1. 秋の着こなし=パーカー! パーカーでカジュアルでかっこいい着こなしをするための6大原則

秋の着こなし=パーカー! パーカーでカジュアルでかっこいい着こなしをするための6大原則

by Andreas--
 パーカー:スウェット生地が用いられた、フードのついた衣服のこと。皆さん、ご存知のパーカーだが、果たして街行く人々全員がかっこよく着こなしているかは謎だ。ベーシックなアイテムだからこそ多くの人が着るパーカー。パーカーは、着こなしを失敗すると子どもっぽさ全開のダサい服になる。そこで、パーカーをかっこよく着こなしているメンズをお手本に、パーカーの着こなし6大原則を紹介する。

パーカーの着こなし6大原則①:パーカーのサイズ感を間違えるな

by stuttgartxbarely
 パーカーを着こなしたい時、サイズ感は重要なポイントとなる。パーカーが大きすぎて、袖がもたもたしていたり、股下まで裾があってまるで生地のびのびと勘違いされてしまうかも。かっこいい着こなしにするためにも、パーカーのサイズを確かめるためにも試着をすすめる。

 この大原則はパーカーの着こなしのみならず、全ての服の着こなしに言えることだが、試着は必ずしてほしい。しばしば、細めな(太めな)男性が自分はMサイズだからと言って、そのまま試着せずに選ぶことがあるが、失敗している着こなしを多く見る。あえて大きめに着こなしたい、などの着こなしへのこだわりがない限り、試着した方が着こなしは成功すると思われる。

パーカーの着こなし6大原則②:パーカーのフードは必ず外に出す

出典:street-fashion-snap.com
 パーカーの着こなし大原則に挙げるか迷ったほどだが、パーカーのフードを出す出さないは、かっこいい着こなしに大きな影響を与える。フードをアウターの中に入れっぱなしほど、悲惨な着こなしはないのだ。パーカーを着ている本人も背中の着心地の悪さに気づいているとは思うが、出して欲しい。

パーカーの着こなし6大原則③:パーカー×Gジャン・革ジャン・スタジャンの着こなしにハズレ無し

出典:fashionsnap-freaks.net
 パーカーとともに着こなしたいアウターは、Gジャン・革ジャン・スタジャンだ。パーカーの着こなしで、これらと組み合わせる時にハズレはない、と言い切りたいほどかっこいい。上記でも述べたが、フードは必ず出すこと。サイズもきちんと自分に合っているパーカーを着て欲しい。

 Gジャン・革ジャン・スタジャンのどれと合わせても、ワイルドな着こなしに仕上がるのでおすすめ。その他にも、チェスターコートやPコートと合わせてもエレガントな着こなしになるので、おすすめだ。当たり前だが、パーカーonパーカーの着こなしは絶対にNGだ。

パーカーの着こなし6大原則④:ボトムスは細めが無難

出典:www.forever21.com
 パーカーに合わせるボトムスを選ぶ時、ゆったりめのボトムスは避けたい。パーカーもゆったりめの服なのでメリハリがなくなり、かっこ悪い着こなしになってしまう。しかし、このパーカーの着こなし大原則は、フルレングスのボトムスに言えることであり、ハーフパンツならば問題はない。フルレングスのボトムスにおいて、スキニーパンツのような細めのボトムスであれば、ゆったりめのパーカーとメリハリがつき、よりかっこいい着こなしになるということだ。

パーカーの着こなし6大原則⑤ダウンジャケットと相性抜群 

出典:item.rakuten.co.jp
 少し気が早いと思われるかもしれないが、知っておきたい写真のパーカーの着こなし。肌寒い時に一役買うのがダウンジャケット。暖かいのはもちろん、着こなしにおいて柔軟性があるダウンジャケットは1着は持っておきたいファッションアイテムだ。

 パーカーと組み合わせると、よりカジュアルに、ストリート感のある着こなしに仕上がるのでおすすめ。この着こなしのボトムスは細めのパンツが鉄則。着こなしは、メリハリとバランスが大切ということを覚えておいてほしい。

パーカーの着こなし6大原則⑥ネルシャツ腰巻きでスタイルUP

出典:lookbook.nu
 秋の着こなしにネルシャツはマストアイテム。ネルシャツは、着脱で温度調節&2way活用ができるスグレモノ。写真のように、腰に巻いて足の太さのカバーや着こなしのポイントとして活用ができる。また、パーカーの中にネルシャツを忍ばせれば、裾や首元からちらっとのぞくネルシャツが可愛い着こなしを演出。パーカーの色が暗めでまとまっている時、着こなしのアクセントとしてネルシャツで派手な色をいれてもGOOD。


 今回は、パーカーの着こなしの大原則として「そんなこと知ってる」と思われるレベルの着こなしの紹介だった。これらはあくまで基本の着こなし。参考になれば幸いである。

 パーカーでかっこいい着こなしができていると、こなれ感が出る。秋の準備期間である今、このパーカーの着こなし大原則を知れば、秋本番に間違えることはないだろう。ベーシックなアイテムであるパーカーを着こなして、おしゃれメンズを目指してほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する