1. 世界最高峰のトップメーカーが展開する新作腕時計たち:最高峰の腕時計が刻む“時間と経験”

世界最高峰のトップメーカーが展開する新作腕時計たち:最高峰の腕時計が刻む“時間と経験”

出典:www.watchesbysjx.com

 2015年10月7日(水)に、日本橋で新しく誕生する「タカシマヤ ウォッチメゾン」。新しくオープンするこの腕時計市場には、世界最高峰のラグジュアリー腕時計ブランドが新作を引っさげて登場することになるのは明々白日。

 今回は、そんなタカシマヤ ウォッチメゾンの誕生を祝して、世界最高峰の腕時計メーカーが発表したばかりの新作腕時計を見ていこう。それらの魅力を感じていただけたら、ぜひ日本橋まで足を運んでみて欲しい。

新作 腕時計傑作選①「PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ)」

Calatrava Ref.5153

出典:www.hautetime.com

 いわずと知れたラグジュアリー腕時計メーカー「PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ)」。その操業は175年前の1840年にまで遡り、創業以来、人々の期待を裏切ることない確かな品質で、ラグジュアリー腕時計のリーディング・メーカーとして活躍してきた。

 創業175年を迎えた記念すべき2015年の新作腕時計に挙がってきたのが、当メーカーの人気モデル『Calatrava(カラトラバ)』からの新作腕時計。金のゴールド素材に身を包んだこの新作腕時計は、裏蓋が開閉式のオフィサーケースになっているなど、ディテールにまでしっかりとメーカーのこだわりが詰まっている一本。

新作 腕時計傑作選②「PARMIGIANI FLEURIER(パルミジャーニ・フルリエ)」

TONDA 1950 SKELTON

出典:www.swisssportswatch.com

 古時計の修理で知られるミシェル・パルミジャーニという人物が1996年のスイスで始めたメーカー。それが「PARMIGIANI FLEURIER(パルミジャーニ・フルリエ)」であり、ミニッツリピーターなどの複雑な時計を得意分野とする技巧派腕時計メーカー。

 2015年の新作にラインナップされた『TONDA(トンダ) 1950 SKELTON』は、スケルトン仕様の腕時計で、耽美主義が生み出したかのような美しいデザインが魅力的な一本。タカシマヤ ウォッチメゾンで先行販売の予定なので、ぜひ足を運んでみて欲しい。

新作 腕時計傑作選③「CAMPANOLA(カンパノラ)」

天満星(アマミツボシ)

出典:www.gressive.jp

 日本の腕時計メーカーとして、国内外問わない人気を博している「CITIZEN(シチズン)」。当メーカーの中のコレクション「CAMPANOLA(カンパノラ)」は、クオーツによる複雑な内部仕様を、見事なまでの美しさで一本の腕時計に仕上げてくる高級コレクション。

 2015年の新作として10月に発売される(無論、タカシマヤ ウォッチメゾンでも販売される)予定の『天満星(アマミツボシ)』は、宇宙の壮大さを腕時計というキャンバス上で表現した一本。ムーンフェイズ搭載。今回ご紹介している新作腕時計の中でも、そのインパクトの強さは随一だろう。

新作 腕時計傑作選④「ANGELUS(アンジェラス)」

U10 TOURBILLON LUMIERE

出典:www.watchesbysjx.com

 1891年にスイスはル・ロックルで創業した時計メーカー『ANGELUS(アンジェラス)』。まさに知る人ぞ知るといったメーカーかもしれないが、クロノグラフをムーブメントから自社生産することで、世界的にも稀有なメーカーと言われている。

 2015年の新作『U10 TOURBILLON LUMIERE(トゥールビヨン ルミエール)』は、60〜70年代のインダストリアルデザインからインスピレーションを受けた箱型ボディが特徴的な一本となった。

新作 腕時計傑作選⑤「ROLEX(ロレックス)」

CELLINI DUAL TIME

出典:www.thehorophile.com

 子供から大人まで、誰もが知っている腕時計ブランドだろう「ROLEX(ロレックス)」の創業は1905年。それほど長い歴史ではないが、それにも関わらず、スイス機械式腕時計として世界のトップクラスを駆ける当メーカーの腕時計。それこには彼らの腕時計づくりに関する技術力の高さに集約されるという。

 2015年の新作『CELLINI DUAL TIME(チェリーニ デュアル タイム)』は、2地点の時間を同時に示すことができる一本。セカンドタイムを司るサブダイヤルでは、太陽と月が昼夜を告げる仕様となっているなど、メーカーのディテールへのこだわりを感じさせる一本。
 

 タカシマヤ ウォッチメゾンのオープンは10月7日(水)。これらの新作腕時計の全てがウォッチメゾンで見られるわけでないだろうが、腕時計フリークなら、足を運んでみても絶対に損はしないだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する