1. 給料が1万円近く下がる!? 社会人2年目のビジネスマンは「6月の給料」に気を付けろ

給料が1万円近く下がる!? 社会人2年目のビジネスマンは「6月の給料」に気を付けろ

by Japanexperterna.se

 ビジネスマンとして、仕事の対価としてもらう給料。社会人になりたてのころは、自分の仕事に対して報酬が貰えることはとても嬉しいことではないだろうか。

 しかし、1年目に貰える給料の額面よりも、社会人2年目の6月になると、一気に給料が下がったように感じてしまうことがある。それは果たしてなぜなのだろうか? 今回は社会人2年目の6月にフォーカスして、給料が下がったように感じてしまう原因を説明しよう。

手取りが減ってしまう原因は「住民税」にある

by osamukaneko

 社会人2年目から給料が減ってしまったように感じる原因は、住民税にある。住民税とは、地方自治体の維持にかかる費用を負担してもらおうという税金の1つだ。

 住民税には2種類あり、前年の所得に応じて課金される「所得割」と、定額で課税される「均等割」がある。この場合、問題となるのは所得割の方だ。前年まで所得がゼロという計算で出されるため、社会人1年目の給与にはこの所得割が含まれていない。それが含まれるようになり、給料が下がったように見えるのだ。

所得割の課税が始まるのが社会人2年目の6月

by halfrain

 社会人2年目の6月にいきなり給料が下がったように感じるのは、この所得割での天引きが始まるのがちょうどそのころに当たるというのが結論である。

 その月の給料の多さに合わせて天引きされる所得税と異なり、住民税は前年の給料が大きく影響してくる。毎年6月から翌年の5月にかけて、前年度の所得に対して住民税が課金されることは覚えておいたほうがいいだろう。

気になる課税額はいくらぐらい?

by Wootang01

 給料が下がるのであれば、気になるのはいくらぐらい下がったのかということではないだろうか。所得割は以下の様な計算方法で算出することができる。

(前年の総所得金額等-所得控除額)×税率-税額控除額

出典:東京都主税局<都税Q&A><区市町村税:個人住民税>

 税率は現在、どの地方でも一律で10%となっているため、この計算式の税率の部分に0.1を代入して使うことができる。

 入社2年目で月給20万円の場合だと、所得割で天引きされる額面は7000円ほどになる。もし、社会人2年目の給与にこれぐらいの減少があっても、それは税金が引かれているのだと理解してよいだろう。


 社会人2年目の6月に突然給料が下がったように感じてしまいがちだが、天引きされたお金は税金として国や地方自治体に納めているということが理解しておこう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する