1. 今時、重いカメラを持ち運ぶのはナンセンス。スマホでは物足りない人向けの“レンズだけのカメラ”

今時、重いカメラを持ち運ぶのはナンセンス。スマホでは物足りない人向けの“レンズだけのカメラ”

出典:developer.sony.com

  近年、スマートフォンのカメラも高画質になり、カメラを持たなくてもそれなりにクオリティの高い写真を撮ることができるようになってきた。しかし、やはりカメラのレンズの大きさの問題や、カメラで撮ることができる範囲がスマホを操作できる範囲内であることなど、制約が多いことも事実だ。

 今回紹介するのは、レンズだけカメラと呼ばれる、レンズスタイルカメラというもの。一般的なデジタルカメラやスマホにはないレンズだけカメラの魅力とはいったいどこにあるのだろうか。

デジタルカメラと違い、持ち運びやすい

出典:event.rakuten.co.jp

 一般的なデジタルカメラと異なるのは、やはりそのレンズだけに見えるフォルムにあるだろう。カメラの機能をコンパクトに収めることに成功し、場所を取るカメラの難点を克服しているのがレンズだけカメラの特徴だ。

 カメラを持っていると、首から下げなければならず、持ち運びがかさばる、重いといった難点があったがレンズだけのカメラであればコンパクトに収納でき、バッグを別に持つ必要もない。これがレンズだけカメラが持つ、一般的なカメラにはない魅力の1つだろう。

スマートフォンよりも本格的な写真をフリーアングルで撮れる

出典:www.sonymobile.com

 画像のようにスマートフォンに装着して使うのがレンズだけカメラの一般的な使い方だが、レンズだけ別の場所に置いてスマートフォンから操作もすることが出来る。スマートフォンでは難しい手の届かない範囲の撮影も、レンズだけカメラであれば可能だということになる。

 また、ズームの倍率やピントなど、スマートフォンでは設定することができない細かなディテールをレンズだけカメラでは実現することができるのも大きな魅力だろう。

レンズだけカメラはSONYとオリンパスから販売中

出典:olympus-imaging.jp

 現在レンズだけカメラと呼ばれている製品を販売しているのはSONY(ソニー)とオリンパスの2社だ。SONY(ソニー)はレンズだけカメラの元祖ということもあり、ズームの倍率や、レンズの交換に対応したレンズだけカメラを販売している。

 後追いの形となったオリンパスだが、こちらは自由度が高くスマホ用のアプリを開発したり、専用のアクセサリーを自作できるように3Dデータが配布されているなど、クリエイター向けの商品となっている。いずれにしても魅力的な商品だと言えるだろう。





 レンズだけカメラの魅力とは、デジタルカメラとスマートフォンの手が届かない範囲にうまくフィットする形の使い方ができることではないだろうか。カメラでもなく、スマートフォンでもないレンズだけカメラの魅力を実感したいという方は、購入してみてはどうだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する