1. インテリアの最重要項目はこれ。これさえ知っておけば困らない「家具の配置の基本」

インテリアの最重要項目はこれ。これさえ知っておけば困らない「家具の配置の基本」

by striatic

 部屋のインテリア作りの最もベースとなることといえば、家具の配置ではないだろうか。インテリアとしてお洒落に見える配置も大切であり、また暮らしやすい部屋にするための配置というものもある。

 今回は、インテリアの最も基本の部分となる、家具の配置について紹介していこう。迷いがちな家具の配置だが、インテリア的にはどのようにするのがベストなのだろうか。

家電を配置する場合、まずコンセントの位置を確認する

by flash.pro

 まず確認すべきなのは部屋のコンセントの位置と数だ。家具を置く際に、テレビ台やローテーブルなどは家電の配置に依存する場合が多い。まずはどこに家電を配置するのかを決めておくのがベストだと言えるだろう。

 どうしても配置を変えたいという場合は、延長コード等を使っての調整となる。その場合は、コードの配線がスマートに見え、かつ目に触れないようにする工夫を考えなければならないので、確認しておくことが不可欠だ。

家具のサイズを確認しておく

by thomasfrank09

 次に確認すべきなのは、家具のサイズ。部屋にはいる大きさであるのか、そして他の家具との大きさのバランスはどうなのかはぜひチェックしておきたいものだ。

 家具によっては、サイズがあらかじめ決まっているものもある。そういった家具を中心にサイズ感を確認し、全体的にサイズと色目の統一感を意識することがインテリアには必要不可欠だと言えるだろう。

導線を考え、次に“ゆとり”をチェックする

by Jeremy Levine Design

 家具の配置でまずチェックしたいのが、人がスムーズに出入りすることができるのか否かということだ。家具が乱雑に置かれていると、暮らしにくさを感じてしまうことが多い。どうやって人が動くのかをイメージしてインテリアや家具の配置を決めていこう。

 また、導線以外でチェックしたいのが配置の“ゆとり”。あまりにも整然と家具を並べ過ぎるとかえって狭く苦しい印象を受けてしまう。家具をきっちりと並べるというよりかはスペースを生かした配置にすることがインテリアのコツだと言えるだろう。


 家具の配置はインテリアの中でも基本中の基本。まずは家具の配置を考えることで、インテリアの骨格が出来上がると言っても過言ではない。まずは配置を考え、部屋の全体図を描くようにしてみてはどうだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する