1. 一着は持っておきたい、ハイブランドジャケット。デキる男なら知っておくべき3つの“最高級ブランド”

一着は持っておきたい、ハイブランドジャケット。デキる男なら知っておくべき3つの“最高級ブランド”

出典:manero.ru
 男なら一度は憧れるであろう世界最高峰のブランドが展開する、世界最高峰のジャケット。一生モノのジャケットとなるであろうその一着は、値段も馬鹿にならない。ハイブランドのジャケットはしっかりした一着を選んで欲しい。今回は世界最高峰のジェケットを展開するハイブランドを3つほど、特徴ごとにご紹介していく。

ジャケットハイブランド①:Brioni(ブリオーニ)

出典:www.youtube.com
 「Brioni(ブリオーニ)」は、戦後の1945年にイタリアで「ブリトーニ・アトリエ」として設立されたテーラー服のブランド。最高級の素材を用い、職人の手で一着一着ずつ作ろあげられるスーツやジャケットは、今のクラシコ・イタリアの原型を作り出したブランドとも言われている。

 名実共に世界最高峰の呼び声高い当ブランドのジャケットだが、その分価格設定は少々高め。いや、貴方のお財布も頷くようなジャケットであることは間違いない。

ジャケットハイブランド②:Cesare Attolini(チェザレ・アットリーニ)

出典:blog.shopthefinest.com
 「Cesare Attolini(チェザレ・アットリーニ)」はイタリアのナポリに本拠地を構えるブランドで、世界最高峰のサルトリア(仕立て屋)の称号を得ているほどのブランドだ。

 彼らの作り出すジャケットの最たる魅力は、その手縫いを中心とした裁縫技術に集約される。100人という少数精鋭のサルトが手がけるジャケットは、その全てに職人気質が現れている。

ジャケットハイブランド③:Kiton(キートン)

出典:www.kiton.it
 「Kiton(キートン)」もイタリアのナポリを本拠地とするブランドで、世界中のセレブから愛用されるような最高級ジャケットを手がけている。世界で最も美しい服作りを掲げる彼らは、上質な世界のセレブにも通用するようなジャケット作りをポリシーとしている。

 このブランドは、傘下にカルロ・バルベアという最高級生地ブランドを従えており、生地からして世界最高級なジャケット作りを実現する。


 最高級のジャケットを、一生モノのジャケットを探すなら、まずはこれらのブランドからチェックしてみて欲しい。他を当たるのは、その後からでも遅くはないだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する