1. 実は「カビ」は無臭だった! 何度洗ってもカビ臭い服を一瞬で蘇らせる洗濯方法

実は「カビ」は無臭だった! 何度洗ってもカビ臭い服を一瞬で蘇らせる洗濯方法

実は「カビ」は無臭だった! 何度洗ってもカビ臭い服を一瞬で蘇らせる洗濯方法 1番目の画像

 クリーニングに出して保管しておいた清潔なはずの服がカビ臭い……。何度も服を洗濯してもカビ臭いニオイがとれない……という経験をしたことはないだろうか?

 見た目は清潔なのに、カビ臭い服。今回は、ニオイの原因を探っていくとともに、カビ臭いニオイの対策に有効な洗濯方法を紹介しよう。

「カビ臭い」の原因とは?

実は「カビ」は無臭だった! 何度洗ってもカビ臭い服を一瞬で蘇らせる洗濯方法 2番目の画像

実は「カビそのもの」は無臭だった!

 実は、カビそのものは無臭なのだ。カビからイメージするあの臭いは、カビ自体から発生しているわけではない。

 カビ同様に、汗も「汗そのもの」が臭っているわけではない。

 よく考えてみてほしい。温泉で温まったことによって出た汗で、体から“汗臭いニオイ”が漂うことはあるだろうか?

 答えはノーである。汗臭いニオイは、時間が経過してから発生する細菌によって生じるものなのだ。

「カビ臭い」の原因は「ニオイ菌」の発生によるもの

 汗の臭いのように、カビもカビ自体は臭わないが、カビ臭いニオイの元となる細菌が発生したことによって臭ってしまうのだ。

 この細菌を殺菌しなければ、いくら服を洗濯したところで、カビ臭さを除去することはできないということになる。

 では、「カビのニオイ菌」はどうすれば除去することができるのだろうか?

洋服の「カビ臭いニオイ」をとる洗濯方法

実は「カビ」は無臭だった! 何度洗ってもカビ臭い服を一瞬で蘇らせる洗濯方法 3番目の画像
出典:amzn.to

カビ臭い服のニオイをとる洗濯方法は「酸素系漂白剤」

 カビ臭くなってしまった服の洗濯方法として有効なのは、酸素系漂白剤を使って洗濯することだ。

 酸素系漂白剤を使って洗濯することで、活性酸素が汚れを分解し、服に付いたカビ臭いニオイの元である細菌を殺してくれる。

【カビのニオイを除去する際の注意点①】家庭用洗濯洗剤で二度洗いする

 酸素系漂白剤はあくまでも服に付着した細菌を殺すものなので、使用した後は通常の家庭用洗濯洗剤で服を洗濯しよう。

 家庭用洗濯洗剤には、服についた皮脂や汗を除去する役割がある。

 酸素系漂白剤で殺菌すること、家庭用洗濯洗剤で汚れを洗い流すこと、カビ臭い服には、「2回の洗濯」が必要なのだ

【カビのニオイを除去する際の注意点②】塩素系漂白剤を使えるかチェックする

 酸素系の漂白剤は塩素系よりも漂白力が優しく、扱いが簡単で色柄ものにも使用できる。

 注意したいのは、服の洗濯表示に酸素系漂白剤が使用できる記載があるかどうかというポイント。

 木綿や麻、化学繊維なら問題なく酸素系漂白剤を使用できるが、毛や絹製品には使用できない

 金属の飾りや草木染めなどの自然由来の服や、木のボタンや貝の装飾などがついた服も注意したい。

 もし使用できるか分からなければ、裏側の小さな部分で色落ちを試してみることをおすすめする。

【カビのニオイを除去する際の注意点③】塩素系漂白剤で洗濯するときのお湯の温度は40℃前後

 また、酸素系漂白剤は必ず40℃前後のお湯で使用することにも注意したい。

 水では酸素系漂白剤の洗濯効果が期待できなくなるからだ。

 あまりにもひどいカビのニオイは、お湯に浸け置きすることで対処できる。酸素系漂白剤が服の奥まで染み込んで、細菌の除去に有効に働いてくれるのだ。

洗濯後もカビ臭さがとれない! 覚えておきたい「カビ繁殖の予防法」

実は「カビ」は無臭だった! 何度洗ってもカビ臭い服を一瞬で蘇らせる洗濯方法 4番目の画像

カビのニオイがとれない原因は「保管場所」に問題アリ?

 よく洗っているにもかかわらず、カビの臭いがとれない服は「保管場所」に問題があるケースが多い。

 タンス、衣装ケース、押入れなど、服の保管場所に湿気が溜まりやすい環境ではないだろうか?

 カビは空気中に浮遊し、水分と結びついて繁殖を繰り返す生き物だ。

 湿気があればカビはどこででも繁殖し、一度繁殖すると全て除去するまで臭いの元となり続ける。

カビ臭いニオイの原因が「保管場所」にある場合の対処法

 まずは、保管場所から服を取り除き、保管場所内をアルコールの殺菌スプレーで丁寧に拭き取ろう。

 拭いた場所がよく乾いたら服を戻し、市販の衣服用湿気除去剤を入れよう。

 カビを再発させないことが重要なのだ。


カビ臭いニオイを予防する「洗濯槽の除菌」

カビ臭いニオイの原因は“洗濯機”に? 「洗濯槽の除菌」の仕方

 洗濯槽の除菌も忘れずに。月に一度は、塩素系の漂白剤か市販の洗濯機用洗剤で洗濯槽を除菌しよう。

 50度のお湯を洗濯槽に入れ、酸素系漂白剤を投入して3分間洗濯機を回す。泡が溢れるようならば、お湯を減らしてそのまま1時間放置する。

 徐々に大量のゴミが浮いてくるので、それを取り除いてからすすぎと脱水を繰り返して終了である。

 洗濯機によって洗濯槽の洗浄コースがあるので、その場合はそちらを利用しよう。

 臭いの付いた服をそのまま放置するのは持ってのほかである。

 なかなか洗濯できないスーツやジャケットであっても、一日着たら一日休めるなど、ローテーションを組んで着回すことでカビの臭い予防になる。

 脱いだ服をその日のうちに洗濯できないなら、必ず衣服用の消臭剤をスプレーしておこう。他の服への臭い移りをなくし、細菌の繁殖を防止する効果も期待できる。汚れたまま放置された服は、何度洗濯してもカビの臭いが取れなくなってしまう。


 カビの臭いは、汚れの蓄積によるものだ。服を長持ちさせるためにも、その日の汚れはその日のうちに対処しよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する