1. 社会人が働きながらできる資格勉強法。職場以外で使うエネルギーがあなたの仕事を向上させる

社会人が働きながらできる資格勉強法。職場以外で使うエネルギーがあなたの仕事を向上させる

出典:www.suggestkeyword.com

 社会人になると自由に使える時間も減り、資格の勉強をしにくくなる。一人暮らしではなおのこと、平日に残業して帰ると、休日は家事と用事を片付けることでいっぱいで、学校に通ってまで勉強する余裕までは出てこないものだ。

 しかし、さほどレベルの高くない資格であれば、社会人でも独学で取得できるものは少なくない。中には数ヶ月の勉強期間で取れるものもある。社会人でもできる資格の勉強法をまとめてみた。

主催者のWEBサイトは必ずチェック

出典:www.insidehousing.co.uk

 資格取得の第一歩は情報収集である。さほど難しく考えず、資格試験の主催者のWEBサイトを見れば、基本的な情報がまとまっている。資格試験の時期や頻度、試験問題、受験資格、合格率などは、ほぼ必ず載っている。サイトによっては資格試験の過去問題を公表している場合もあるので、会社の休みに挑戦してみると良いだろう。

 また、公認テキストや推奨する副読本、過去問題など、勉強に役立つ教材情報が載っていることも少なくない。資格試験の概要を知るために必ずチェックしよう。

基本的な資格勉強法とノート作成

出典:beebom.com

 基本的な資格の勉強法は、「①テキストを読む→②問題を解く→③問題を解いて間違った部分を確認する」の3ステップである。一通りテキストを読んだら②と③の工程を繰り返し、必要に応じてテキストを見直しながら、確実な資格の知識を定着させていく。テキストはマーカーを引きながら読むと、内容が頭に入りやすい。

 この中でやっておくと必ず役立つのがノート作りである。テキストは、必ずしも自分の勉強の思考回路に合わせて書かれているわけではない。テキストの中では異なる単元として別の章に書かれていることでも、自分が頭を整理するためには一カ所にまとめておきたいこともある。資格に複数の級がある場合は、それぞれの級のテキストに小分けになって記載されている場合もある。文章だけでは分かりにくい部分も、自分で図や表にまとめると、格段に勉強の効率があるだろう。

 テキストには詳しく載っておらず、問題集で初めて触れられる資格に関する事項もある。こうした内容もノートにまとめておくと良いだろう。問題を解いて間違った項目も、ノートにまとめると勉強になる。自分の言葉で整理することで、何を間違えたのか、どこがポイントなのか、理解が深まるだろう。

 ノートを作っておけば、外出していることの多い社会人でも、どこでも復習することができる。通勤電車や休日の外出時などに重いテキストや問題集を持ち歩くのに抵抗があっても、ノートであれば比較的手軽に荷物に加えられる。

 ノートはルーズリーフで作成すると便利である。たとえば試験の単元がA、B、Cの3つに分かれていた場合、ルーズリーフならそれぞれの項目に分けて随時ページを足していけるので、同じ項目をまとめて見返しやすいノートが作れる。

社会人の一番のハードルは、勉強する時間の確保

 社会人の資格の勉強で大きなハードルになるのが、勉強時間の確保である。テキストを読むだけなら、通勤電車や昼休みを利用したり、起床時間を少し早めて勉強時間を確保するなど、細切れの時間でもけっこう学習効果がある。しかし問題を解くには、ある程度まとまった時間が必要である。やはり仕事のはそれなりに勉強する時間を確保せざるを得ない。

 時間の作り方は、ネットサーフィンをしてアイディアを探してみるのも良いだろう。思わぬ方法が見つかるかもしれない。いずれにせよ、なかなか時間が確保できない社会人は余裕をもって、早めのペースで勉強を進めるのが資格試験に確実に合格するコツである。急な残業や休日出勤、実家の緊急事態などが発生しないとも限らない。残り日程にかかわらず、勉強する時間があれば勉強しておくと、急な用事に慌てなくて済む。

職場以外で使うエネルギーの確保が、仕事のクオリティ向上につながる

出典:www.theguardian.com

 「職場で全力投球し、残りの時間は休むことしかできない」という働き方では、主体的に仕事のクオリティを上げていくのは難しい。職場以外で過ごす時間に勉強して身に付けたものは、必ず仕事の質を上げてくれる。

 同業他社の商品やサービスを使ってみたり、他の業種や職種の人と会う機会をつくったりするのが、結果的に仕事のクオリティ向上につながるのと同じことだ。仕事に関係ないことでも、意識的に勉強すれば、自分の仕事に役立つ多くのヒントを得られるはずだ。

 そのためには、職場以外で使うエネルギーを確保すること、つまりは余力を残せるように効率よく合理的に働くことが必要になる。常に資格の勉強をするための余力を残せるように意識しよう。

 「仕事の質を上げるための、自主的な勉強に使うエネルギーを残しつつ働く」という視点で考えることが大切だ。

「なんちゃって資格」でも自分自身が楽になれば意義がある

 いわゆる「士」の付くような難関資格でなくても、社会人にとって資格を取得する意味はある。確かに転職に直結することも、給与や社内評価に影響することもないだろうが、資格を取得すること、資格の勉強をすることは、仕事がしやすくなるメリットになる。

 資格試験に向けて系統立てた勉強をすると、社会人に必要な基礎的な知識を身に付けることができる。社会人としての基礎的な知識が増えれば、仕事をする際に調べ物をする手間が格段に少なくなり、注意事項に対してアンテナが反応しやすくなる。時間短縮や安心感にもつながるのだ。数年後、資格の勉強が思わぬ場面で役立つこともあるだろう。

 ただ、どうせ資格の勉強をするなら、一番上の級を取得することをお勧めする。難易度の高くない資格であっても、一番上なら胸を張って表示しやすいだろう。


 働きつつ勉強をする社会人の資格取得には、いくつもの壁が立ちはだかるもの。しかし、資格試験の勉強をして損をすることは絶対にない。興味を持てる資格に気軽に挑戦してみれば、社会人として何かプラスになるものが得られるはずだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する