1. お子さまが安心して寝れる寝具を。布団クリーナー「RAYCOP(レイコップ)」で安心安全な毎日を。

お子さまが安心して寝れる寝具を。布団クリーナー「RAYCOP(レイコップ)」で安心安全な毎日を。

出典:www.raycop.jp

 今、テレビや雑誌などで多く取り上げられ、話題となっている布団クリーナー「RAYCOP(レイコップ)」は既にご存知だろうか。レイコップ愛用者は日本国内で300万人を数え、布団クリーナーとしてシェアNo.1の地位を得ているのがこのレイコップなのである。

 しかし、「そもそも布団クリーナーって?」「なんの必要があんのそれ?」という方も少なくないかと思う。お恥ずかしい話、当の筆者もつい先日までレイコップはおろか、布団クリーナーの存在などついぞ知りはしなかった。

 そこで今回は、筆者と一緒にそんな布団クリーナー「レイコップ」の重要性について探っていこう。いや、この時点では、まだ本当にレイコップが重要なのかすら分からないのだが――。

お子さまが安心して眠れる寝具をレイコップで。

出典:www.blogandopinion.com

 とは言え、筆者は布団クリーナーに関してある程度のことは調べている。要は、布団のクリーナーなのだ(え?)。布団に付着しているダニの死骸や糞・ハウスダスト、その他の目に見えない有害物をお掃除してくれるマシーンなのである。

 そしてお子さまのいる男性は、そのお子さまの可愛らしい寝顔を想像してみて欲しい。まだ所帯を持っていない男性は、彼女の可愛らしい(かどうかはご自身の判断に委ねるが)寝顔でも想像するのがベストだろう。

出典:krasnetoday.com

 そんなお子さんの可愛らしい寝顔。でももし仮に、そんなお子さんの安眠を侵すものがあったらどうだろう? 父親にできることは、お子さんの安心を守ってゆくことくらい。母親さえいれば、子どもは勝手に育っていくもの。

 父親にできることなど、そう多くない。しかし、できることがあるなら何でもしてあげて欲しい。それは好きなだけゲームを買ってあげるのとは違う。お子さんの未来のため、もっと具体的に言えば、お子さんの安眠のためにできること。

 そこに、この布団クリーナーという家電はあるのだと考えてみて欲しい。では、睡眠中に一体どんな「モノ」がお子さまの安全を害するのか。ここからはそれらの有害なモノについて取り上げていこう。

ダニやハウスダストの脅威。

出典:www.huffingtonpost.co.uk

 そう、睡眠中のお子さまに害を与えるモノ。それは「ダニ」や「ハウスダスト」であり、もちろんそれらはお子さまだけに限った問題ではない。特に、ダニの死骸や糞はたくさん吸引してしまうと、やっかいな「重症アレルギー」を引き起こしやすいのだ。

重症アレルギー疾患の約9割はダニが原因とされる。温暖化、高気密高断熱の住宅が増える中、最近、本来は少なくなるはずの冬でも家庭内のダニが減らなくなっている。

出典:重症アレルギーの原因9割はダニ、掃除だけでは不十分 :日本経済新聞

 アトピー性皮膚炎や花粉の時期でもないのに鼻水が止まらなくなるアレルギー性鼻炎など、その被害は計り知れない。お子さまの未来をダニなんかに侵害されたくはないだろう。

出典:m.ictnews.vn

 そしてそんなダニはベッドに最も発生しやすいという(ちなみに、これは筆者がNHKの『ためしてガッテン』という番組を見ていた際に仕入れた情報である)。

家の中で、最も対策が必要なのが「寝具」。ダニは人の皮膚カスが大好物なうえ、適度な湿気と温度が保たれているため、どんどん増殖!
しかも、洗濯でも、日干しでも簡単には死なないことが判明。さらに掃除機でも生きているダニはあまり吸い取れない。

出典:今こそ!ダニ撲滅宣言 : ためしてガッテン - NHK

 お子さまの未来を襲うモノ「ダニ」。そして、そんなダニが最も繁殖し、住みつきやすい場所「ベッド」。しかも、洗濯や日干しなどではダニは死なない上、死んだとしても死骸や糞は掃除機では吸い取れないという。そんなダニをどうすれば撃退できるのだろうか。

 そう、そんな時こそ、寝具・布団のためのお掃除マシン「布団クリーナー」の出番なのだ。そして、そんな布団クリーナーの中でもまさに筆頭、300万人の利用者数とシェアNo.1を誇る「RAYCOP(レイコップ)」は一瞥の価値があるだろう。

シェアNo.1の布団クリーナー「RAYCOP(レイコップ)」

出典:www.raycop.jp

 そして、これがその布団クリーナー「RAYCOP(レイコップ)」である。近未来を思わせるような先進的なデザインが目を引くが、重要なのはそこではなく、内面的な部分、つまるところの機能性である。

 このレイコップでどれだけのダニの死骸や糞・ハウスダスト、その他の有害物質が取り除けるかという問題はここでは触れないこととしたい。筆者は専門家でもなければ、このレイコップのユーザーでもない(筆者は所帯持ちではありません)。


 ただ改めて念を押しておくとすれば、このレイコップという家電製品が国内で300万人のユーザーを誇っていて、それゆえに布団クリーナーとしてシェアNo.1であるということだろう。これ以上の証明が私の口からできるわけもなければ、する必要もないと思う。


 問題は何もお子さまだけの問題ではない。奥さんや彼女さん、実家の両親など、誰もが布団に潜むダニに頭を悩ませているか、それとも気づいてすらいないか。そのいずれにせよ、誰かのため(自分のためでも一向に構わないが)に、このレイコップをプレゼントしてみるのも良いとは思わないだろうか?


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する