1. 3万円以下のハイレゾ対応ポータブルアンプ4選:ハイレゾで今までとは違う音楽の世界を

3万円以下のハイレゾ対応ポータブルアンプ4選:ハイレゾで今までとは違う音楽の世界を

by MIKI Yoshihito (´・ω・)

 巷でよく聞く「ハイレゾ」という言葉。この言葉を聞いたことがあっても、それが何か知っている方は少ないだろう。ハイレゾとは「ハイレゾリューション(High resolution)」の略であり、高解像度を意味する。では、ハイレゾの音楽と今までの音楽は何が違うのか。単に音質がいいと言っても、どう違うのかわからない。簡単に言ってしまえば、今までCDなど聞けなかった音が聞こえるようになるということ。CDでは、容量の都合上削らなければいけない音があった。それに対しハイレゾでは、CDで削っていた音も忠実に再現してくれる。なので、よりクリアにダイナミックに音楽を聴けるのだ。

 そんなハイレゾだが、聴くためには10万円とか高いお金を払ってプレイヤーや設備を整えなければいけない、というイメージが強く根付いている。確かにハイレゾを聞くためにいくらかの投資は必要となる。

 ハイレゾは聴いてみたいけど、高いんじゃちょっと…という方には、ポータブルアンプをオススメする。ポータブルアンプを使えば、わざわざハイレゾプレイヤーを買わずにハイレゾを楽しむことができる。今回は、3万円以下でハイレゾを楽しめるポータブルアンプを紹介する。

3万円以下で買えるハイレゾ対応ポータブルアンプ①:Deff(ディーフ)Deff Sound DDA-LA20RCWH

出典:deff.co.jp
 あまりにもコンパクトすぎて、「これ本当にポータブルアンプ?」と思うだろう。確かにこれは間違いなくポータブルアンプだ。日本の音響機器メーカーであるDeff(ディーフ)が開発したハイレゾ対応ポータブルアンプDeff Sound DDA-LA20RCWHである。

 ポータブルアンプは、確かにコンパクトでなければいけないが、このポータブルアンプはコンパクトすぎるかもしれない。さらにこのコンパクトさでありながら、ハイレゾ対応というのだから余計に驚きだ。このポータブルアンプの背面にはクリップがついており、カバンにつけることもできる。史上最小のハイレゾ対応ポータブルアンプと言っても過言ではない。

3万円以下で買えるハイレゾ対応ポータブルアンプ②:FURUTECH(フルテック)STRIDEⅡ

出典: Amazon.co.jp
 続いても日本の音響機器メーカーのハイレゾ対応ポータブルアンプを紹介する。FURUTECH(フルテック)のポータブルアンプSTRIDEⅡだ。FURUTECHの音響機器用のプラグは世界から高い評価を得ており、オーディオの賞も受賞するほど。

 アルミで仕上げられたこのハイレゾ対応ポータブルアンプのボディは、スタイリッシュさを感じさせる。5時間のフル充電で、約80時間連続のハイレゾ再生ができるタフさを備えているハイレゾ対応ポータブルアンプだ。

3万円以下で買えるハイレゾ対応ポータブルアンプ③:iriver(アイリバー)Astell&Kern AK10

出典:www.iriver.jp
 お次に紹介するハイレゾ対応ポターブルアンプは、韓国の音響機器メーカーiriver(アイリバー)のAstell&Kern AK10だ。これは、どちらかといえばiPhoneユーザー向けのハイレゾ対応ポータブルアンプとなっている。

 これもコンパクトなハイレゾ対応ポータブルアンプだが、その音質は非常にいい。重さはたった51gと非常に軽く、持ち運びやすいのが嬉しいところ。Lightningケーブルが付属しており、iPhoneであればすぐにつなぐことができる。iPhoneユーザーであれば、非常におすすめするハイレゾ対応ポータブルアンプだ。

3万円以下で買えるポータブルアンプ④:SONY(ソニー)PHA-1A

出典: Amazon.co.jp
 日本のハイレゾシーンをリードしてきたSONY(ソニー)。そのSONYが、満を持して世に送り出しているハイレゾ対応ポータブルアンプがPHA-1Aだ。今まで紹介してきたハイレゾ対応ポータブルアンプの中では、大きめだがやはりその奏でる音質が違う。

 アルミで覆われたそのスタイリッシュなボディが特徴的なハイレゾ対応ポータブルアンプ。今ままで紹介してきたポータブルアンプの中は非常に高性能なハイレゾ対応ポータブルアンプだ。145gという軽さは、その見た目からは想像できない。これでも価格は3万円を切っているので、非常にコスパの高いポータブルアンプと言えるだろう。


 今回は、3万円以下で買えるおすすめのハイレゾ対応ポータブルアンプを紹介した。ハイレゾ対応の音楽プレイヤーを買わずとも、ハイレゾの世界は体感できるとお分かりいただけたら幸いだ。おそらく初めてハイレゾを聞いた時、非常に驚きを持って音楽を楽しめるだろう。ぜひ、ハイレゾ対応ポータブルアンプを使いハイレゾの世界へ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する