1. 世界のオーディオメーカーBOSEのイヤホン3選:世界が認める音質と使いやすさとは

世界のオーディオメーカーBOSEのイヤホン3選:世界が認める音質と使いやすさとは

by hodgers
 BOSE(ボーズ)。その名前は、ほとんど、いや全員が聞いたことのある名前だろう。BOSEは、言わずと知れた世界で広く知れ渡っているアメリカのオーディオメーカーだ。BOSEの製品は、カラオケボックス、コンサート会場などでよく見かけられる。BOSEの音質は、広く認められていて、自宅などでも様々な形でBOSEの音質を確かめることができる。特に、イヤホンは外でも使えるため、一番早く手に入れることができるBOSEの製品だ。

 今回は、BOSEのおすすめイヤホンを紹介する。BOSEのイヤホンは、音質だけでなく、イヤホンとしての使いやすさを重視して作られている。ぜひ、世界が認める音質と高い機能性を備えたBOSEのイヤホンを体感していただきたい。

お手頃にBOSEの音質を:SoundTrue in-ear headphones オーディオモデル

出典:www.bhphotovideo.com
 BOSEのイヤホンの中でも、1万円台前半で手にすることができるのがSoundTrue in-ear headphones オーディオモデルだ。1万円台のイヤホンであのBOSEの音質を体感できるのか、と疑いたくなるかもしれないが、1万円台のイヤホンでもBOSEの音質を体感することができる。

 このイヤホンのイヤーピースは、BOSE独自の外れにくいイヤーピース担っており、ジョギング等の運動であれば、快適に装着し続けることが可能だ。そして、気になるこのイヤホンの音質だが、上位クラスのイヤホンにも採用している、Triport技術によりBOSEらしい低音に深みのある音が出る。非常に手にしやすく、BOSEの音質を体感できるコスパが光るイヤホンだ。

スポーツをするときに大活躍:SoundSport in-ear headphone

出典:www.bose.co.uk
 BOSEのイヤホンは、スポーツ好きな人にも最高の音質を届けてくれる。SoundSport in-ear headphoneは、激しい運動に対応するために様々な工夫が施されているイヤホンだ。

 このイヤホンにもBOSE独自のTriport技術は搭載されていて、音質はBOSEらしい音質を体感できる。そして、スポーツのために施されている工夫だが、まずイヤーピース採用したStayHearチップというイヤホンを押し込まずに耳にフィットするものを採用した。そのため、ランニング中でも周りの音に注意しながら走ることができる。また、イヤホンのケーブルのコネクター部分に特別な加工が施し、非常にイヤホンの高い耐久性を実現した。

最高の消音性:QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling Headphones

出典:www.zzounds.com
 BOSEが誇る最高の消音性を実現したイヤホンが、QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling Headphonesだ。BOSEのノイズキャセリングイヤホンComfortシリーズの後継機であり、30年以上にわたってBOSEが培ってきた技術を集約したイヤホンだ。

 このイヤホンにもBOSEのTriport技術が採用されているので、音質はBOSEらしい低音がきれいに響く。そして、これにいくつかのノイズキャセリングの工夫が施されている。代表的なのがStayHear+チップだ。これが耳にフィットし、物質的に遮音してくれる。そして、ノイズキャセリングイヤホンをつけていても周りの音が聞こえる、Awareモードが搭載されているので、アナウンス音など必要な音だけイヤホンを伝って、聞こえることができる。まさにBOSEの技術の結晶とも言えるイヤホンだ。


 世界が認めるオーディオメーカーBOSE。その音質は確かなものがあるが、それだけではなく、非常に使いやすさを考えてイヤホンが作られている。ぜひ、BOSEのイヤホンを使い、人々を魅了するその音質で音楽を楽しんでほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する