1. U400万円のおすすめスポーツカー3種を徹底比較。「大人の休日は、愛するスポーツカーと共に」

U400万円のおすすめスポーツカー3種を徹底比較。「大人の休日は、愛するスポーツカーと共に」

出典:www.honda.co.jp

 U-NOTEユーザーの皆様は、どのように休日を過ごしているだろうか。人によってお子さまがいたり、もう既に巣立っていたりと様々だろうが、そんな休日のお供としておすすめなのが、男の永遠の憧れ「スポーツカー」なのだ。

 「スポーツカーは総じて価格が高い」。確かに一昔前までは、価格の高いスポーツカーがスタンダードだったが、時は流れ、スポーツカーも価格競争の時代になってきた。スポーツカーは何もモータースポーツのための車ではなくなった。

 私たちのライフスタイルカーとしてスポーツカーが定番化する時代がやってきたのだ。コスパの良いスポーツカーの登場。今回はその中でもとりわけおすすめなスポーツカー3種『コペン』『S660』『ロードスター』を徹底比較していこう。

〈〜400万円〉コスパ最強のおすすめスポーツカー3選!

ダイハツ コペン 

出典:copen.jp

 ひとえにスポーツカーといっても、その種類はさまざま。今年、最新モデル「セロ」が発表された「ダイハツ コペン」は、その中でもオープン2シーターのスポーツカーとして非常におすすめ。

 オープンカーに対してある種の偏見をお持ちの方も少なくないだろう。その大半が「雨の日が大変そう」とか「狭苦しい」とかだろうが、それは技術の進化が解消している。ダイハツ コペンというオープンスポーツカーの場合は、オープントップの開閉時間が約20秒あまり。この程度なら決して困らない時間だろう。

出典:copen.jp

 オープンスポーツカーの魅力は筆舌に尽くし難い。感じるマイナスイオンと横切り風。スポーツカーとしての性能がしっかりと実現されている点もまたコペンがおすすめな所以。スポーツカーの走行性能は、オープンカーの魅力を最大限に引き出すからだ。

 コペンというオープンスポーツカーのおすすめポイントをさらに挙げるとすれば、ルーフが金属製になっているという点だろう。金属製のルーフは布製のルーフに比べて非常に遮音性が高い。これによって、コペンはルーフを被れば単なるセカンドカーではなく、ファーストカー(普段から使う車の意)にもなりうるのだ。

 ヴィジュアルは人それぞれだろう。コペンはコンパクトなデザインなので、我々が思い描くようなスポーツカーの理想像とは少し違うかもしれない。デザインに関しては、自分の目で見て、好みを判断してもらう他ないだろう。


ホンダ S660

出典:www.honda.co.jp

 国産のスポーツカー市場で、その第一線を駆け抜けてきた「ホンダ スポーツ」。その中でも、2015年4月に発売された最新作『S660』は、1964年に発売されたホンダのスポーツカー第2弾『S600』の血筋を継いでいるモデル。

 S600の美しいウェッジシェイプデザインはそのままに、走行性能を大幅に改良されたS660は、まさに新旧スポーツカーの融合と言えるだろう。個人的にS660がおすすめな理由は、このスポーツカーのアイドル(偶像)を具現したかのようなデザイン性の高さにある。

出典:www.honda.co.jp

 このスポーツカーもオープン2シーターという仕様になっており、オープンスポーツカーのセカンドカーとしておすすめなモデル。だが、S660の欠点は、オープントップの利便性がコペンに比べると低い点。

 コペンの場合はオープントップを自動・ワンタッチで開閉できるが、S660の場合そうはいかない。スポーツカーらしいデザインが故の欠点なのか、自分の手でルーフをボンネットにしまわなければならない。


 とは言え、走行性能はコペンより上という声が大きい。さらに言えば車体がコペンよりも低い分、スポーツカーらしい走りでもコペンの上をいっている。走行性能に注視しながら、オープンスポーツカーを選びたい人には、ホンダ S660の方がおすすめだ。

マツダ ロードスター

出典:www.mazda.co.jp

 約26年も前から発売されている歴史あるスポーツカー『ロードスター』は、当初からそのヴィジュアルと走行性能を追求しており、ファンも非常に多いスポーツカー。今回おすすめしておきたいのは、その最新作。2015年5月にフルモデルチェンジされた4代目ロードスターだ。

 このロードスターは、スポーツカー初心者におすすめなスポーツカーとしてご紹介していきたい。なぜなら、このスポーツカーはその「扱いやすさ」が最たる特徴だからだ。

 車の前後バランスは50:50。1.5Lとスポーツカーとしては少し物足りない排気量ではあるが、アクセルの加速具合が素晴らしい。アクセルは踏み込むと、意のままに加速していく感覚を受ける。それにシティ派のスポーツカーなら、この排気量でも十分だろう。
 

 このロードスターというスポーツカーもまた、オープン2シーターのオープンスポーツカーになるわけだが、オープントップの開閉時間はたったの約5秒。オープンカーとして、破格の記録を叩きだした上、それは片手の操作一つだけで可能。オープンスポーツカーの弱点を見事に克服したスポーツカーと言えるだろう。



 以上がコスパ抜群、400万円以下(メーカー希望小売価格)で買えるおすすめのスポーツカー3種『コペン』『S660』『ロードスター』の比較だったが、どのように感じただろうか。

 コスパではコペンとS660が優秀。オープンカーとしての利便性はロードスターかコペンが有能。走行性能ではS660が一線を画していると言えるだろう。個人的ではあるが、デザイン性はS660かロードスターがかっこいいと思う。

 スポーツカーの良し悪しは人それぞれ。自分に合った一台を熟考し、妄想しながら、スポーツカー選びを楽しんでもらいたい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する