1. おすすめの電池式シェーバー3選:ビジネスマンの強い味方は電池式シェーバーだった

おすすめの電池式シェーバー3選:ビジネスマンの強い味方は電池式シェーバーだった

by wwarby

 ヒゲは、ビジネスマンにとっての大敵。特にヒゲの剃り残しなんてもってのほかだ。もし、剃り残したヒゲに気づかず、そのまま他社の人とミーティングなんてした場合は……。考えるだけで恐ろしいが、剃り残しがあってそれに気づいてもどうやって対処すればいいんだ!という声には確かにと頷きたくなる。しかし、それを解決してくれる素晴らしい味方が存在するのだ。

 今回は、外出先でもヒゲの剃り残しや時間が経ってヒゲ生えてきた時、強い味方になるうるシェーバーを紹介する。それは、電池式のシェーバーだ。電池式のシェーバーこそ剃り残しができそうと思うかもしれないが、侮ることなかれ。充電式のシェーバーが進化している横で、電池式シェーバーだって進化している。それでは、いざという時のおすすめの電池式シェーバーを紹介していこう。

おすすめの電池式シェーバー①:PHILIPS(フィリップス)PQ208

出典:www.japan.philips.co.jp
 PHILIPS(フィリップス)のシェーバーといえば円形の刃が特徴だが、今から紹介するPHILIPSの電池式シェーバーPQ208もその円形の刃をちゃんと受け継いでいる。

 PHILIPSのシェーバーの特徴は円形の刃だけでなく、剃る時の肌への負担が少ないこと。その面もこの電池式シェーバーは継承している。しかし、ただ剃り心地が優しいだけではしょうがないが、切れ味に関してもこの電池式シェーバーなら問題はない。充電式のシェーバーと変わらない切れ味を実現してくれる。値段も1,000円前後なので、まさに性能よし値段よしのコスパの高い電池式シェーバーだ。

おすすめの電池式シェーバー②:Panasonic(パナソニック)アミューレオム ES5510P

出典:panasonic.jp
 充電式シェーバーでかなりの人気を誇るPanasonic(パナソニック)も、電池式シェーバーを出している。アミューレオム ES5510Pだ。先ほど紹介したPHILIPSの電池式シェーバーも素晴らしいが、この電池式シェーバーも素晴らしい。

 この電池式シェーバーの特徴は、そのタフさ。1日3分ほどの使用であれば、1回の電池交換で約1ヶ月ほど稼働する。そして、電池式シェーバーでありながら水洗いもできてしまう。先ほどのPHILIPSの電池式シェーバーに比べると、多少肌への負担は加わるものの切れ味は非常によく、充電式シェーバーのような深剃りが可能だ。

おすすめの電池式シェーバー③:BRAUN(ブラウン)モバイルシェーブ M-90

出典: Amazon.co.jp
 続いて紹介するのは、こちらも充電式シェーバーで圧倒的な人気を誇るBRAUN(ブラウン)の電池式シェーバーM-90。この電池式シェーバーは、至れり尽くせりの電池式シェーバーと言える。

 では、どこが至れり尽くせりの電池式シェーバーかというと、まず蓋が回転式であること。本体に直接付いているので、カバンの中でシェーバーの蓋だけがどこかに消えるということはない。そして、これはPanasonicの電池式シェーバーと同じだが、丸ごと水洗いが可能。さらに専用の掃除用ブラシや脇剃りようの刃が、この電池式シェーバーには付属してくる。多くの電池式シェーバーは別売りとなっているが、最初から付属してくるのは嬉しい。


 冒頭にも書いたが、ヒゲの剃り残しはビジネスマンの敵だ。突如、他社の人と会わなければいけないということもあるだろう。その時に剃り残しがあると、爽やかさが欠けてしまう。そんな時にこっそりとカバンに電池式シェーバーを忍ばせておけば、ヒゲの剃り残しという心配とはおさらば。剃り残しだけではなく、会社でも爽やかさを保つためにも電池式シェーバーは役に立つことだろう。電池式シェーバーを使って、1日を爽やかに過ごそう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する