1. 夏の買い替え、その前に。意外と知らない「サーキュレーター」と「扇風機」の違いとは

夏の買い替え、その前に。意外と知らない「サーキュレーター」と「扇風機」の違いとは

by cinz

 夏が近づくと買い替える機会が増える扇風機。最近ではサーキュレーターと呼ばれる扇風機に似た家電もあるのだが、その違いをご存知だろうか?

 今回は、意外と知らない扇風機とサーキュレーターの違いについて紹介していく。買い替えの際チェックしておきたい部分でもあるので、参考にしてほしい。

扇風機は「人に風を当てるもの」

by haru__q

 扇風機はの使い方として正しいのは、扇風機から出る風を直接身体に当てて使う方法だ。身体に涼しい風を当てるのが扇風機の目的なので、風が広がる範囲は広いがその半面風が届く距離は短い。

 夏の風物詩とも言える扇風機だが、直接自分の身体に風を当てるのが本来の使い方だということを覚えておこう。

サーキュレーターは「風を循環させるもの」

by BoaNoite

 サーキュレーターの使い方として正しいのは、風を循環させてつかうことだ。空気を回し、室内の空気を均一にすることが目的のため、サーキュレーターは風が強く、風が届く範囲が長いのが特徴だと言えるだろう。

 サーキュレーターは空気を送り出すことが目的なので、夏の冷房効率を高めるために使うだけでなく、暖房で作り出された温かい空気を下まで行き届かせる役割も果たす。オールシーズン使えるのがサーキュレーターの特徴なのだ。

扇風機とサーキュレーターの違いとは

by HIRAOKA,Yasunobu

 以上のことを踏まえると、扇風機とサーキュレーターの違いは役割の違いからして明確にあることがわかるだろう。扇風機は直接身体に風を当ててつかうものであり、サーキュレーターは風を循環させる役割を果たすものだ。

 したがって直接涼感を得たい場合は扇風機を、そしてエアコンや暖房器具の効率を高めたいのであればサーキュレーターを購入するのがベストな選択なのだ。


 家電量販店の売り場には、サーキュレーターと扇風機が同時に並べられていることもあり、なかなかサーキュレーターと扇風機の違いとは明確に知らない人も多いと思う。しかし、果たす役割には大きな違いがあるので、購入するときはまず違いを理解した上で購入するようにしよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する