1. その性能は折り紙付き。フィリップスが新しく出すイヤホン、その実力とは

その性能は折り紙付き。フィリップスが新しく出すイヤホン、その実力とは

出典:www.flickr.com

 コストパフォーマンスの良い高音質なイヤホンを数多く輩出していることで知られるPHILIPS(フィリップス)。特にSHE9700シリーズなどはテレビ番組に取り上げられるほどの名作として知られている。

 そのフィリップスだが、2015年6月上旬に新しいイヤホンをリリースする。今回のイヤホンはどのような実力を持っているのだろうか。

小型ながら漂う名作の予感。SHE3800

出典: Amazon.co.jp

 フィリップスの新作イヤホン、まず1つ目に紹介するのはSHE3800/SHE3805というイヤホン。小型ながら密閉度が高く、カナル型イヤホンとしては十分な遮音性を備えているようだ。

 また、ケーブルの断線やトラブルを防ぐため、ケーブルとスピーカー部分をつなぐ部分がフレキシブルグリップと呼ばれる機構で保護されているのも特徴的。数々のコストパフォーマンスの良いイヤホンを生み出したフィリップスのイヤホンであることからも名作の予感が漂う。

今時珍しいインナーイヤー型のイヤホン SHE3010

出典:joshinweb.jp
 今時珍しいインナーイヤー型のイヤホンだが、フィリップスでは新商品として日本向けにもSHE3010をリリースするようだ。

 SHE3010は耳が直接触れる部分にラバー素材を採用し、インナーイヤー型であるにも関わらず装着感が柔らかくなっている。インナーイヤー型イヤホンとして定評があるSHE3000の後継機であり、音質も申し分ないだろう。

アルミ製ハウジングを搭載し低音を重視 SHE8100

出典:4pda.ru
 アルミ製のハウジングを搭載することにより、不要な共振を抑えた仕様になっているのが、SHE8100だ。こちらはパワーあるサウンドを聞かせてくれるイヤホンのようだ。

 フィリップスというとバランスの良いイヤホンのイメージだが、SHE8000が低音に特化したイヤホンだったことから想像するに、こちらも低音にこだわったイヤホンになっているのではないだろうか。ドンシャリ気味のイヤホンが欲しいのであればチェックしてみると良いだろう。



 フィリップスが新しく日本市場に送り出すイヤホンを紹介したが、どうであっただろうか? 恐らく、フィリップスのイヤホンの名に負けないような商品になっているだろう。もし新しいイヤホンを探しているのであればぜひチェックしてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する