1. 知る人ぞ知る“レア”な「5つの海外ビール」:“博識な男性”というのもなかなか乙ですよ

知る人ぞ知る“レア”な「5つの海外ビール」:“博識な男性”というのもなかなか乙ですよ

出典:beerandbaking.com
 世界には数え切れないほどのビールがあり、「その全てを飲んだことのある人はいるのかなぁ?」とときどき考える。筆者のそんな妄想はさておき、ビールに関しての知識は意外なシーンで使える知識だったりする。決して無駄な知識などないのだろう。

 そして、博識な男性というのもなかなか乙なもので、ことお酒に関して明るい男性は話も弾むと女性人気も高い。つまり、モテるのだ。とはいえ、誰もが知っているような知識では意味がない。「知る人ぞ知る」ビールを知っているからこそ、本当の博学ぶりを演出できるというものだ。

日本人はビールの「0.1%」しか飲んでいない?

 まずは、トークで使える豆知識をご紹介しよう。すでに知っているという人も少なくないかもしれないが、ビールというものを製法に分解しただけで、世界には1000種を超えるビールがあると言われている。そんなにたくさん存在するビールだが、日本人が普段口にしているビールは、その中のたった1種「ピルスナー」という種類だけなのだ。

 国内のビールシェアの99%がこのピルスナーと呼ばれる種で、「黒ラベル」「一番搾り」「キリンラガー」「スーパードライ」「ザ・プレミアム・モルツ」などもこれに当たる。

 つまり、日本人(の大半)は世界で1000種を数える中の1種、0.1%のビールしか知らないことになるのだ。普段何気なく飲んでいるビール。コンビニで缶ビールを選ぶ際も、銘柄で「これが上手い」と選んでいる方も多いだろうが、実際のところ、製法的にはどれも同じなのだ。

 ビールは醸造方法で大きく分けると、ラガー系(酵母が沈殿する下面発酵、10度以下で長時間発酵)と、エール系(酵母が浮かび上がる上面発酵、20度前後の常温で短時間発酵)の2つのタイプがある。これらが原料や生産地などで分岐するという形で、1000種類を超えるビールとなっているのだ。

 日本ビールの代表格・ピルスナーが、前者のラガー系製法によって作られているビールであることは少なくとも覚えておこう。お酒を嗜む者として常識であるといっても過言ではない。

海外の“レア”ビールを知ろう!

PAULANER(パウラナー)

出典:paulanershop.hu/
 パウラナーは最先端設備を誇るドイツを代表する醸造所である。通称”世界のビール工場”と呼ばれ、幅広い品揃えとミュンヘン正統派ビールの専門醸造所だ。

  その中でも代表的なヴァイスビアは、原料の50%以上が小麦、良質なビール酵母入りで、甘みと白濁したクリーミーな泡・フルーティーでまろやかな味わいを楽しめる。ドイツ最強のサッカーチーム”バイエルンミュンヘン”のオフィシャルビールでもある。

BASS Pale Ale(バス ペールエール)

出典:diginpix.ina.fr
 世界初の登録商標(1876年)「赤い三角マーク▲」で知られるブランド。芳醇な香りとキレのある味わいの英国伝統ビールだ。

 ペールエールとは「色の淡い上面発酵ビール」という意味で、この当時の他のエールが、ダークブラウン(濃色)だったことに由来している。深みのある銅色、しっかりした飲みごたえのあるボディ、エール特有の芳醇な香りとホップのきいたキレのある味わいは、世界中で大人気。

Anchor Summer Beer(アンカー サマー ビール)

出典:www.summerbeerreview.com
 1984年夏よりアンカー社が造るアメリカで最初の小麦ビール。モルト50%以上に小麦麦芽を使用する事により、小麦麦芽独特の爽快さとドライな味わいが生まれ、夏の暑い時期の喉の渇きを癒してくれる。

 グラスから盛り上がる木目細かな泡立ちと酸味と苦味が交じり合った軽快な飲み口は、暑い夏にピッタリのビールである。

Hoegaarden(ヒューガルデン)

出典:www.wallpapersmaster.com
 ベルギーのブリュッセルの東にあるヒューガルデン村を発祥とするホワイトビール。
大麦、小麦、ホップを使った上面発酵で醸造されるエールビールで、苦味は少なくコリアンダーやオレンジピールによるほんのりスパイシーでさわやかな飲み口が特徴。 

 ホワイトビールとしては世界で最も人気がある。日本でもファンは多く、個性的で奥深い味だが女性にも飲みやすいベルギービールとして人気が広がっている。初めてベルギービールを飲む人には、まずお勧めしたい逸品だ。

Negra Modelo(ネグラ モデロ)

出典:www.notsoprofessionalbeer.com
 メキシコ産の黒ビール。しかし、一般的な黒ビールのような強い香ばしさやフルーツさはなく、味わいも苦味はかなり抑えてあり、さっぱりしている。

 酸味が感じられ、かなりライトな印象を受ける。味わって飲むと、どことなくライトな口当たりの奥に香ばしさを感じることができる。


 ビールに関する知識は深まっただろうか? 実は日本人はビールの種類の0.1%しか飲んでいない。まだまだ知らないビールの深みがあるのだ。ただ知識を深めるのも悪くないが、真を知ってみれば理解はますます深まるぞ。ぜひ、今回ご紹介したビールを試してみて欲しい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する