1. 「子供のもの」って誰が決めたの? 大人のための折り紙「オリガミオリガミ」

「子供のもの」って誰が決めたの? 大人のための折り紙「オリガミオリガミ」

by Japanexperterna.se

 日本の文化として、海外では大人気であることも知られている折り紙。子供のころは遊びに良く使ったが、大人になってからはなかなか折り紙に触れる機会がないという人も多いだろう。

 今回はそんな折り紙に触れる機会が少なくなった大人におすすめしたい折り紙、「オリガミオリガミ」を紹介していく。大人のための折り紙とはいったいどういうことなのだろうか?

鮮やかな色と柄はフランス・パリをイメージ

出典:www.midori-japan.co.jp

 オリガミオリガミの特徴は、普通の折り紙とは違う色の鮮やかさと、柄のデザインだ。このデザインはフランスのパリをイメージしており、北欧のファブリックのようなデザインとなっていることがわかるだろう。

 また、サイズは15センチ四方となっており、大きな紙を切り出す必要がなく、非常に使いやすいサイズになっている。折り紙としては十分な大きさであるし、様々なアレンジも楽しむことができるだろう。

折り紙としてだけでなく、様々な用途に使える

出典:www.spiral.co.jp

 オリガミオリガミの魅力は、折り紙としてだけでなく様々な用途で使用することができる点にある。

 例えば、写真の中段のようにお菓子の受け皿にしても色鮮やかで映える。ラッピング等にも使うことができ、様々なシーンで活躍する折り紙だと言えるだろう。

ギフトのラッピングに使える種類も

出典:www.midori-japan.co.jp

 オリガミオリガミには折り紙としてのシリーズと、プチギフトラッピングと呼ばれる袋状になっているシリーズがある。

 プチギフトラッピングは、丁度小物やお菓子を入れてプレゼントするのに丁度よいサイズ。贈り物をするときにはこちらのプチギフトラッピングを使ってデコレーションしてみるのも面白いだろう。


 大人のための折り紙、オリガミオリガミはただ折って楽しむだけでなく、ラッピングやデコレーションなど様々な用途で使うことができる文房具だと言えるだろう。店頭やネットで見かけたときはぜひ一度手にとってもらいたい。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する