1. スマートな健康管理は体組成計で実現。スマホと連携するおすすめの体組成計3選

スマートな健康管理は体組成計で実現。スマホと連携するおすすめの体組成計3選

by Sean MacEntee

 忙しいビジネスマンの皆さん、ちゃんと自分の健康に気を遣っているだろうか。接待や上司に連れられて、連日飲み会という方も少なくからずいるはず。それが災いして、定期健診でコレステロールが、血糖値が……なんてことも。やはり、普段から自分の体の状態を知っておくことが、健康において非常に大切だ。体重計に乗って自分の体重に焦りを覚えるのも悪くはないが、もっと詳しく普段から自分の体について知っておきたい。そこで登場するのが、体組成計だ。

 体組成計は、体重と体脂肪率はもちろん、その体脂肪が皮下脂肪なのか内臓脂肪なのか、またBMIなども教えてくれる。体組成計で詳しく自分の体について知ることで、どんな運動をした方が良いか、どんな食べ物を控えた方がいいのかというちゃんとした対策も立てることが可能だ。そして、それをスマホで簡単に管理できるのが、現代の体組成計のいいところ。そこで、今回はスマートに自分の健康管理をできる、スマホと連携するおすすめの体組成計を紹介する。

スマホと連携する体組成計①:OMRON(オムロン ) カラダスキャン HBF-254C

出典: Amazon.co.jp
 オムロンのスマホと連携する体組成計は、カラダスキャンHBF-254C。OMRON(オムロン)は、タニタと共に体組成計における2大勢力だ。OMRONは、体組成計におけるパイオニアと言える。

 この体組成計の特筆すべき点は、何と言ってもその計測スピード。この体組成計に足を乗せるとすぐに計測が開始、すぐに結果が出る。その間、わずか4秒。また、スマホとの連携も素晴らしい。Bluetoothでスマホと連携しているので、スマホで専用アプリを開かずに自動的にデータを更新してくれる。価格は、10,000円前後と体組成計にしては少々張るが、それだけのポテンシャルを備えている体組成計だ。

スマホと連携する体組成計②:MTI(エムティーアイ) karadafit scan

出典: Amazon.co.jp
 あまりMTI(エムティーアイ)という名前は聞きなれないかもしれないが、「music.jp」などのコンテンツの運営を行っている企業だ。ヘルスケア部門の一環として、次に紹介するスマホと連携する体組成計 karadafit scanも手がけている。

 やはりコンテンツを手がけている企業なので、スマホとの連携はピカイチ。無料のスマホ専用アプリで詳しく自分の体について把握できる。そして、スマホと連携する体組成計としては、かなりリーズナブルな6,000円という値段で手に入れられる。今すぐにスマホと連携する体組成計を使いたいという方には、この体組成計がオススメだ。

スマホと連携する体組成計③:Softbank(ソフトバンク)  スマート体組成計 301SI

出典:www.softbank.jp
 次に紹介するスマホと連携する体組成計は、誰もが知っているあのSoftbank(ソフトバンク)から。スマホ連動を前提として作られた体組成計、スマート体組成計 301SIだ。名前にも入っている通り、非常に「スマート」にスマホと連携する体組成計となっている。

 スマホを買うようにソフトバンクの店頭へ行くか、ソフトバンクのページからオンラインでも購入できる。購入の際に、この体組成計には電話番号が割り振られ、測定の結果をスマホのメールで受信する仕組み。測定結果の表示も見やすく、まさにスマートという言葉がぴったりな体組成計だ。しかし、スマホの購入と同じように、体組成計を契約しなければいかないので手間がかかることが難点。ただし、スマートさではこの体組成計に勝る体組成計ないだろう。


 今や自分の健康管理は、スマホでスマートに行う時代。スマホで管理すれば、手軽かつ素早く自分の健康状態を把握できる。今回紹介した3つの体組成計は、その一助になるはずだ。ぜひ、この3つのスマホと連携する体組成計で健康に毎日を過ごしていただきたい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する