1. 会社が週休3日制を導入するメリット、デメリットは:ユニクロ・ファーストリテイリングが週休3日制へ

会社が週休3日制を導入するメリット、デメリットは:ユニクロ・ファーストリテイリングが週休3日制へ

by Matt Biddulph

 衣料品店「ユニクロ」を運営するファーストリテイリング社が、2015年10月から一万人の一部社員を対象に週休3日制を導入することを決めた。週休3日制とはその名の通り、週の休暇が3日になる制度のことである。日本では日本IBMが2004年1月に導入しているものの、まだまだ認知の薄い制度だ。

 今回は、週休3日制というものが具体的にどういったものなのか、そして会社が週休3日制を導入するメリット・デメリットについて紹介していこう。

そもそも週休3日制って……なに?

出典:www.flickr.com

 先に言ったように、週休3日制は週に3日の休みがもらえる制度のことである。しかしそれが何曜日にもらえるのかは、企業によって様々だ。

 たとえば、ファーストリテイリングは週休3日を「平日に」与える方針である。ユニクロはその性質上休日に店舗が混むため、休日には確実に出勤してもらいたい、というのが狙いだ。実に「B to C」の企業ならではの導入方法である。一方で日本IBMは、特に曜日の指定がなされていない。適用者の大半がエンジニア職なので、ファーストリテイリングほど曜日に対してこだわる必要がないそうだ。

 総労働時間に関しても、企業ごとでわかれている。日本IBMは総労働時間も選べ、給与がその時間に反映して増減するシステムを導入している。一方で、ファーストリテイリングの場合は、4日ある就労日の勤務時間を8時間から10時間に拡張することで、週単位の労働時間を以前と同じように保っている。

 このように、週休3日制は様々なカタチが存在している。そしてその背景にある企業の思惑も、また同じように様々だ。

週休3日制を導入するメリット・デメリット

 実施には踏み切らないまでも、週休3日制を導入したいと考えている企業は少なくない。そこで、週休3日制を導入することで発生するメリットやデメリットについて考えてみよう。

週休3日制による労働者のメリット:単純に3日休める

 週休3日制を導入する最大のメリット、それは単純に休みが週3日に増えることである。休みが増えることによるメリットはあまりに多すぎるので省略するが、とにかく週休3日制によって休みが増えるということは嬉しいものだ。

週休3日制による企業のメリット:クリーンな印象を与えられる

 週休2日制と週休3日制、どちらの方が労働環境がよさそうに聞こえるか。おそらく多くの人は週休3日制と答えるのではないだろうか。ファーストリテイリングのように、週の総労働時間を変えなくても、週休3日制によって印象を良くすることはできる。

週休3日制による国全体のメリット:消費活動が活発になる

 休日が3日になるということは、それだけ外に出る機会もおのずと多くなる。そのため、消費活動が社会全体で活発になる。週休3日制によって労働時間を減らすことが、かえって経済の回りをよくするのだ。

 といった具合に週休3日制のメリットが存在している一方で、週休3日制を導入することで生まれるデメリットも多い。

週休3日による労働者のデメリット:実際に3日休めるかはわからない

 今の日本社会で週休3日制を導入できていない最大の原因、それは会社が回らなくなってしまうということである。事実、週休3日制を導入したところでサービス残業や休日出勤が増えるだけなのでは、という声も多数上がっている。週休3日制のメリットとやや矛盾しているように聞こえるものの、現状はそんなに週休3日制はうまくはいかないのだ。また週休3日制によって3日休めたとしても、就労日の勤務時間が増え、労働としては厳しいものになるかもしれない。

週休3日制による企業のデメリット:他企業とのコミュニケーションが図りづらい

 週休2日制は土日で固定されているため、企業間で共通認識が図れていた。土日にメールをしても返ってこないのは当たり前、というような風潮が形成されていたのである。しかし週休3日制を導入すると、企業間の休日にズレが生じてしまい、コミュニケーションが円滑に図れなくなることがある。

週休3日制による国全体のデメリット:消費が滞る

 週休3日制による国全体のメリットで紹介したこととは真逆になるが、休日が増えても消費は滞るのでは、という意見もある。総労働時間が減る企業の場合、それに比例して収入が減るのは当たり前だ。休日が増えたところで、使うお金がなければ消費のしようがなく、結果的に経済が回らなくなるのである。

東京オリンピックに向け、週休3日制の導入企業が増える?

出典:www.flickr.com

 ファーストリテイリングが導入したことで話題になった週休3日制だが、実は東京オリンピックに向け、文部科学省が実施しようとしている「夢ビジョン2020」の施策の一つに掲げられているのをご存知だろうか。週休3日制がこれから導入されるのは、ファーストリテイリングに限った話ではなさそうだ。

 何でも、週休3日制の導入を施策の1つに掲げている理由は、「日本発の新たなライフスタイル、社会モデルを確立・発信」していくためだとか。どこまで日本企業に浸透するかは不明だが、成功すれば日本の“ブラックな”イメージを大きく転換させるきっかけとなるのではないだろうか。ファーストリテイリングの週休3日制導入は、そういった施策の「先駆け」となったのである。

オランダはすでに週休3日制を導入済み

 「日本発」とは言いつつも、既に週休3日制を“国単位で”導入している国はいくつか存在している。オランダがその典型的な例だ。オランダでは「ワークシェアリング」という形を用いることで週休3日制を実現できている

 ワークシェアリングとは文字通り、労働を分け合うことである。一つの雇用に対して複数人が入ることで、一人にかかる負担を減らしているのだ。もちろん一人当たりの収入も減るが、その分の保障は政府が行っているため、企業は安心してワークシェアリングを行えるという仕組みだ。

 日本でのワークシェアリングの実現は現状難しいものの、週休3日制という制度のカタチにはこういったものもある、ということは覚えておいて損はないだろう。


 週休3日制を導入したファーストリテイリングに今注目が集まっているが、数年先には週休3日制が当たり前となっているような世の中があるかもしれない。週休2日の窮屈な生活とは、もうオサラバだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する