1. ノイズキャンセリングイヤホンの最高峰がここに。Bose QuietComfort 20

ノイズキャンセリングイヤホンの最高峰がここに。Bose QuietComfort 20

出典:www.tomsguide.com

 電車通勤などの時間を音楽を聴く時間に使っているのであれば、気になるのが電車の音などのノイズではないだろうか。大きな音が聞こえてしまうと、せっかく音質が良いイヤホンでも音楽を聴く体験が損なわれてしまう。

 そこでオススメをしたいのが、ノイズキャンセリング機能が付いたイヤホンだ。今回は、そんなノイズキャンセリングイヤホンの中でも最高峰クラスの音質と遮音性を誇る
Bose(ボーズ)のQuietComfort 20を紹介する。

BOSEのノイズキャンセリング機能は静寂を司るほどの遮音性を持つ

出典:www.blessthisstuff.com

 ノイズキャンセリング機能の原理とは、ノイズに対して打ち消す効果がある音を生じさせて音を相殺してしまうというもの。そのため、BOSEのQuietComfort 20のイヤホン部分の背面にもスピーカーのような細かい穴が空いている。

 BOSE QuietComfort 20の遮音性は十分すぎるほどで、ノイズキャンセリング機能を音にすると一気に静寂が訪れるほどの静かさを手に入れることができるだろう。

ノイズキャンセリングイヤホンの弱点を解消

出典:www.trustedreviews.com

 ノイズキャンセリングイヤホンの意外な盲点となるのが、ノイズキャンセリング機能はよく効いており効果があるものの、イヤホン部分のイヤーピースの密着性が低いため、音が漏れて入ってきてしまうという難点。

 BOSEのQuietComfort 20は、この点でも十分な機能を持っている。「StayHear+チップ」と呼ばれるイヤーピース部分はいわゆるスポーツ向けのイヤホンに似ている。この構造によりイヤホン部分がしっかりとフィットし、遮音性を確保しているのだ。

付属する機能も十分すぎるほど

出典:www.connect.de

 ノイズキャンセリングイヤホンはその高い遮音性から、電車のアナウンスが聞こえないなどの問題点もあるが、BOSE QuietComfort 20は「Awareモード」と呼ばれる、ボタン操作で一時的にノイズキャンセリングを停止する機能が付いている。

 また、スマートフォン対応というとiPhoneのリモコンが付いているのが一般的だが、BOSE QuietComfort 20はSamsungのスマートフォンにも対応したタイプが存在する。機能的には申し分ないノイズキャンセリングイヤホンだと言えるだろう。


 一般的に、ノイズキャンセリングイヤホンは遮音性が高いが、使ってみると不満点が出てくることもある。しかし、BOSE QuietComfort 20はその不満点を解消しており、それがBOSE QuietComfort 20がノイズキャンセリングイヤホンの最高峰と言える所以なのかもしれない。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する