1. まるで野菜をかじったような飲料「GREENS」。カゴメが打ち出す“新時代の野菜ジュース”

まるで野菜をかじったような飲料「GREENS」。カゴメが打ち出す“新時代の野菜ジュース”


 昨今、ジュースバーや手作りジュースなど、素材の鮮度が感じられる飲料が求められている。コールドプレスジュースやスムージーは、それらの筆頭であると言える。しかし、鮮度の高い飲料は買うには高く、作るには手間がかかり、なかなか手が出しにくい。

 そんな「鮮度」を求める声に応えるべく、飲料の新ジャンルの“生鮮飲料”をカゴメが打ち出した。その名も「GREENS(グリーンズ)」。

 今回は現代日本人が求めた「GREENS」と、「GREENS」の発売と合わせて期間限定でOPENするジュースバー「GREENS OMOTESANDO」を紹介していく。

WHAT IS “生鮮飲料”?

 カゴメは社内プロジェクトである「Fresh Innovation Challenge Project(フレッシュ・イノベーション・チャレンジ・プロジェクト)」を立ち上げ、まるで野菜をかじったような鮮度を感じることができる“生鮮飲料”を開発した。

 “生鮮飲料”とは、「新しい鮮度との出会い」をコンセプトにした飲料。最大の特徴は取れたて野菜の鮮度を持ち、手軽に飲めることであり、現代の日本に必要な飲料である。

 従来の野菜ジュースと異なる点は、野菜ジュースでは感じることができなかった「鮮度」と「素材の摂取実感」である。ジュースバーで飲むようなものを、より安価にコンビニやスーパーでGETすることができるのだ。

WHAT IS 「GREENS(グリーンズ)」?


 「GREENS(グリーンズ)」とは、カゴメ独自の「低温あらごし製法」で作られた生鮮飲料。野菜や果物の素材本来の味わいを楽しむことができる一品。

 「低温あらごし製法」とは、できるだけ熱をかけない加工方法により、鮮度を保つことができる製法。これにより、野菜が持つ色・香り・食感をしっかりと感じながらも、飲みやすさを実現している。また、通常のペットボトルより飲み口を広く設定しているため、野菜や果物の香りや食感をより強く感じられるようになっている。

 「GREENS」は2015年9月29日(火)より1都3県のコンビニエンスストア、2015年11月中旬より同1都3県のスーパーマーケット等にて新発売される。容量は210ml(PET)で200円前後の予定だ。

追記(2015年10月6日(火)11:00):
「GREENS Green mix(グリーンズ グリーンミックス)」210ml、「GREENS Yellow mix(グリーンズ イエローミックス)」210mlの2品の発売が予定されていたが、「GREENS Green mix」については、発売が約1ヶ月延期することとなった。

WHAT IS 「GREENS OMOTESANDO」?


 生鮮飲料「GREENS」の発売と合わせて、9月10日(木)から11月1日(日)まで期間限定でジュースバー「GREENS OMOTESANDO」がOPENする。トレンドに敏感な方々にいち早く「GREENS」を体感してもらうために流行の発信地点である表参道に店舗を置いている。


 「GREENS OMOTESANDO」は、表参道の大通り沿いから見ることもできるオープンキッチンで、店内は黒を基調としたおしゃれな空間になっている。

 また、「GREENS OMOTESANDO」では、専門スタッフによって下ごしらえされた野菜や果物を使い、オーダーに合わせてその場で野菜飲料を作る。ライブ感溢れる店舗は「飲んで美味しい、見て楽しい」が体験できる店舗となっている。 


 「GREENS OMOTESANDO」で発売されるのは以下の4種類のGREENSだ。

発売商品 GREENS  各4種類 各480円(税込)

■Green mix(小松菜・セロリ・にんじん・キウイ・りんご・レモン)
青々しい小松菜とセロリの力が身体の中にしみわたる。自然の香りと、シャキシャキ食感。

■Yellow mix(黄にんじん・橙にんじん・クレープフルーツ・パイン・レモン)
内側から美しさを引き出すグレープフルーツとパインがたっぷり。爽やかな香りと、シャキシャキ食感。

■Purple mix(ビート・にんじん・いちご・ぶどう・りんご・レモン)
大地のエネルギーたっぷりのビートと赤い果実で元気をチャージ。大地の香りと、つぶつぶ感。

■Red mix(高リコピントマト・ミニトマト・にんじん・りんご・レモン)
真っ赤に熱したトマトの力をまるごとチャージ。トマトの香りと、あらごし食感。

 また、パティスリー「Peltier」とコラボレーションしたオリジナルケーキも提供予定。



 野菜を食べる感覚で飲む“生鮮飲料”という新たな飲料ジャンルの誕生は、人々がいきいきとした鮮やかな毎日を送るための第一歩。また、人々のニーズに合わせて、野菜飲料を進化させたカゴメのこれからにも注目したい。

 現代人に足りていない「鮮度」を補ってくれる「GREENS」を、ぜひ飲んでみてほしい。

※コンビニエンスストア、スーパーで販売予定の「GREENS」は「GREENS OMOTESANDO」での提供商品と原料・製法の一部、価格、パッケージ、商品ラインナップなどが異なります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する