1. 「分割払い」と「リボ払い」の違いって? 余裕がない月の支払いは◯◯払いが正解!

「分割払い」と「リボ払い」の違いって? 余裕がない月の支払いは◯◯払いが正解!

出典:www.theblaze.com

 クレジットカードでショッピングすると、カード会社が利用者の信用をもとに立て替えをして代金を支払ってくれる。利用者は翌月、または翌々月にカード会社へ代金を支払わなければならない。

 このときの支払方法には、クレジットカードにもよるが、1回払いや2回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払いと様々な方法が用意されている。都合の良い支払方法を選べて便利だ。

 よく利用する支払方法に、分割払いとリボ払いがあるだろう。分割払い、リボ払いは手元や口座に代金が足りないときに便利な支払方法だ。しかし、分割払いとリボ払いにはそれぞれの特徴があるため、違いを理解しながら適宜使い分けることが必要だ。

分割払いの特徴

 ショッピングするときにクレジットカードを提示すると、店員から支払回数を聞かれることがある。このとき6回と伝えれば6回の分割払い、12回なら12回の分割払いとなる。

 分割払いはリボ払いと違い、利用者が支払回数を決められる仕組みになっている。分割払いの手数料は、実質年率15%ほどかかる場合が多く、支払回数や支払期間が増えるとその分手数料が加算されていってしまう。なるべく少ない回数で分割払いを支払い終えるのがいいだろう。

 分割払いは事前に支払回数を決めているので、支払が完了する時期が分かりやすいというのも、リボ払いとの違いの一つ。

リボ払いの特徴

 支払方法にリボ払いを選ぶと、毎月一定の支払額が決まる仕組みになっている。この一定の支払額は、「最小でもこの金額を払ってください」という目安で、提示された金額以上を自由に支払うことも可能だ。

 クレジットカードの審査を通っているのだから、利用者は毎月安定した収入があるはず。しかし、今月は出費が多く、クレジットカードの支払いが厳しいという場合もあるだろう。そんなときに、リボ払いだと助かることが多い。リボ払いを選択したとき、月々の支払金額は余裕を持った額に設定されることが多いからだ。

 リボ払いの支払金額は、利用額に応じて変わる仕組みになっている。利用額が多ければ支払額も多くなり、利用額が少なければ支払額も少なくなる。ただ、やはりリボ払いの手数料も実質年率15%くらいに設定されていることが多く、分割払いと同様に支払回数や支払期間が増えるほど手数料の負担が増える。

 分割払いは支払回数が決まっており、口座から自動引き落としされるので、一定金額を支払えば支払いは完了する。しかしリボ払いは分割払いと違い、最低支払額のままだと手数料がかさんでしまって、なかなか支払が完了しないことがある。支払回数が決まっていないため、支払が完了する時期が分かりにくいのも分割払いとの違いであるし、欠点かもしれない。

 リボ払いでショッピングしすぎたと思ったら、手数料を節約するためにも、余裕のある月は積極的に支払いに回したほうが良い。全額一括で支払できるクレジットカードもあり、ボーナスなどまとまった臨時収入が入ったときは一気に清算するチャンスだ。

リボ払いには4種類ある

出典:www.househunt.com

 リボ払いと一言で言っても「事前登録型」「利用後変更型」「店頭リボ払い」「リボ払い専用カード」の4種類がある。以下で紹介しよう。

事前登録型

 クレジットカードでショッピングしたとき、支払方法がリボ払いとなるよう事前に設定する仕組み。クレジットカードによっては、初回の手数料が無料となる場合がある。2回目以降は通常通りの手数料がかかるが、1回分だけお得だ。

 リボ払いにするとポイント2倍など、特典が付いているクレジットカードもある。手数料を支払っても、ポイント分である程度は相殺される。しかし、1回払いにしたいときでも、自動的にリボ払いとなる。

利用後変更型

 リボ払い以外の方法でクレジットカードを使いショッピングした後、電話またはホームページにて支払方法を変更することが可能。

店頭リボ払い

 店頭でリボ払いの旨を伝え、リボ払いを選択。

リボ払い専用カード

 もともと「リボ払い専用」と設定されているカード。事前登録型と同様に、リボ払いしか選ぶことができない。

 自分が所有しているクレジットカードが、どのタイプのリボ払いができるのか把握してから利用しよう。


 分割払い・リボ払いともに便利な支払い方法ではあるが、支払を遅延してしまうとペナルティーが科せられ、遅延損害金が実質年率に加算されることがある。さらに、3ヶ月以上引き落としができないと、信用情報に事故情報として記載されることがあるため注意が必要だ。そうなると、新規でローンを組んだりクレジットカードの作成をしたりすることができなくなる。

 分割払い、リボ払いを選択したら、手数料や支払い遅延のペナルティも忘れずに。賢く余裕のある支払計画を立てよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する