1. 焦りを前向きな力に。仲間からの圧力「ピア・プレッシャー」で成長を加速させる方法

焦りを前向きな力に。仲間からの圧力「ピア・プレッシャー」で成長を加速させる方法

  • 5018views
  • 0fav

by US Department of Education

 あなたは「ピア・プレッシャー」という言葉を知っているだろうか。ピア・プレッシャーとは「仲間からの圧力」を意味し、これを仕事の悩みとして抱く人も多い。

 しかし、その「ピア・プレッシャー」も前向きに活用すれば、貴方の仕事の生産性を高めてくれるかもしれない。

日本人が感じやすい「ピア・プレッシャー」を活用しよう!

 「仲間からの圧力」と訳されるピア・プレッシャーは、「協調性」を大事にする日本人だからこそ感じやすいプレッシャーのこと。

 「みんなに迷惑はかけられない」「みんなに遅れを取らないようにせねば」と考えすぎることが、いつしかプレッシャーになってしまうという。

 しかし、日本人なら少しは感じたことがありそうなこのプレッシャーも、前向きに活用することができるのではないだろうか。

 「ピア・プレッシャー」を感じるということは、職場社会性が高く、周りに追いつこうと自分を努力させることができる人であるとも同時に言えるのではないだろうか。

自分の理想を側に置くことで「ピア・プレッシャー」を活用

 ピア・プレッシャーを活用する一つの方法として、「自分の理想とする人のそばにいる」「理想とする人を常に意識する」という方法がある。

「理想の人」に近づくための努力に活用しよう!

 理想にする人をそばに置き、「自分もその人に遅れを取ってはならない」「迷惑をかけられない」「もっと努力せねば」と考えることで、自分が理想とする姿に近づくことができるのである。

忘れてはいけないのは、「今の自分にも満足すること」 

 しかし、自分を追い詰めすぎては意味がない。あくまで、「ピア・プレッシャー」の力を前向きに使うことが重要だ。

 そのために、「今の自分にも満足すること」を忘れないようにしよう。努力し、成長している「プロセス」をも評価し、いい意味で「現状に満足する」ことも必要なのだ。

「ピア・プレッシャー」とうまく付き合えば、仕事が変わる。

 努力しようと考えるあまり、自分を苦しめてしまう「ピア・プレッシャー」。しかし、活用方法次第で成長を加速させるパワーにもなってくれる。

 「ピア・プレッシャー」との付き合い方に注意し、仕事に活用することで、前向きなプレッシャーを自分の仕事のパートナーにしよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する