1. 定番だからこそ難しい「Tシャツ」。Tシャツスタイルを“カッコ”よく魅せるならコーデ全体から見直せ

定番だからこそ難しい「Tシャツ」。Tシャツスタイルを“カッコ”よく魅せるならコーデ全体から見直せ

出典:www.houseoffraser.co.uk

 夏の定番アイテム「Tシャツ」だが、定番過ぎてかっこいいコーデを組むのは意外と難しい。正直に言えば、Tシャツはあまりにシンプル過ぎるので、それ単体でカッコよく着こなすのは不可能に近い。

 そんなTシャツコーデで必要となってくるのが、「ファッション全体」を考えること。ファッション全体を考えてコーデするのは、ファショニスタの登竜門であり、それはTシャツのようなシンプルなアイテムだからこそ発揮される。今回はそんなTシャツを使った、カッコいいコーデテクをご紹介していこう。

小物アイテム使いで「上品」にまとめる。

出典:wear.jp
 Tシャツはシンプルなアイテムゆえに、単調なコーデになりがち。そんなTシャツをコーデするときに、最も重要になってくるのは、意外と「小物アイテム」の使い方だ。

 写真を見てみてほしい。シンプルで単調なはずのTシャツコーデに、どこか“味”がないだろうか? それもひとえに小物アイテムの力だ。胸元のメガネやレザークラッチバッグといった、Tシャツに対す一種のハズしが効果的。Tシャツコーデの一種として、「上品」にまとめるのも悪くない。

派手スニーカー使いで「色」を持たせる。

 Tシャツコーデで最も簡単にかっこよく魅せる方法は、足元のシューズを見直すことだ。シンプルで均一的なTシャツコーデに、派手スニーカーを合わせることで、全体に“色”が生まれる。

 このコーデのポイントはTシャツの色。できるだけシンプルなTシャツをチョイスすること。足元に注目を向けるようにしよう。

大人なら、ニット帽使いで大人「カジュアル」コーデ。

出典:kurumani.com
 「ニット帽」を使えば、大人カジュアルにまとめることができる。暑苦しいと感じられる人もいるだろうが、大人の雰囲気を余すことなく表現してくれるこのコーデは、大人のTシャツスタイルに心からおすすめだ。

 このコーデのポイントはニット帽の色選び。派手な色もダークカラーもNG。グレーやブラウンなどの渋い色をチョイスして欲しい。


 Tシャツコーデは正直言って難しい。決しておすすめできるコーデではないかもしれない。しかし、だからこそ、ファッショニスタなら燃えるのではないだろうか? 「全体で」コーデを考えるという姿勢を忘れずに、挑戦してみて欲しい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する