1. シャツコーデをおしゃれに、かっこよく。メンズのための夏シャツコーデ必勝講座

シャツコーデをおしゃれに、かっこよく。メンズのための夏シャツコーデ必勝講座

出典:trendhomme.com

 シャツというアイテムは、そのシンプルなデザイン故にあまり特色のないアイテムかもしれない。そんなシャツをおしゃれにコーデするためには、まずコーデ全体を見直す必要がある。

 シャツ単体では勝負できない。なら、コーデ力で勝負しよう。今回は、そんな夏のマストアイテム「シャツ」を使った、夏のおしゃれコーデ術を伝授しよう。

大人のセクシー香るシャツインコーデ術

トレンディな白パンツがシャツコーデのポイント

出典:www.wzaobao.com
 大人のシャツコーデにおける原則は、「綺麗に」というという言葉に集約される。まずは何事も綺麗にコーデすることから始めよう。おすすめシャツコーデとしては、写真のように青シャツ×白パンツのコーデだ。夏の清涼感を持ちながら、大人らしい色気が伝わってくる大人向けのシャツコーデだろう。

最もイージーなおしゃれシャツコーデは……。

出典:lookastic.com
 最も簡単にシャツコーデを作るなら、「地味目な色」で抑えながらコーデすることを心がけてほしい。これはシャツインコーデに限ったことではない。おしゃれ初心者には、地味目なシャツコーデがおすすめ。まずは写真のようなシャツコーデから始めると、次第に「おしゃれなコーデとは?」という部分が分かってくると思う。

柄パンツと組み合わせた夏風シャツコーデ術

デニムシャツとショッキングカラーの調和

 個人的に、この夏のシャツコーデとして最もおしゃれだと感じるのは、写真のような「派手」パンツを使ったシャツコーデ。夏の涼しい感じを体現したかのような印象をこのシャツコーデからは受ける。特に、デニムシャツと派手パンツのコーデは非常に相性が良く、デニムシャツが適度な男らしさを放ってくれる。

イージーに夏の清涼感を演出するなら、シャツをサッパリしろ。

 最も簡単に夏らしいシャツコーデを作りたいなら、写真のようにシャツをサッパリさせてみよう。体型にこだわらないようなサッパリシャツは、派手パンツと合わせることで、夏の清涼感と清潔感を演出してくれるコーデになる。特に、青と赤という色は組み合わせが非常に良い。写真のように青シャツと赤パンツを組み合わせるコーデも良いかもしれない。

シャツをインナーとして使う上品コーデ術

シャツコーデに上品さを加える「カットソー」

 シャツをインナーとして使うと、コーデの印象が洗練されたイメージに早変わり。シャツの襟部分は、あるのとないのとではその印象が全く違う。襟がカットソーの首もとから見えるだけで、シャツコーデ全体を洗練されたおしゃれなものへと昇華してくれるのだ。

「セーター」使いで大人エレガントシャツコーデ

 夏向けシャツコーデとは言い難いが、シャツをセーターのインナーとして使うと、大人の雰囲気が全面に押し出たエレガントなシャツコーデになる。若者とは違う雰囲気を演出させたいときは、このシャツコーデがおすすめ。

デニム半ズボンを使ったレトロシャツコーデ術

チェックシャツと合わせてこなる。

 最後にご紹介するのは、おしゃれという印象に特化したシャツコーデ術。おしゃれでレトロ感漂うシャツコーデを作るときは、デニム半ズボンがシャツコーデのキーアイテムとなってくる。デニム素材でできた半ズボンの良さは、やはりそのこなれ感にあるので、レトロなデザインのものを上手くシャツと合わせてみよう。

レトロシャツコーデのポイントは「チェック柄」

 レトロコーデにおけるポイントは、シャツそのものの柄。上の写真も同様だが、おすすめは「チェックシャツ」。チェックシャツのモダンな雰囲気でレトロになり過ぎないようなコーデがおすすめ。パンツとの組み合わせがシャツコーデにおける大事なポイントなのだ。


 ここまで夏のシャツコーデについて紹介してきたが、ある一貫した特徴にはお気づきいただけただろうか? それはこれらのシャツコーデのパンツが全て半ズボンだということ。

 夏のシャツコーデは基本的に半ズボンと合わせたい。そしてシャツコーデの足元は、自分なりのおしゃれで更なる味だしをしてみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する