1. 「ファッションブランド×腕時計」:世界最高峰のファッションブランドが展開するのは、おしゃれな一本

「ファッションブランド×腕時計」:世界最高峰のファッションブランドが展開するのは、おしゃれな一本

出典:openers.jp

 「おしゃれ」な腕時計とは、一体どのような一本を指すのだろうか。そもそもおしゃれというモノ自体、度量衡で測れるモノでもない。おしゃれとは、それつまり感覚に起因する感性でしかないのかもしれない。

 しかし、おしゃれな腕時計という物は確かに存在している。これからご紹介する腕時計が本当におしゃれな腕時計か、それとも筆者の感覚が鈍いのか、それは御自身の判断に委ねたいと思う。つまるところ、おしゃれとはその程度のモノでしかないのかもしれないということだ。

 世界中に有名な腕時計メーカーは数多あるが、意外と注目視されないのがファッションブランドが展開する腕時計だ。腕時計メーカーではなく、ファッションブランドの腕時計は、やはりその「おしゃれ」という点で私の興味を引いたので、ご紹介していこう。

Dior「配色で魅せる、ラグジュアリーブランドのプライド」

『ディオール ユィット モンターニュ』

出典:www.dior.com

 ボルドーとブルーのカラーリングが得も言えぬおしゃれ感を醸し出すのは、世界を代表するラグジュアリーブランド・Dior(ディオール)の新作『ユィット モンターニュ』という腕時計。ラグジュアリーブランドらしく、文字盤にダイヤモンドもあしらわれている。高級な腕時計だけではないのだと言わんばかりのおしゃれ感が伝わって来る。

『ディオール ユィット グランバル プリセ ソレイユ』

出典:www.dior.com

 『ユィット グランバル プリセ ソレイユ』は、自動巻き機構のローターを文字盤に配したキャリバーが、さながら貝殻のようになっていて非常におしゃれな一本。こちらはラグジュアリーブランドとしての力を遺憾無く発揮している。世界限定888本で発売中だ。

Ralph Lauren「意表を突く、インドのベゼル」

スポーティング コレクション RL オートモーティブ スケルトン

出典:luxuryes.com

 さすがラルフ・ローレン(Ralph Lauren)と言わしめたファッショナブルな興趣が、新作腕時計『スポーティング コレクション RL オートモーティブ スケルトン』には現れている。

 インド紫檀を手作業でリングに仕上げて、腕時計の外装とする「ウッドベゼル」という工夫を取り入れ、斑の木目が美しく、スケルトン仕様がおしゃれな一本となった。ラルフ・ローレン初のスケルトン仕様となったこの腕時計は、文字盤からのぞく全ての内部パーツを黒に染めてあり、外装の木目と相まっておしゃれな印象を強くする。

Issey Miyake「未来を思わせる、イッセイミヤケの腕時計」

『O(オー)』

出典:www.artribune.com

 ISSEY MIYAKE(イッセイ ミヤケ)がプロデュースするウオッチプロジェクト。深澤直人や吉岡徳仁ら、デザイン界を代表する国内外の名だたるデザイナーがコンセプトワークからデザインまでを手掛けており、どのコレクションも実用性が高く、細部に渡ってデザイナーの目が行き届いている。

出典:toumei.asia

 そんなプロジェクトの中で最も私の興味を引いたのが、『O(オー)』というモデルだった。近未来を連想させるかのようなおしゃれで革新的なデザインは、「水」からインスピレーションを受けてデザインされたのだという。

 水のような、形を失った腕時計がテーマであり、それは確実に実現できているのではなかろうか。彼らは腕時計を超え、腕時計のおしゃれを超えた。実用性が優秀とは正直なところは言えないが、試してみる価値は大いにあり。


 今回は、筆者が思うおしゃれな腕時計を挙げてみたが、共感できただろうか。腕時計探しでは腕時計メーカーばかりじゃなく、ファッションブランドの腕時計もチェックしてみると良い。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する