1. 秋のデイリーコーデはシャツにおまかせ:スタンダードから個性派コーデを紹介

秋のデイリーコーデはシャツにおまかせ:スタンダードから個性派コーデを紹介

by ichigonotsukikage
 シャツは、シンプルで1枚持っていればコーデの幅を広げてくれる必須アイテム。秋のコーデには特に登場率が高い。

 シャツ、と一括りにしているが、その種類は様々。ビジネススーツに着られるシャツを除くと、スタンダードなオックスフォードシャツ、チェックシャツに多いフランネルシャツ(ネルシャツ)、トレンドのバンドカラーシャツ、ポロシャツ、ボタンダウンシャツなど。

 今回は、形・素材・柄といった、それぞれのシャツの魅力を最大限に引き出すコーデを紹介する。

まずは、王道・白シャツをGETすべし

 シャツの王道・白シャツ。誰でもコーデに取り入れやすいアイテムだ。白シャツは1枚持っていれば、というよりも、持っていなければならないほどコーデにおいて活躍する頻度が高い。

 白シャツはシンプルだから、コーデがつまらなくなることも。そんなときはコーデの味付けとして、小物を取り入れると良い。写真だと帽子がそれにあたる。小物を上手く使い、シンプルコーデから脱出をはかってほしい。

 また、白シャツはベーシックなアイテムだからこそ、イイ物を選びたい。もちろん、UNIQLOなどから出ているコストパフォーマンスの高い白シャツでもいい。しかし、コーデに頻繁に登場する白シャツだ。長く着られる白シャツを選ぶのがおしゃれメンズというものではないだろうか?

 

チェックシャツでコーデに“遊び”を

 チェックシャツも白シャツ同様でコーデに使いやすいアイテム。チェックシャツ1枚のコーデでも、コーデのアクセントとして腰に巻いても、ボタンを開けてアウターとして着ても◎。

 しかし、チェックシャツのコーデには注意点がある。それは、「オタク化」だ。つまり、下手をするとダサいコーデになるということだ。シャツ1枚のコーデをする時に起こることだが、サイズ感を間違えずにピシッとしていれば問題はない。

デニムシャツでワイルドな男を演出

 ワイルドな男を演出できるのが、デニムシャツだ。デニムの色には濃淡があり、濃いめのデニムシャツより淡めのデニムシャツを選ぶとワイルド感UP。インナーの色は白で、シンプルに決めてもらいたいものだ。
 
 デニムと言えば思いつく人もいるだろうが、上級コーデの「デニムonデニム」ができるのもデニムシャツの利点。デニムシャツとボトムのデニムの色を変えれば挑戦しやすいのでおすすめだ。

 

トレンドをバンドカラーシャツで取り入れろ

 バンドカラーシャツ。耳慣れない言葉だが、つまりは襟無しのシャツのことである。スタンダードなシャツの襟がなくなったことで、シャツの魅力でもある「堅苦しさ」を払拭したアイテムだ。

 バンドカラーシャツ1枚でこなれ感が出せる上に、コーデに取り入れやすいため人気が出ているのである。

 ボトムスは写真のようにデニムとコーデの相性◎。また、ボトムスの今期のトレンドであるタックパンツと合わせても、シルエットを楽しめるコーデができあがるのでおすすめ。

個性派コーデなら、ポロシャツ(長袖)におまかせを

出典:www.fredperry.jp
 夏に半袖のポロシャツなら毎日のように着ていたと思う。しかし、秋に着る長袖のポロシャツは、いつものポロシャツとどこか違う。長袖のポロシャツのコーデは珍しさもあるが、少しだけ子どもっぽい。そして、レトロな雰囲気を漂わせている。

 おしゃれ感度の高いメンズには、難易度の高い長袖のポロシャツをコーデに取り入れてみてほしい。

秋冬限定! 今しか着れないコーデュロイシャツ

出典:jp.pinterest.com
 コーデュロイの素材は秋冬にしかコーデに入れられない。そんな期間限定素材であるコーデュロイをシャツに取り入れる。

 素材的にもっさりとした印象のコーデュロイシャツだが、ボトムスをすっきりとしたものをチョイスすれば、秋冬おしゃれコーデに仕上がる。
 いつものコーデに使うシャツと異なる種類のシャツはあっただろうか。コーデに取り入れやすい白シャツだけでなく、異素材を組み合わせる目的でコーデュロイシャツをコーデに取り入れるなど、コーデの幅を広げてみてほしい。コーデの脇役から主役にまでなるシャツ。秋のおしゃれコーデに活躍することまちがいなしだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する