1. スマホグッズ好きがおすすめする珠玉のスタイラスペン3本:タブレットもスマホも、このペンで自由自在

スマホグッズ好きがおすすめする珠玉のスタイラスペン3本:タブレットもスマホも、このペンで自由自在

by noriqnub
 そろそろスタイラスペンを買い替えようかと考えているあなた。スタイラスペンを選ぶときに、まず気をつけなければいけないことがある。スタイラスペンはどれも同じように見えてしまいがちだが、スタイラスペンには様々な種類があり、それぞれに特徴が存在するということ。色やデザインはもちろんのこと、画面での滑りやすさやペン自体の適切な重量、丈夫さだ。
 
 今回紹介するスタイラスペンは、それぞれ他のスタイラスペンとは一線を画す特徴をもった商品で、一度使えばすぐに愛着がわくであろう。スマホ依存症気味の筆者がそれぞれのスタイラスペンを紹介していこう。

万能型スタイラスペンの王道:Su-Pen mini

出典:www.amazon.co.jp
 この商品の最大の特徴は、ペン先が交換可能な点。スタイラスペンはペン先が命であり、使い続けているとどうしても擦れていってしまい反応しづらくなっていく。その問題を解決したのがこのSu-Penだ。

 ペン先を交換することで一本のペンを長く使えて経済的にも優しい。また導電性なので手にストレスなく使用でき、重心がペン先にある分スラスラとした書き心地を実現させている。私も現在愛用中の一本だ。

電池使用で感度は抜群:Acase タッチペン Active Sense

出典:www.amazon.co.jp
 このスタイラスペンは、単四電池でペン先に静電気を発生させる技術により細い線を楽に描くことができる。また、タッチペンを使用しないまま一定の時間が経過すると、電池の消耗を抑えるために自動でスリープするオートスリープ機能がついている。

 ペン先が細いので書いている状態でも画面が見えるというのが大きな特徴となっている。

いつでもどこでもミニスタイラスペン:ELECOM(エレコム)タッチペン 伸縮タイプ

出典:www.amazon.co.jp
 スタイラスペンは、なんとストラップ付き。外出先でペンを忘れたなんて時でも、これをつけていれば安心。ペン先は導電性のあるゴムで感度も悪くない。また、このペンは長さの調節が可能なのでコンパクトで邪魔にならないだろう。

 この商品は、私が初めて買ったスタイラスペンだが、とても長く使えるのも利点だ。ペン先が布ではなくゴムなため摩耗も少ない。


 スマホケースに1万円、フィルムに5千円、もちろんスタイラスペンもいいものならお金は惜しまない。そんな私がおすすめするスタイラスペンが上述の3本だ。あなたも自分にあったスタイラスペンを見つけ、ライフスタイル(スマホライフ)を充実させてみてはいかがだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する