1. ライダースジャケットを着こなしてみよう。うら若き頃に憧れた「バイクオヤジ」を目指して。

ライダースジャケットを着こなしてみよう。うら若き頃に憧れた「バイクオヤジ」を目指して。

出典:spanish.fansshare.com

 大人のためのアウターと言っても過言ではないだろう「ライダースジャケット」の着こなし方は、人によってまちまち。その点、ライダースジャケット本体が(なんとなく)かっこいいため、どんなファッションコーデでもOKと考えている人も多く見られる。

 とは言え、それは所詮付け焼き刃に過ぎず、本当の“かっこいい男”はライダースジャケットの魅力を最大限に引き出す着こなし術を知っているもの。ここではそんなかっこいい大人のライダースジャケット着こなしテクニックを学んでいこうではないか。

ライダースジャケットの魅力とは?

出典:www.highsnobiety.com

 「バイクオヤジ」という言葉が本当に実在するかどうかは別にせよ、ライダースジャケットというアウターが20世紀のアメリカ映画でよく登場することは確かだ。バイクと言えば、どこかアメリカンドリームを感じさせられるが、そのライダーたちが愛用していたジャケット。それが何を隠そう、ライダースジャケットなのだ。

 ライダースジャケットとは本来、アメリカの先住民族のレザー文化がルーツと言われており、1930年代に入りバイクメーカーであるハーレー・ダビッドソンを始めとするバイクメーカーが大衆向けのモデルを発表、今日見られるスタイルへ通じることとなったアウターなのだ。

出典:latesfashionboth.blogspot.jp

 その魅力は筆舌に尽くしがたいものであるが、あえて一言で表すなら「かっこいい」という言葉が連想されるだろう。「おしゃれ」でも「モード」でも、ましてや日本のお家芸「かわいい」でもない。ライダースジャケットはとにかくかっこいいのだ。

 そして、そんなライダースジャケットを着こなせるのは、真に熟成した大人の男しかいない、筆者はそう思っている。大人のファッションコーデに「かっこいい」をもたらすライダースジャケット。ここからはそんなライダースジャケットの着こなしを見ていこう。

ライダースジャケットの着こなし集!

オールブラックの着こなしで、大人のかっこよさを。

出典:thefashiontag.com

 無論、ライダースジャケットにも様々な種類があるわけだが、着こなしにおける抜本的な変化はない。つまり、どんなライダースジャケットであろうと、着こなしにおいてはある程度の型があるわけだ。その型から自分のやりたい着こなし(全て試してみてもらっても構わないが)を見つけていって欲しいのだ。

出典:thefashiontag.com

 そんなライダースジャケットの着こなしにおける型に、オールブラックの着こなしがある。上の写真2枚、2人のおしゃれメンズがその手本なわけだが、黒のライダースジャケットと黒のパンツ、黒のインナーに黒のシューズ。コーデの全部を黒(少なくともダークカラー)に合わせることで、着こなしに統一感を与えている。

 ライダースジャケットのオールブラック着こなしは、非常に洗練されていて、かっこいいスタイルを演出できるのだ。ポイントは、パンツをタイトな一本でコーディネートすること。スキニーパンツなどでも良いかもしれない。

ライダースジャケット×ジーンズ=大人カジュアル

出典:www.costinm.com

 とは言え、オールブラックのコーデは少し堅い・暑苦しいという印象を与えてしまうこともある。それを避けるには、ライダースジャケット×デニムジーンズという着こなしがオススメ。ライダースジャケットの高級感とデニムジーンズのカジュアルさが相まって、まさしく大人のカジュアルスタイルが完成するのだ。

出典:imgkid.com

 ここでのポイントは、ライダースジャケットのインナーに何をコーディネートするか?という点に集約される。上の2人のおしゃれメンズも、インナーの着こなしに注目してみて欲しい。シャツ×セーターで上品さを演出するか、Tシャツ一枚でカジュアルさに磨きをかけるか。そこは個人の裁量なので、自分のなりたいスタイルに合わせて着こなしてみるのが良いだろう。

パーカー使いで、シティ派着こなし!

出典:leauxnoir.tumblr.com

 ライダースジャケットのインナーにコーディネートするものとして、フード付きのパーカーもオススメだ。まさにシティ派と呼ぶにふさわしい着こなしとなり、シティデートや映画デートなど、アウトドアシーンの少ないデートシーンなどで活躍しそうな着こなしだ(デートの話ばかりで申し訳ない)。

 ポイントはやはり、パーカーの選び方。派手なパーカーは断固NG。あくまでダークトーンの無地パーカーをコーディネートしよう。ライダースジャケット×パーカーというコーデは、ライダースジャケットの可能性を広げる着こなしとして有能だろう。

高級感あふれる着こなしで、ワンランク上の大人へ。

出典:www.aliexpress.com

 カジュアルな雰囲気よりも高級感を重視したいというリッチメンズは、上の写真のような着こなしはいかがだろうか。ライダースジャケットのインナーとしてYシャツをコーディネートした上、それをシャツインする。こういったディテールでの着こなしテクニックもまた、ワンランク上の大人メンズには求められるのだ。

 こういった高級感を出したい時のライダースジャケットには、光沢のあるものをチョイスし、足元も光沢のある革靴などで着こなしてみるのが定石だろう。

足元はブーツ? 革靴?

出典:lookastic.com

 ライダースジャケットに限った話ではないが、ファッションコーデにおける足元の重要性は特筆すべき点だ。ライダースジャケットの場合、足元にはコーディネートするのはブーツか革靴が鉄板だろう。スニーカーやサンダルは原則NG。足元でハズすのは得策とはいえない。

 ブーツか革靴。迷った際は、パンツの太さをみると良い。パンツの太い場合はブーツでコーディネート。パンツの細い場合は革靴でコーディネートしてみよう。

ダブルのライダースジャケット!

出典:syndicate.details.com

 着こなしの話から少しそれるが、ダブルのライダースジャケットは筆者も予々欲しいと思っているライダースジャケットだ。その細身のシルエットは日本人の華奢な体型をカバーしてくれる上、着こなしも簡単になる。財布に一抹のゆとりのある方は、ぜひ検討してみて欲しいライダースジャケットだ。

腰巻きネルシャツなど、ディテールにこだわれ!

出典:www.brandedgirls.com

 最後になるが、本当の大人メンズになるには、ファッションコーデひとつとっても完璧であることが大切。着こなしのディテールにまでしっかりと気を配ってコーディネートを組んでいって欲しい。例えば、写真のおしゃれメンズのように、腰にネルシャツを巻いて、こなれ感をUPさせるなど。自分なりのライダースジャケット着こなしを模索しながらも、こういったディテールに対する気配りは忘れずにいてもらいたいところだ。


 以上が、ライダースジャケットの着こなし術だったが、その魅力や自分のやってみたいコーディネートはあっただろうか。ここで挙げたポイントを忘れることなく、自分なりのライダースジャケット着こなしを楽しんでみて欲しい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する