1. 実はハローワークは“ホワイト企業”に転職できるという新事実! 今すぐ変えるべきハローワークの認識

実はハローワークは“ホワイト企業”に転職できるという新事実! 今すぐ変えるべきハローワークの認識

by yamayadori

 一般的に世間が思い描く「ハローワーク」のイメージというと、仕事を辞めた人が転職先を探しに行く場所。求人においても、ハローワークは無料で求人が出せるため、有名ブラック企業の求人や怪しげな家族経営の会社の求人、年間休日100日以下の激務求人などネガティブな求人ばかりそう。ハローワークは待ち時間だけで何時間もかかるといった具合で、応募に手間がかかる。ハローワークの職員の対応はすごく事務的。ハローワークでは雇用保険についてや職場環境、職業適性などの労働相談は全くもってできない。ハローワークのイメージはあまり良くないものが多いのではないだろうか。

 確かにこうしたイメージ通りのハローワークの時代もあったのだが、最近では若者の転職支援にも力を入れ始めていることから、なかなか多くの転職を希望する若者も利用しはじめている。それに、実はハローワークでは、転職活動についての相談を受け付けている窓口があったり、求人紹介やスカウトメールを送ってくれるなど、大学の就職課以上のサービスがハローワークで提供されているのである。特に、既卒や第2新卒になってしまうと就職活動に関して質問したり、相談したりできる人が少なくなってしまうので、ハローワークなどのこういった施設や役所の相談員さんは非常に頼りになるはずだ。

 それでは、転職する際にハローワークでホワイト企業を探すべき2つの理由をみていこう。

ハローワークでの転職は採用されやすい

 1つは、求人情報の中身についてである。一般的には、ハローワークに掲載されているのは掲載料が無料だからこそ、大手転職サイトに比べて激務であまり条件の良くないブラック企業の求人ばかりなのではというイメージがあるのではないかと先ほども述べた。しかし、逆に大手転職サイトは広告費を払ってる企業なのだから安全な企業ばかり、と大手転職サイトにばかり頼っていてもあまり良くない。

 なぜなら、それはイコール「大手転職サイトは内定までの難易度が高い」ということだかだ。

 大手転職サイトに求人を出す企業というのは、それだけ採用コストを多く支払っている分ハードルが高いところでもあるともいえます。そしてそれだけコストをかけているということは、大量採用する新卒採用ならまだしも、1~2名枠の中途採用の場合、採用のハードルがとても高くなります。経験者であっても落とされることも多く、大手転職サイトから求人を探す場合、おそらく倍率は10倍以上が普通になっている。

 また、中小企業でアナログなところや、優良だけど100万~200万円の採用コストはかけたくないという企業は、こういった転職サイトへ登録することは避けるので、その段階でホワイト求人を逃してしまうことが多々ある。その一方、ハローワークには優良な中小企業の求人もあり、場合によっては大手転職サイトに比べて倍率も低く、びっくりするほどあっさりと簡単にホワイト企業の内定をもらえることがあるのだ。これがハローワークで転職を勧める1つ目の理由である。

ハローワークでの転職は敵が少ない

 もう1つは、「ライバルが低レベルの可能性が高い」ということだ。実際にハローワークに行けばわかることでもあるが、冷やかしで来ている人や、履歴書すらもまともに書けない大してやる気の無いような人らも一定数いる。彼らが引き立て役となってくれ、転職の際に自分の評価が相対的に上がり、内定の手助けになってくれることもある。

 その点、転職サイトではライバルも意欲が高かったり、能力の高い経験者ばかりであったりとハードルは高く、さらには求人コストが高いため面接官も採用の際、慎重になることが多い。しかし、一方ハローワークでは、上記のような激しいライバル争いや面接官の高い期待は比較的少ないため、未経験で挑戦しても内定がもらえる可能性が高く、自分の現職とはあまり関係の無い全くの異業種への転職もしやすいのだ。これがハローワークでの転職を薦める2つ目の理由だ。

ハローワークでは職員が転職の相談に乗ってくれる

 ハローワークでは職員の対応も時間がかかるわりには、事務的というイメージがあるかもしれない。賃貸物件を探すときの不動産屋さんのように、相談カウンターで次から次に求人案件を見せられて「これはどう?」「あれはどう?」と色々と機械的に勧められる事を想像しがちである。

 しかし、もちろんハローワークの相談員の方によって個々の差はあるものの、多くの担当の人が「今どんな仕事をしているのか?」「今までどう生きてきたのか?」「なぜ転職したいと思うのか?」「今後どういう目標があるのか?」「今の仕事が嫌いなのか?」等々、事細かに質問してくれこちらの話をしっかりと汲み取り、そこかれ転職に関するアドバイスをしてくれたり、求人を探してくれる。

ハローワークで転職する際の注意

 ハローワークの転職に関する求人にはもちろんホワイトなものある一方で、やはりブラックなものも多い。給料が低いところや、休日が少なかったり、残業関連において法的にアウトな転職先も多いことだろう。

 実際のハローワークを使って転職をした例で、残業なし、勤務時間固定という働き方を希望していた人が、その条件を提示している企業を選んで面接に行ったところ、面接が始まって開口一番に言われた言葉は「残業できる?」であったそうだ。それをハローワークの職員に確認したところ、募集内容と実際の仕事内容や仕事環境の実態に齟齬が生じることはよくあることだという感じで、募集要項が本当かどうかの確認をハローワークの方でもしきれていないのが現状なのかもしれない。そのためハローワークを使って転職する場合は、募集内容を鵜呑みにせず、仕事内容をしっかりと確認することが大切になってくる。

 しかし、ハローワークでは無料で利用ができ、ある程度親身に転職に関する相談にも乗ってもらえるのだから、自分自身が条件をしっかりと決めたうえでいくつもの候補へ転職できる余裕があれば、ハローワークを使って転職をしても全く問題はない。要は捉え方次第であり、転職におけるツールとしてハローワークは十分に一つの選択肢になりうるかと思う。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する