1. 同じ色を使ったらアウト? 色彩、音、動きまで――商標法改正で変わる、商標登録の新しい「カタチ」

同じ色を使ったらアウト? 色彩、音、動きまで――商標法改正で変わる、商標登録の新しい「カタチ」

出典:www.breitbart.com

特許法等の一部を改正する法律(平成26年5月14日法律第36号)により、商標法が改正され、色彩のみからなる商標、音商標など、これまで商標として登録し保護することができなかった商標について登録をすることができるようになりました。

出典:新しいタイプの商標の保護制度について | 経済産業省 特許庁
 2015年4月、商標法が改正され、新たな「種類」の商標が登録可能となった。これまでは文字や立体造形、サービスを登録することが出来るシステムだったが、この法改正によって色・音・ホログラム・位置・動きに対して商標を登録することが出来るようになった。

 しかし、たとえば「動きの商標」と言われても、具体的にどういったものが登録されているのか、全く想像がつかない。そこで今回は、そんな商標登録の新しい「カタチ」を紹介していく。

色彩の商標

出典:www.meti.go.jp
 上の画像を見て、何か連想できないだろうか。この色彩を商標登録したのが「円谷プロダクション」だと言うと、ピンとくる人も多いはず。

 そう、これは「ウルトラマン」の色彩を商標登録したものだ。これにより、円谷プロダクション以外の企業は、「業務用テレビゲーム機用プログラム」の種類においてこの色彩を使うことが許されない。

 このほかにも、トンボ鉛筆は「MONO」の色彩を、タカラトミーは「プラレール」の線路の色彩を既に商標登録している。このように、単色や色の配置、さらにはある商品の「どこか」の色を商標として登録し、知的財産として守ることが可能になった

動きの商標

by pinkiwinkitinki
 映画の前によくある「20世紀フォックス」のシーン。ファンファーレと言うと、あの音楽を真っ先に思い浮かべる人も多いのでは。

 20世紀フォックスのあのシーンは、もともとアメリカにおいて既に商標登録がなされている。そのため、日本で法改正がなされる前から、あのシーンはすでに保護されていたのだ。

 誰が使うんだという話はさておき、「映画フィルムなど」の分類においてあの動きを他者が使うことはできない。

そもそもなんでこうなった?

海外においては、文字や図形等からなる伝統的な商標以外にも、「動き」、「輪郭のない色彩」、「音」等からなる非伝統的商標は保護されており、その動きも広がりつつある。

出典:新しいタイプの商標の保護等のための商標制度の在り方について(pdf)
 正直な話、色彩は百歩譲ったとしても、動きの商標登録をして何になるのかわからない、というように感じている人は多いだろう。事実、改正当日の商標出願数は、色彩商標でも200種類を超えない程度にとどまっている。世の中に溢れかえっているモノの数を考えると、その少なさがわかる。

 なぜこのように法改正を行ったか、最大の理由は「グローバル化」である。先に述べたように、動きの商標はすでにアメリカに存在しており、多くの商標が登録されている。そう、日本は海外に「遅れ」をとっているのである。

 商標というのは、国際協定を結んでいる国同士であれば、国外でも発揮するものである。20世紀フォックスのように、商標を獲得したコンテンツで言語を介さないブランディングを他国に行うことができるのだ。そのため、海外展開を考えている企業にとっては、この「非言語の」商標登録は非常に肝心なのだ。


 新たなビジネスの資源として、色彩や動きという「無形の」資源を用いる。それは、海外に大きく足を踏み込むチャンスかもしれない。今回の法改正、そしてその後の企業の動きから目が離せない。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する