1. 外国人の帽子コーデがお手本:真似したい帽子コーデ難易度別カタログ

外国人の帽子コーデがお手本:真似したい帽子コーデ難易度別カタログ

出典:www.akdemire.com
 帽子は、おしゃれメンズにははずせないマストアイテム。Tシャツ×ハーフパンツと言ったマンネリ化した夏のコーデやこれからの秋コーデに一点投入したい帽子。帽子を使いこなせてこそ、一人前のおしゃれメンズではないだろうか。自分らしさを出せる帽子を選んで、周りから一目置かれる存在になりたいところだ。

 今回は、難易度別に見る帽子コーデを、外国人のコーデをお手本にして紹介。

難易度別:帽子コーデ集

帽子コーデ難易度☆★★ ベーシックな帽子×ベーシックなTシャツコーデ

 オールブラックにレッドの帽子をきかせた辛口コーデ。小さい子どもから大人まで幅広く愛される帽子、ベースボールキャップが主役だ。Tシャツ×帽子のコーデは定番中の定番のコーデだが、Tシャツ×ベースボールキャップは子どもっぽくなりがちなコーデ。しかし、オールブラックのコーデならそうはならない。ブラックは、誰でも1枚は持ってるベーシックカラー。すぐに挑戦できる帽子コーデだ。

帽子コーデ難易度☆★★ ゆるすぎるコーデには帽子(ハット)をチョイス。

 夏にかぶりたい帽子No.1のストローハット。ストローハットとは、麦わら帽子のことだが、カタカナ言葉の方が、かっこ良く思うのは単純だろうか。

 写真のコーデは、トップス・ボトムスともにゆるすぎる印象。また、淡いグレーとベージュの色使いで、引き締まりを感じられないコーデだ。しかし、このコーデのポイントは、帽子と足下にある。このゆるすぎるコーデに、帽子のリボンとサンダルのブラックが利いて、しっかり引き締められている。ストローハットで夏の演出も忘れていない季節感のある帽子コーデだ。

帽子コーデ難易度☆☆★ この帽子を夏に使う?バランスを考えて取り入れれば正解。

出典:menstyle1.com
 暑い夏にはコーディネートに取り入れにくい、マウンテンハットを使ったコーディネート。シンプルなホワイトTシャツを中心に、帽子とボトムス、シューズはシックな色合いでまとめたコーディネート。ワイルドなのに、マウンテンハットがダンディさを引き出している。

帽子コーデ難易度☆☆★ 夏にニットはもはや定番アイテム。

出典:lookastic.com
 ニット帽は冬にかぶる帽子。なんて言うのは時代遅れかもしれない。ニット帽を1年中のファッションコーデに使うのは、今では普通のこと。1年中のコーデに使うことを考えると、帽子の色はブラックやネイビーのダークな色よりグレーやホワイトを選ぶのが○。普通にかぶるのもいいが、写真のコーデのように後ろの方をあまらせてかぶると、こなれ感のある帽子コーデに仕上がる。

 この帽子コーデは、全体に爽やかなコーデ。特に帽子とホワイトスニーカーのライトな色使いが爽やかさを演出している帽子コーデだ。

帽子コーデ難易度☆☆☆ 小物使いの上手さはおしゃれ上級者の証。

出典:lookbook.nu
 おしゃれ上級者は小物使いがうまいと聞くが、そのことを体現したコーデが写真のコーデだ。サスペンダーと蝶ネクタイはW使いすることで、効果を十二分に発揮する。そこに、ハットを投入してしまえば、無敵コーデの完成だ。

 さらに、このコーデのおしゃれポイントは色使いだ。トップス・ボトムスをセットアップのようにホワイトで統一&ハット、サスペンダーと靴をライトブラウンで統一しているのだ。コーデはできるだけ少ない色を使うのがベスト。なかなかサスペンダーと蝶ネクタイを使うコーデをするのは勇気がいるが、帽子も取り入れて挑戦してみて欲しい。

帽子コーデ難易度☆☆☆ 流行の帽子とデニムonデニムに挑戦。 

出典:www.nytimes.com
 今年はつば広のハットがトレンドのコーデアイテムだ。小顔効果も期待できる帽子で、意外にもどんなコーデとも相性がいい帽子だ。

 デニムは永遠の定番コーデアイテム。そんな定番アイテムの最上級に難しいコーデが「デニムonデニム」。写真のコーデは、トップスとボトムスのデニムの色がブルーとブラックで異なっている。比較的挑戦しやすい、流行の帽子を使ったコーデである。
 難易度別に帽子コーデを紹介したが、似合う似合わないによっては楽々難易度☆☆☆をクリアする人もいるかもしれない。それとは逆に、残念ながら自分には似合っていない帽子にも関わらず、平然とかぶっている勘違いメンズも街で多く見る。選ぶときは家族・恋人・友人などきちんと意見を言ってくれる人に見てもらうことをおすすめする。帽子を使ったコーデで、夏のおしゃれを楽しんで。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する