1. 怖いくらい“人の心が読める”DaiGoメンタリズムの極意:『一瞬でYESを引き出す 心理戦略。』

怖いくらい“人の心が読める”DaiGoメンタリズムの極意:『一瞬でYESを引き出す 心理戦略。』

出典: Amazon.co.jp

 最近、テレビ番組に引っ張りな超人気メンタリスト・DaiGoは既にご存知な人も多いと思う。2015年7月9日に放送された、有吉弘行氏が司会を務める「櫻井有吉アブナイ夜会」(TBS系)では、DaiGoが6枚のトランプの中からゲストが選んだ1枚を当てられるかというトランプゲームを行ったところ、見事的中させ、有吉弘行氏や番組ゲスト、視聴者を驚かせる一幕もあった。

 これほどにも当たるDaiGoのメンタリズムは恐ろしいが、逆にこのメンタリズムをマスターすれば、接客業や営業など色んな仕事に役立つはずだ。

 今回は、人気メンタリスト・DaiGoの著書『一瞬でYESを引き出す 心理戦略。』の中から、仕事にも役立つDaiGoメンタリズムをご紹介しよう。DaiGoメンタリズムの基本は、「観察」、「分析」、「信頼」、「誘導」の4段階、それぞれ例を出しながら説明していく。

DaiGoメンタリズム①:「観察」 

 DaiGoメンタリズムの一番の肝となるのが、第1段階の「観察をする」。営業で取引先と仲良くなりたいときに、まずは相手が何を好きなのか知っておくと便利だが、観察をするだけで容易に予想できる。

 例えば、相手の鞄から本が見えたら、その本のタイトルを素早く記憶する。そして、次回会うときまでにその本の内容を覚え、知らないふりをして「僕○○という本に今ハマっていて」と話すと盛り上がるのだ。またネクタイやスーツのような外見についても、本と同様で次会うときの話題の材料にすると良い。観察した内容をあえて寝かすのがポイントで、話が盛り上がるだけでなく、自分のことをよく見ているな(覚えているな)、と相手に好印象を持たれるに違いない。

DaiGoメンタリズム②:「分析」 

 DaiGoメンタリズムの第2段階は、「分析」。観察した情報を元に、相手がどういう人間なのか分析していくことである。

 普段は意識しないが、人はそれぞれ使ってしまいがちな口癖や多用する言葉を持っている。方法としては、相手の話に集中し、多用している言葉にチェック、その言葉から導き出される仮定を立証するために、質問をしていく。情報収集、分析からの仮定、質問を繰り返していくことで、相手がどういう人間なのか分かるのだと言う。

DaiGoメンタリズム③:「信頼」 

出典:www.amazon.co.jp
 DaiGoメンタリズムの第3段階は、「信頼」。これは、相手に信頼される人間になることを意味している。相手から信頼される人間になるには、次の2つの方法がある。

1.個人的なことを言い、相手からも引き出す

 相手の心を開くためには、まずは自分が心を開いていることを示そう。最初に、出身地や趣味、最近のブームなど個人的な話をすると、相手も自分に親近感を寄せてくれる。さらに自分が出した個人的な話から広げて、相手の話を引き出してあげると良い。

2.相手の動きを真似する

 心理学用語で「ラポール」という言葉があるのだが、これは相手との親近感や信頼関係を指しており、相手にこのラポールを抱かせるために、相手の動きを真似するマッチング&ミラーリングが効果的なようだ。ただし、真似していることが相手に分かってしまうと、逆に嫌悪感を抱かせてしまうかもしれないので、要注意。

DaiGoメンタリズム④:「誘導」

 DaiGoメンタリズムの第4段階は、「誘導」。特定な言葉や表現を使用し、相手に自発的に自分がして欲しい行動をとってもらうことである。
 
 例えば、英会話教室に通おうか悩んでいるビジネスマンがいれば、英会話教室側としてはどうにかして「入会する」行為へ誘導したいのが当然の心情だ。そうしたときに、先述した「観察」や「分析」をした上で、相手が心揺さぶりそうな言葉と英会話を始めたい動機などを把握し、会話に織り交ぜるのだ。

「空き時間に簡単に予約できるシステムとなので、お客様のような方(忙しいビジネスマンだと分析)にもご利用いただけます。ここで学んだことを活かして、海外へ出張された方もいらっしゃるんですよ。(将来は海外へ転職したいと分析)」

 こう言われると、ビジネスマンは「確かに、ここで英会話教室すれば効果がありそうだな」と思い、実際に(自分の意思で)契約に至るのだ。しかしこの誘導は、相手に自分が働きかけていることを悟られてはいけない。あくまで「自分の意思で行った」と思わせるのがポイントである。


 DaiGoのメンタリズムは、怖いくらいに相手の心が読めるようになる。嘘だと思って『一瞬でYESを引き出す 心理戦略。』の中にある、メンタリズムの基本の4段階「観察」、「分析」、「信頼」、「誘導」を試して欲しい。このメンタリズムを習得できた日には、「あの人はなんて人の心が読めて、仕事ができるのだろうか」と周囲から畏れられること間違いなしだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する