1. 意外と知らないリーダーとマネージャーの違い。あなたが目指すのはリーダーとマネージャーどっち?

意外と知らないリーダーとマネージャーの違い。あなたが目指すのはリーダーとマネージャーどっち?

出典:www.drjaykumar.com

 あなたが目指しているのはリーダーだろうか、それともマネージャーだろうか。組織に属するなかでは、実績や年功序列などによって、リーダー、マネージャーといった役職名を目にする機会は多くあると思う。しかし、リーダーとマネージャーの違いをきちんと理解し、説明できる人は意外に少ないかもしれない。 

 そこで今回は、リーダーとマネージャー、その2つに求められる役割や能力の違い、そしてあなたの中にあるリーダーとマネージャーへの志向の見分け方を紹介しよう。



リーダーとマネージャーの役割の違い

 リーダーとマネージャーの違いを考える前に、まず歴史上の偉人と呼ばれる人たちを例として挙げてみよう。

 坂本龍馬、ジョージ・ワシントン、ナポレオン・ボナパルト、キング牧師。歴史を動かすほど多くの人たちに影響を与えてきた彼らは、マネージャーではなくリーダーとして見なされることがほとんどだ。では、なぜ彼らがマネージャーではなくリーダーだと認識されているのか。言葉の定義はさまざまだが、組織という観点から見れば、リーダーとマネージャーの違いは以下のように考えることができる。 

・リーダー:自ら先頭に立って進むべき道を示す存在。 

・マネージャー:メンバー一人一人が最高のパフォーマンスを発揮できるように支援する存在。

 リーダーとマネージャーは一見似ているようで、実は大きく違いがある。組織には個性も価値観も能力もバラバラな個人が集まっている。そうした多様性のある集団を同じベクトルに振り向かせ、組織全体がどちらに進むべきなのかを示すのがリーダー。それに対して、組織に属する一人一人の能力を見極め、パフォーマンスを最大限発揮できるよう、役割分担や成長を支援するのがマネージャーだ。

 先に挙げた歴史上の偉人にも、当然マネージャーとしての資質は備わっていたはず。ただ、多くの人たちに明確なビジョンを示し、あるべき未来に向かって突き進んでいく原動力を生み出したという圧倒的なリーダーシップがあるため、私たちは彼らを強いリーダーだと感じているのだろう。

リーダーとマネージャー、それぞれに求められる能力とは

出典:davidcliveprice.com

 求められる役割が違えば、当然、必要となる能力も異なってくる。ここからはリーダーとマネージャー、それぞれの特徴と違いをより詳しく見ていこう。 

 リーダーには、組織に属する全員が共感し、共有できるメッセージやビジョンを示すことが求められる。そこでリーダーに必要となるのは、個性や価値観に関係なく「明確な方向性を提示する」「変革・改革を生み出す」「組織を一体化させる」といった要素だ。そして何よりも、リーダーには人を引きつける力が必要となる。上司として部下に偉そうな態度をとったり、命令口調で指示を与えたりするのがリーダーなのではない。リーダーにふさわしい仕事ぶりを積み重ねることで「この人についていきたい」と周囲に思わせる。そうして初めてリーダーになり得るといえるだろう。

 一方、名著『マネジメント』で知られるピーター・F・ドラッカー氏は、マネージャー(マネジャー)の役割を「目標を設定する」「組織化する」「モチベーションを高め、維持する」「パフォーマンスを評価する」「自分も含めて部下を育成する」という5つに定義した。ここから分かるのは、ただ業務を振り分けるだけの人材は、マネージャーとは呼べないということ。組織全体を見渡し、それぞれの役割に適した人材を的確に配置し、自分も含めて組織全体で成長を促していける存在となって初めてマネージャーといえるのだ。

 企業という組織の中では、成果を生み出す能力を持つリーダーと、組織を監視する能力を持つマネージャーという2つの役割を、一人の人間に求めるケースが多くある。これは2つの役割がそれぞれ組織にとって不可欠なものであるために起こる。もしあなたが2つの役割を任される立場に就いたときには、「今はリーダーとして振る舞うべき」「この場面はマネージャーとして判断しよう」と認識を切り分けることで、対処がしやすくなるかもしれない。

あなたはリーダー志向? それともマネージャー志向?

出典:www.abstract-living.com

 リーダーとしての能力とマネージャーとしての能力、この両方をハイレベルな次元で持ち合わせている人もいるが、どちらかに秀でているケースの方が多いだろう。そうしたなかで、自分がリーダーとマネージャーのどちらに向いているのか、どちらになりたいのか、その志向をあらかじめきちんと把握しておくことは、キャリア形成においても非常に有用だ。

 世界的な調査会社で17年間、リーダーやマネージャーの調査に携わり、その膨大な調査結果をまとめた『最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと』(日本経済新聞出版社)の著者であるマーカス・バッキンガム氏は、ある1つの質問でその志向性を分けることができると明かしている。それは「あなたが仕事について思い浮かぶものは何ですか?」という質問だ。

 この問いに対して、まず部下や周りの人たちをイメージした方は「マネージャー」だ。一人一人の能力や適性を把握し、最大限に発揮できるよう努めていく。そして部下の成長を心から喜べる人こそ、マネージャーに向いているといえる。 

 一方で、組織やチームが目指す目標や未来像などが浮かんだあなたは「リーダー」志向。おそらくは未来が良くなることを想像し、そのために全力を注げる方だろう。現状に満足せず、改善し、改革を推し進めようとする志向性が、リーダーとしての最も不可欠な能力だとバッキンガム氏は述べている。

 そして、この質問に自分自身のことだけをイメージしたり、あるいは怖い上司や社長のことを思い浮かべたりした方は、どちらにも当てはまらない、例えばスペシャリスト志向が強い方だったり、組織に属してまだ間もない方だったりするかもしれない。しかし、こうした志向は立場や環境によって大きく変化する可能性もあり、自身の志向と周囲とのイメージにズレが生じることもある。


 リーダーとマネージャーのどちらになるかよりも、さらに大切なのはあなたがこれからどうなっていきたいか。あなたの能力に合致する働き方を都度見直し、ふさわしい仕事や環境に身を置けているかを考えることで、なりたい自分に近づける可能性はより広がっていく。今の自分がどうなのかを客観的に分析することで、今のあなたがいる環境より、さらにふさわしい環境に出合える可能性も大きく高まるだろう。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する