヤーとマネージャーは本質的に大きく異なる部分が存在する。その違いを楠はどう乗り越えたのだろうか。

「“自分のために働く”というマインドは変えました。メンバーやひいては会社のために働くと考えるようになったのが、変わった部分です。“いいものを作るために働く”ので、自分の成長は二の次になりました。他人の成長が自分の成長になるというのもあります。

 この考えに至ったのは、周囲にそういうマインドを持った人が多かったこともありますが、『社会に大きな価値をお返ししたい』という会社の方針にも影響されました。リクルートは、みんなどうしたら社会に価値を提供できるのかという価値観のなかで働いているのが素晴らしいです」

ママこそ管理職を目指すべきだと思う理由


 タイトルでも述べている通り、楠は、「ママこそ管理職を目指すべき」だと語る。管理職というと、多くの責任があるため、子育てという時間的制約があるなかでは全うするのに不安があるのではないかと考えてしまう。楠は、なぜワーキングマザーに管理職になることを勧めるのだろうか。

「エンジニアはちょっと特殊かもしれないんですけど、管理職になったほうが子育てしやすいと感じます。『事件は現場で起きている』ではないですけど、エンジニアは何か問題があったときにその場でメンバーと話し合って対応を行わなければならないことが多いので、会社で対応しなければならない場合が多いです。管理職になればそういった点は現場にいるメンバーに任せて、家から電話やメールで状況把握や指示ができる場合もあります。

 マネジメントで会社に貢献できる立場になれば、働きやすい環境を作るために会社の仕組みにも進言できるようになります。他社の管理職の詳細な状況はわからないのですが、私の会社は管理職でも『子供が病気なので帰宅します』と言いやすいですし、子育てしながら仕事をするための仕組み作りも進言しやすいので、管理職にトライしやすい環境にあると思います」

 もちろん、この意見は職種や会社、家庭環境によっても変わることだ。だが、自分の働きやすい環境を自ら作っていく姿勢や、ライフスタイルに合わせた会社への貢献の仕方を考えることは、多くの人に適用できるポイントだろう。

 また、ここまで楠は、家庭も仕事もなんでも上手くこなせているように見えたかもしれないが、ワーキングマザーでありつつもマネージャーであることの苦悩もある。

「子育てと仕事を両立できているといっても、子どもと過ごせる時間が短いことは苦労しています。帰宅して夕食を作って、そのあとは一緒にテレビを見たり遊んだりしていますが、一緒にいる時間が取れても1時間くらいなので、私との時間より保育園の先生と一緒にいる時間の方が長いんですよね。それは非常に寂しく感じることです」

 やはり小さな子どもを持つ母としては、一時間でも多く子どもと一緒にいたいもの。少しでも働いている限り、この悩みは尽きることがないだろう。しかし、これ以外に苦労していることはないという。

子育てする女性管理職にそばには、子どもを産みやすい環境あり

 楠のワークスタイルを支える在宅勤務制度は既に紹介したが、ワーキングマザーでありながら、凄腕マネージャーとして働けるのには、やはり環境の部分も大きいという。

「子どもの体調がよくないときに、上司から“看護休暇”を勧められたことがあります。そういった制度の存在がありがたいことはもちろんですが、休むことを勧めてくれる上司や休暇をとらせてくれる風土には、大変助けられています。子育てに対して理解のある人が多いのもありがたいです。

 そもそも産休をあたりまえに取れるので、産後に仕事へ復帰する女性も多いです。子どもが産みやすい環境の会社だと言えます。中にはお子さんを会社に連れてくる方もいて、フロアに子どもの泣き声が響いていることもあります。私も産休復帰前に娘を連れてきました(笑)」

多様な人材や働き方を受け入れる環境というのは、なにも制度のことだけではない。有給休暇が取りにくい会社があるように、その制度を活用できる風土・上司あってこそである。リクルートグループでは、多彩なライフスタイルを支援する制度として、産休・育休制度、事業内保育園「And's(アンズ)」、在宅勤務制度が用意されている。そして、実際に産休をとって会社に戻ってくる上司がいて、それを見て同じように産休をとる部下がいるというポジティブなサイクルが出来上がっているのだ。

 リクルート住まいカンパニーは、アベノミクス・第三の矢「女性の活躍」を支える代表的な会社の一つであろう。


 最後に楠に、今後のキャリアプランを聞いた。

「ゆくゆく価値ある事業を生み出せたら、そのサービスに携わる立場でいたいとは思っています。世の中のためにいいサービスを生み出せる人間になっていたいんです。

 住まいカンパニーには執行役員に女性もいて、女性管理職の比率も大きくなっています。私自身は、部長や取締役を目指して働くというよりも、世の中に価値を提供し続けていった結果、そういった役職に就かせていただけたらいいなと思います。私が成し得たいことは、世の中に価値あるサービスを産み出すことだけです」

 本インタビューの最後まで、世の中に価値を提供できるかどうか、いいモノを作り続けられるかどうかを見つめ続けていた楠。これからの日本の成長を支える、女性の一人である――。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する