1. 「思い込み」で世界を変えろ! 自信が持てない全てのオトコへ捧げる『一生折れない自信のつくり方』

「思い込み」で世界を変えろ! 自信が持てない全てのオトコへ捧げる『一生折れない自信のつくり方』

出典:www.flickr.com
 「自分に自信がない」という人は多い。会社で怒られてばかり、最近褒められた記憶がない。現代社会というものは、自信をなくしやすいようにできている。

 しかし、自信がない状態でいいという人は多くないだろう。自信のない人と自信のある人では、態度や話し方に大きな差が生まれる。そしてその多くは、自信のある人の方がいいものだ。

 本書『一生折れない自信のつくり方』では、自信を持つことが出来ないという悩みを抱えている人にオススメの一冊である。本書では、自信を持つために大事な信条を説いている。

「大きな自信」は「小さな自信」の積み重ね

 この本が一番伝えたいこと、それこそがこの「小さな自信」の積み重ねだ。大きな自信を手に入れたいと思ったら、まずは小さな自信を積み重ねていく必要があるのだ。「朝、目覚まし時計のアラームで必ず起きる」というような非常に小さな目標を立て、それを何が何でも実行する。これを毎日少しずつ達成していく。その際、達成したのだから自分で自分を褒めちぎることが大事だ。そうすることで、非常に小さな「自信」がつくのである。

 しばらくすると、自分の中に「達成癖」がついてくる。目標を達成することが当たり前になり、自分で設定した目標が「なんでもなく」なるのである。そうなったら、目標のレベルを上げ、そしてそれもまた当たり前のごとく達成する。ふと気がつくころには、小さかった自分の自信というものが、大きなものになっていることだろう。

ネガティブは「毒」

出典:www.flickr.com
 ネガティブ思考にハマっている人をよく見かける。何をやってもダメ、自分は才能がない、運もない、そう感じる人も少なくないだろう。しかし、いつまでも落ち込んでいられない。では、どうすれば落ち込んでいる状態から回復することができるのだろうか。

 落ち込んだ状態から回復する一番簡単な方法、それは「カラダを動かす」こと。カラダを動かして、リフレッシュする。一見簡単でいて、実は意識しないとなかなかできない。自分が落ち込んでいるとき、自分から運動をしようと考えられる人は、なかなかいないものだ。この意識こそ、ネガティブ思考という毒から抜け出せる一番簡単で、一番効果的な方法である。

「思い込み」で世界は変わる

 これもネガティブ思考脱却に通ずることなのだが、人というのは思っているよりも「思い込み」が激しい生き物である。道を歩いていて人とすれ違ったとき、「あの人、俺のことを絶対不快に思ったな」と思い込んだことのある人は、意外といるのではないだろうか。しかし実際は、そんなことを相手が感じているわけがないのだ(と信じている)。

 何も思い込みというものが、必ずしも悪いものではない。というより、自信とはまさしく「思い込み」の一種なのである。自分のことを肯定的に「思い込む」ことで自信となって態度に表れてくる、それだけのことだ。ネガティブな思い込みではなく、ポジティブな思い込みが出来るようになると、みるみる自信がわいてくることだろう。


 自分に自信が持てない人は、そもそも行動を起こしていないことが多い。本書は読んでいるだけで、不思議と自信がわいてくる。まずは本書をチェックして、それから自分の自信をつける練習をしていくとよいだろう。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する