1. フリーランスのメリットとデメリット。自由に働くことと安心の下に働くこと、あなたはどっちを選ぶ?

フリーランスのメリットとデメリット。自由に働くことと安心の下に働くこと、あなたはどっちを選ぶ?

出典:talentgarden.org

 働き方が多様化してきている今の時代、フリーランスという生き方を考えている人も多いのではないだろうか。フリーランスという働き方は、やはり普通のサラリーマンと比べると独特で、魅力もある分癖もある。
 
 ここでは、フリーランスのメリット・デメリットを紹介していく。フリーランスになることを考えている方は参考にしてほしい。

フリーランスのメリット

 まずはフリーランスのメリットを挙げていく。

メリット① 仕事を選べる

 一つ目のメリットは、仕事を選べること。サラリーマンの場合は、会社に雇われている以上、会社の括りの中でしか仕事を選べない。社内で比較的自由に行動できる人であっても、自分の意志“だけ”で仕事を選び進めていくのいうのは、基本的に不可能ではないだろうか。

 対してフリーランスの場合は、携わる仕事は自分で決め、自分だけで責任を持って仕事を進められる点にメリットがある。もちろんフリーランスであっても、クライアントから仕事を請け負った際には、クライアントの要望は取り入れなくてはならない。ただ、フリータンスにとって、どういった仕事を選ぶかは自分の自由だ。「この仕事をやりなさい」と強制する会社や上司は存在しない。

 自分の趣向やキャリアに併せてやりたい仕事を選べる、これがフリーランスのメリットだ。

メリット② スキルアップに繋がる

 前述の通り、フリーランスはある程度自分で仕事を選ぶことができる。自分のキャリアを考えた上で必要となる仕事スキルや経歴を作れるため、スキルアップに繋がりやすい。また、会社というカバーしてくれる存在がないため、仕事の責任感や心構えも高くなり、社会人としてのスキルアップのスピードも早くなることも、フリーランスのメリットの一つといえる。

メリット③ 収入が高い

 フリーランスのメリットは、クライアントから直受けという形をとる点にもある。間に会社が入らないため、会社側に利益を還元する必要もない。原価で仕事を担当できるため、同じ仕事をした場合、大抵はサラリーマンとして働くよりフリーランスで働いたほうが収入は大幅に上がる。仕事内容や職種にもよるが、サラリーマンの2〜3倍程度の収入が期待できるケースが多い。

 この収入の高さも、フリーランスでしか得られないのメリットの一つだ。

メリット④ 時間に縛られない

 最後に、時間に縛られないというメリットが挙げられる。フリーランスには、サラリーマンのように「定時時間内は漏れなく働く。何曜日は休み」といった制限が設けられていない。時間は自分で管理し、好きな時間に働き、休む日も自由。その分時間管理がシビアになる部分もあるが、サラリーマンと比べるとやはり自由であり、時間を自分の意志で管理できる。

 満員電車に揺られて会社に行く必要がない、この点はフリーランスの最大のメリットかもしれない。

フリーランスのデメリット

 では反対に、フリーランスにはどんなデメリットがあるのだろうか。以下にフリーランスのデメリットを挙げていく。

デメリット① 守ってくれる存在がいない

 サラリーマンは仕事でミスをしても、会社や上司がカバーしてくれることが多い。さらに仕事がなくなっても、会社が給料を支払い続けてくれる。一方フリーランスの場合、こういった恩恵を預かることができない。フリーランスには、仕事でミスがあれば自分で責任を被らなくてはならないというデメリットがあるのだ。

 フリーランスにとって、仕事がなくなれば給料が無くなり、死活問題に直結する。このように、仕事のミスをカバーしてくれる存在がいないこと、常に一定の給料を支払ってくれる会社に属さないことは、フリーランスのデメリットの一つである。

デメリット② 全部一人で行わなくてはならない

 サラリーマンの場合、仕事の受注は営業部、請けた仕事を作り上げるのは開発部や製造部、事務系のサポートは経理部や総務部と、仕事が分担されているのが特徴だ。そのため、サラリーマンは自分のやるべき部分のみに集中して仕事に励むことができる。

 対してフリーランスの場合、これらが全て自分のタスクとなるデメリットがある。専門外の慣れない部分まで自分で行わなくてはならない上、オールマイティにできるというフリーランスでも、物量的に厳しくなるというデメリットが予想できるだろう。

デメリット③ 老後の問題

 サラリーマンの場合は、大抵の会社は退職金が用意されている。また厚生年金という強い味方も付いている。しかしフリーランスの場合、退職金は用意されていない。また、厚生年金ではなく国民年金になるため、月々の負担額も増え、貰える年金額も厚生年金より下回る。

 こういった老後、定年後にもらえる収入が減るというのも、フリーランスのデメリットの一つだ。

デメリット④ 社会的信用が低い

 日本ではまだまだフリーランスの社会的信用は低く、ローンを組んだり、家を借りたりする場合などは、フリーランスだと許可が得られないこともある。サラリーマンと比べると、生活をする上で壁となることが多々発生してしまう。

 人生の一大決心にフリーランスという働き方が影響してしまうことは、大きなデメリットなのではないだろうか。

フリーランスは人によりけり

出典:www.guerrillafreelancing.com

 フリーランスとして働くメリット、デメリットを挙げてきたが、人によりフリーランスがメリットになるかデメリットになるかは、一概に判断することができない。

 例えば能力や知名度が高い人であれば、フリーランスの方が仕事の幅も広がり、多額の収入も期待できるため、メリットが多くなりデメリットは少なくなっていく。逆に能力が十分でない、知名度もない人がフリーランスとなると、そもそも仕事すら見つからないなど、デメリットばかりの暮らしとなることもある。

 フリーランスを左右するのは能力と知名度だけではないが、人によって状況は大きく変わるということは覚えておいた方がよいだろう。


 フリーランスになることは簡単だが、形態が特殊な分、下手に手を出すと厳しい状況となる危険性もある。よくメリット、デメリットを理解した上で、将来を見越したプランを検討することをおすすめする。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する