1. 「転職すると年収が下がる」のは本当なのか? キャリアアップしたはずなのに給料が下がってしまう原因

「転職すると年収が下がる」のは本当なのか? キャリアアップしたはずなのに給料が下がってしまう原因

by jabberwocky381

 一般的に転職をすると年収が下がってしまうということが言われているが、実際転職をすると年収が下がってしまうのは本当なのだろうか?

 今回は、転職をしてキャリアアップしたはずなのに、年収が下がってしまう原因について紹介していく。本当に転職によって年収が下がってしまうのだろうか。そして、なぜ給料が転職すると下がってしまうのだろうか。

転職で給料が下がってしまう場合は多い

by manoftaste.de

 転職で年収が下がってしまうというのは本当なのだろうか? 実は、転職で年収が下がってしまう場合はそれなりに多いケースであるようだ。
 
 エン・ジャパンの調査によると、転職するビジネスマンのうち、4割は年収が下がる傾向にあるそう。年収が下がることも十分念頭に置いて転職活動は進めた方がいいと言えるだろう。

年収が下がる原因は交渉の不足や転職活動の失敗によるもの

出典:www.flickr.com

 それでは、なぜ転職すると年収が下がってしまうのだろうか。年収が下がってしまうのは、転職活動の中で焦りが出てしまい、どこでもいいので転職したいと考えたり、年収の交渉がうまく行かなかった場合が多い。

 転職時の年収の交渉はなかなか出来ないと思いがちだが、しっかりと話し合うことも必要だといえるだろう。しっかりと自分の地位をアピールし、年収が下がらないようにしたいものだ。

あえて年収が下がる選択をしているビジネスマンも

by sacks08

 転職の際に、あえて年収が下がることをいとわないビジネスマンも中にはいるようだ。なぜ、彼らはそのよう選択をするのだろうか。

 その場合多いのが、年収が下がっても現状の職場よりも環境がかなり改善するケースや、心機一転今までとは違う新しい業種にチャレンジするケースだ。いずれにしても年収が数年後に元に戻るのであればという気持ちでチャレンジする人も多いことがわかるだろう。


 転職という選択肢は、キャリアプランの中でも大きな分かれ道の1つだ。年収が下がるのであれば、それなりの理由を持って転職する覚悟を持つべきだと言えるのだはないだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する