1. 夏のベッドは寝苦しい……。ベッドルームを涼しく快適にするための3つの工夫

夏のベッドは寝苦しい……。ベッドルームを涼しく快適にするための3つの工夫

by Alyssa L. Miller

 夏のビジネスマンの体力を消耗させるのが、寝苦しい熱帯夜の中で休息を取らなければならないことではないだろうか。寝汗が気になり、さらには眠りが浅くなってしまう夏、どのようにすればベッドに入ってすぐに眠りにつくことができるのだろうか?

 今回は寝苦しい夏のベッドルームを涼しく寝やすい環境に変える工夫をいくつか紹介していく。すっきりとした朝を迎えるために夏にできるベッドへの工夫とはどのようなものだろうか。

シーツや枕カバーを汗を身体に残さない素材に変える

by kreg.steppe

 夏に寝苦しさを感じてしまうのは、かいた汗がベッドやシーツに吸収されず、そのまままとわりついてしまうから。それを予防するためにできるベッドへの工夫とは、シーツや枕カバーの素材を変えることではないだろうか。

 リネン(麻)やタオルなどの吸水性が高い素材は夏のベッドにうってつけ。かいてしまった汗もすぐに吸収してくれるため、汗がまとわりつく夏の不快感も軽減してくれるだろう。

掛け布団を夏仕様にモデルチェンジする

by jabberwocky381

 季節によって布団を変えるというのも夏仕様にベッドを変えるためにしたいことの一つ。掛け布団を軽いものにする、もしくは布団や毛布ではないもので夏を快適に過ごそう。

 タオルケットなどは夏に最適な寝具。身体が暑くなりすぎず涼しいため過ごしやすい状態で朝を迎えられるだろう。ただ、エアコンがベッドルームにある場合、体温調節が上手くいかないため眠りが妨げられてしまうこともある。布団は掛けなくてもいいので用意しておくといいかもしれない。

直接涼感を得られる素材をベッドに取り入れる

by RogerGoun

 最近では、涼感素材などを使った寝具なども登場し、夏のベッドを快適に過ごすことができるようになってきている。それらの器具を取り入れてみるのもアリだろう。

 もっと原始的な方法で言えば、水をベッドに吹きかけておくというものもある。打ち水と同じ原理でベッドの温度が下がり寝付きを良くすることができる。このような物理的な方法でも夏のベッドは過ごしやすくなるだろう。


 夏のベッドは確かに睡眠にとっては劣悪な環境となっている。そんな環境を少しでもよくするためには、ベッドや身の回りの物に工夫をして汗をかいても身体にまとわりつかず、かつ涼しいベッドルームを作り出すようにすべきだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する